2010年1月11日(月)

11R

2010年1月11日(月) | 1回中山4日 | 15:25発走

第26回フェアリーステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 |

「デキは悪くないけど、ここ2走が案外。牝馬同士ならとは思うが上位まではどうか」(田中清隆調教師)。 ◎新馬勝ちの内容が平凡でこの相手では……。
「今日は相手に合わせた追い切り。テンションも上がらず、動きもシャープだったからね。この動きなら文句無し。牝馬ながら根性があるし、切れもあるのでここでも楽しみ」(吉田豊騎手)。 ◎スローの流れを34秒フラットの末脚で差し切った内容は評価できる。課題はキャリアだけ。
「放牧効果で立て直した。前2走の敗因はそれぞれハッキリしているし、素質では見劣らないモノを持っていると思うので、ここでも善戦は可能だと見ている」(手塚調教師)。 ◎前走がアニメイトバイオのレコード勝利に少差の6着。スピードは互角。
「予定より時計は速くなったが、無理をしたものではないので大丈夫。前走は出負けが敗因だし、折り合いさえ付けばこの距離でも問題ないと思う」(相沢調教師)。 ◎逃げが本領の馬。今回も行き切ればの条件は付くが、同型の出方一つ。
「放牧明けになるけど、追い切りの動きは上々で走れる状態に仕上がっている。息もできているし、キャリアの浅ささえ苦にしなければ」(畠山吉宏調教師)。 ◎デビュー戦が強かった。追い切りでも目に付いた1頭で要注意。
「デキ自体は悪くないと思うが、行きたがる気性の馬だからね。この距離がどう出るか、不安はあるね」(石栗調教師)。 ◎マイルはやはり長いかも。同型もいるだけに楽観はできない。
「追い切りは目一杯じゃないけどいい感じだったよ。ここにきて更に馬が良くなっているし、この相手でもソコソコやれると思っている」(中尾秀正調教師)。 ◎勝ち時計は地味だが逃げて渋太い面を披露。今回はキャリアと同型が鍵。
「追い切りに乗ったジョッキー(横山典弘)が“動きは良かったよ”と好感触を掴んだ様子。状態に関しては問題ないし、ここでも期待できそうだ」(大竹調教師)。 ◎小柄ながらいい切れを持っている。能力も高そうで軽視は危険。
「使うごとに馬は良くなっている。それに今回は重賞とは言え、1勝馬が殆どだからね。ここなら差はないと思うよ」(清水英克調教師)。 ◎未勝利を勝ったばかりだが、決め手はなかなか。マイルも守備範囲で一概に軽視は。
「予想していた以上に初戦からいい走りを見せてくれた。叩いて更に上向いているし、デキの良さでどこまでやれるか楽しみもあるよ」(奥平雅士調教師)。 ◎まだ本格化は先の感じ。キャリアも含め勝ち負けまでは?
「この中間も順調。馬体増はいい傾向だし、後は距離を克服できればかな」(尾関調教師)。 ◎相手関係から上位は疑問。
「中1週続きなので追い切りはこれで十分。今回は距離短縮と牝馬限定に期待したいが」(小桧山調教師)。 ◎前走が負けすぎの感。牝馬限定でも相手は揃った感じで。
「3日にやっているので今日はラスト重点。動きは良かったし、息の入りも問題なし。これなら何も言うことはないよ。力を出せる状態で出走できると見てくれていい」(小島太調教師)。 ◎良血馬に違わぬ新馬の勝ち方。瞬発力の高さは相当でキャリア面さえ気にしなければ。
「体が硬いことを考えてダートを使ってきたが、本質的には芝向きだと思う。掛かる馬じゃないので距離はOKだと思うよ」(鹿戸雄一調教師)。 ◎初芝でもあり、一度は様子を見てみたい。
「前走後の間隔がないので追い切りは控え目。それに輸送もあるからこれで十分。ここ2走も真面目に走っていない感じで、時計も平凡だけど能力は持っている馬。その点では楽しみはあるね」(橋田調教師)。 ◎堂々とした馬格、そして良血。まだ荒削りな面はあるが能力はかなり。マイルに短縮して集中して走れば。
「追い切りの動きは相変わらずいいよ。懸念していたテンションも今のところ上がっていないしね。自在性があるし、後は当日落ち着きがあれば」(清山調教助手)。 ◎前走の競馬が一味違った勝ち方。この相手なら十分勝負になっていい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。