2010年3月28日(日)

11R

2010年3月28日(日) | 3回中山2日 | 15:20発走

第17回マーチステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「動きはマズマズ。昇級初戦でメドを立ててくれたし、精神面と肉体面の成長が見られることも確か。56キロだが楽しみは出てきたね」(斎藤調教助手)。 ◎仁川Sの3着は好走の部類。今回も流れが向けば。
「追い切りは上々。前走は水が浮くような馬場を気にして動けなかったが、デキはいいので良馬場なら見直せると思っている」(田中清隆調教師)。 ◎オープンではクラス慣れが先決かも。
「今日はラスト重点。デキは維持できている。前走がいい勝ち方だったし、タメればいい脚を使うタイプ。ここもデキの良さで」(寺井調教助手)。 ◎展開に恵まれた前走。今回は昇級戦、しかも重賞では……。
「併せ馬の動きは良かったよ。一息入れたが仕上がりに不安はないし、いきなり力を出せるデキ。57キロは見込まれたが、ここでも上位は可能だと思う」(相沢調教師)。 ◎57キロは楽ではないが、以前に比べて安定感が出てきたのはプラス。
「リフレッシュ放牧で疲労は回復。状態はだいぶ戻っているよ。右回りのこの距離はピッタリだし、久々でも楽しみはあるよ」(大根田調教師)。 ◎オープンでも重賞ではワンパンチ不足。
「追い切りはそう動く馬ではないのでこれで十分。オープン初級後は今一つだが、軽ハンデを生かして頑張って欲しい」(南井調教師)。 ◎ここでは苦戦。
「前走は芝が敗因だね。放牧明けになるが仕上がりに問題はないし、前々でスムーズに流れに乗れればオープンでも差はないと思う」(池上調教助手)。 ◎芝の前走は参考外。ダートならもう少しやれても。
「追い切りはやり過ぎないように調整。いい動きだったしデキは維持できている。前走は両前脚の落鉄の不利が痛かったけど、力通りならここでも期待できると思う」(池江泰寿調教師)。 ◎ここもマイペースの逃げを打てれば……。
「変わりなくきているけど近走がいま一つ。既に9歳だし、上がり目も薄いから」(清水美波調教師)。
「久々だけどここを目標に乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。折り合いに苦労する馬ではないけど、この距離でどんな競馬をしてくれるか……ですね」(田中調教助手)。 ◎距離はOK。あとは昇級初戦で相手関係だけ。
「前走後も順調に乗り込んで仕上がりはいいよ。コース相性もいいし、距離もOK。53キロは有利で、あとは自分のリズムで走れれば」(中川調教師)。 ◎このコースは得意。時計勝負にならなければ。
「今日はラスト重点の追い切り。動き、反応共によかったし好調をキープ。叩いた効果は十分見られるよ。あとは58キロのハンデを克服してくれれば」(加治木調教助手)。 ◎叩いた効果は見込める。あとはトップハンデの58キロがどうかだけ。
「これだけ動けば上々だね。あまりゲートが速い方じゃないけど先手を取れるようなら変わっても」(池江泰寿調教師)。 ◎行き切れないといま一つの結果続き。今回も展開がポイント。
「前走は内内で外に出せず不完全燃焼。切れる脚はないけど前々でスムーズな競馬ができれば見直せると思うよ」(伊藤調教助手)。 ◎仁川Sは全くいいところナシの惨敗。敗因が不可解だが能力的に軽視はできない。
「引き続きデキは悪くない。今回は昇級戦になるし、55キロも少し見込まれた印象。あとは自分の競馬をしてどこまで」(谷調教師)。 ◎自分の形に持ち込めるかどうか、展開が全て。
「この動きなら文句はないですね。前走が久々のダートだったけど強い勝ち方をしてくれたし、56キロも許容範囲。発馬は良くないけど、決め手は上位だから」(松田国英調教師)。 ◎ダートでいきなり結果を出した。展開が嵌った印象はあるが、時計勝負になるようなら今回も要注意。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。