2010年1月24日(日)

11R

2010年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:35発走

第51回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

「今日はラスト重点の追い切り。仕掛けてからの反応、伸び共に良かったよ。前走は最後の一押しが利かなかったけど、それは久々の影響だと思う。叩いて上積みが見込める今回は楽しみだね」(藤岡佑介騎手)。 ◎久々の金杯で僅差の4着。力のあるところを見せた。叩き2走目で更に前進は可能。
「太り易い体質なのでビッシリ追い切った。前走はコース取りと脚質の差で負けたと言えるが、昨年のこのレースで3着と走っているし、流れさえ向けば」(大久保洋吉調教師)。 ◎外回りのこの条件はプラス。金杯2着の内容から善戦可能。
「久々になるが小柄な馬で仕上がりはいいよ。むしろ休ませて体がフックラしているのは好材料。ただ今回は相手が揃っているから」(河野調教師)。 ◎牝馬の7歳。上がり目は望み薄。
「前半を押さえ気味に入ったので時計自体は遅いが、最後までしっかりした走りをしていたし、思い通りの追い切りができたと思う。今回は一気に距離が延びるけど、折り合いが付くのでその点は大丈夫。今後に向けて弾みを付けたいね」(徳江調教助手)。 ◎マイルよりはこの距離の方がレースはし易いハズ。皐月賞を勝った中山もプラス。
「レース間隔が詰まっているので追い切りは馬ナリ。デキ自体に変動はなく、順調そのもの。相手は揃っているが、得意の中山で一押しが利けば」(戸田調教師)。 ◎オープンに入るともうワンパンチ不足かも。
「今日は長目からビシッと追い切ったがいい動きだったよ。今回は昇級初戦になるので強気なことは言えないけど、自分の形で競馬ができるようなら」(和田正道調教師)。 ◎昇級初戦でこのメンバーが相手では。
「追い切りは指示通りにできたし、これなら文句無し。今回は目先を替える意味で坂路で追い切ったが、これは気合を入れるため。有馬の疲れはないし、距離も守備範囲。あとはロスなく運べれば」(国枝調教師)。 ◎有馬記念5着に復活の手応え。ここなら上位争いして当然か。
「前走の敗因が不可解だけど、決して状態が悪いわけではないんだ。今日の追い切りの動きも良かったし、折り合いが付くので距離も大丈夫。何とか巻き返して欲しい」(三浦調教助手)。 ◎重賞になるとワンパンチ不足といった感。
「3頭併せは予定通りで、追い切りの動きも最近の中では今回が一番いいと言えるんじゃないかな。昨年のこのレースを勝った時と比べても見劣らないデキ。今回も楽しみだよ」(伊藤正徳調教師)。 ◎GIでは成績が物足りないが、得意の中山なら見直しが必要か。
「前走は内回りの2000。やはりこの馬には忙しかったかも。それに多少余裕もあったかな。今回は実績がある距離だし、絞れていれば」(上原調教師)。 ◎決め手に欠ける分、もう一押しが利かない感じ。瞬発力勝負では分が悪そう。
「追い切りは予定通り。相手は揃ったが、この馬向きの展開になるようなら」(畠山重則調教師)。 ◎近走が不振。牡馬相手の別定戦も不利。
「ここまで順調に乗り込んできたので仕上がりはいいよ。今日の動きも良かったしね。体は増えていると思うけど、それは太目ではなく成長分。能力は高い馬だし、あとは長期休養明けでの勝負勘だけ」(橋田調教師)。 ◎3戦目で重賞勝ちと能力は認めるが休みが長く、実戦に対する勝負勘が不安。
「前走は展開が厳しかったからね。今日はビシッと追い切ったが、いい動きだったし、これなら不満はない。あとはスムーズな競馬ができれば、だね」(加藤征弘調教師)。 ◎叩き3走目での良化は見込めるが、時計が速くなるとどうか。距離も少し長いか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。