2010年3月6日(土)

11R

2010年3月6日(土) | 2回中山3日 | 15:45発走

第5回夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)

芝・右・外 1200m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

「先週速いところをやっているので今週は馬ナリ調整。前走は不利があってスムーズさを欠いたけど、まともならもっとやれる馬。良馬場が理想だけど見直したいね」(津曲調教助手)。 ◎叩いた効果は見込める。距離も問題なく、前崩れなら。
「前走はなかなか外に出せなかったし、前が残る流れ。デキはいいし、雨が降るのもこの馬にはむしろプラス。あとは末脚を生かせる流れになってくれれば」(上原調教師)。 ◎展開だけ。前がやり合えば上位争いに。
「先週ビッシリ追い切っているので今週は控え目。体のこなしが柔らかく、デキは本当にいいよ。58キロは楽ではないが、良馬場でできれば問題はないと思っている」(菅沼調教助手)。 ◎最近は1400mで連勝とこの距離はどうかという感じはあるが、展開が嵌れば差し切りも十分。
「追い切りの動きからデキはキープ。前走の内容が良かったし、芝・ダートは問わない馬。斤量的にも楽しみだよ」(手塚調教師)。 ◎年齢的な衰えはなし。芝でもGI・4着があり、軽視は危険。
「今日もラストは止まっていたが、真っすぐに走っておらずモタれていたからね。まだ多少重い感じがするし、これを叩いてからかも」(影山調教助手)。 ◎久々と58キロを考えると強くは推しにくい。
「出負けした前走だったが、落ち着いた流れだったこともあり、最後はよく差を詰めてくれたと思う。デキはずっといいし、57キロでも」(畠山吉宏調教師)。 ◎前走は嵌った感があるものの、まだ衰えは見られない。安定感はないが、無視は危険。
「放牧明けになるけど仕上がりはいいよ。鉄砲も問題ないしね。ただ、オープン初戦の前走が大敗したし、力関係がどうかだろう」(南井調教師)。 ◎行ってこその馬。今回は同型との兼ね合いが鍵。
「前走は久々を考えれば着順程内容は悪くない。叩いた上積みはあるし、体が絞れていればもっとやれていいと思っている」(助田調教助手)。 ◎重賞では3着降着があり、力的には見劣らない。当日絞れていれば。
「中間、飼い喰いが落ちたことを考えて追い切りはラスト重点だけど、動き自体は悪くなかった。だいぶ体の硬さもほぐれてきたし、先々(高松宮記念)のためにも賞金加算を、と思っています」(柿崎調教助手)。 ◎ここ2走が案外。あまり馬体の成長が見られない点は多少不満も。
「前走は流れが落ち着きすぎたことで馬がムキになってしまった。リラックスして走ればここでも期待できると思っているんだけどね」(坂口調教助手)。 ◎崩れないがもう一押しが、といった近走。掲示板なら。
「放牧明けになるが、中間は順調に乗り込んだので仕上がりはいいよ。条件はいいが、今回は昇級戦だし、相手関係がどうかだけだろうね」(二ノ宮調教師)。 ◎久々は走るが昇級初戦を考えると多少割引は必要か。
「前走後は短期放牧。ここを目標にしてきたのでデキはいいよ。コース実績はあるし、後は立ち回り一つで」(浅見調教助手)。 ◎昇級戦と距離を考えると入着があれば上々か。
「中間は短期放牧に出したが、ここまで入念に乗り込み仕上がりはいいよ。この馬は気で走る処があるので久々は問題なし。相性がいい条件で期待したい」(古賀慎明調教師)。 ◎昨年の覇者。距離短縮はプラスだが一息入れたことで掛かる不安が出なければいいが。
「夏場から順調に使ってきたのでリフレッシュ放牧。体も回復したし、その効果は十分見られます。あとは展開一つでここでも楽しめると思っているんですが」(西橋調教助手)。 ◎嵌れば、の印象はあるが近走が見せ場なく。
「中1週の中山輸送なのでこれで十分。昇級戦になるがこの馬はラストは確実にいい脚を使う。展開が嵌ればここでもやれていいだろう」(中山調教助手)。 ◎決め手はここでも魅力十分。道中揉まれず、うまく馬群を捌ければ穴に。
「重賞でもコンスタントに走ってくれているからね。体調に問題はないし、ここも良馬場でできればチャンスはあると見ている」(本間調教師)。 ◎この条件は4着以下なし。逃げなくてもOKで上位争いは可能。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。