2010年5月30日(日)

10R

2010年5月30日(日) | 3回東京4日 | 15:40発走

第77回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

「今日は相手に合わせただけの追い切りだったが、ラストの伸びがよかったし、いい状態でレースに臨めそうだよ。この馬は皐月賞向きだと思っていたが、鼻肺炎明けであれだけの競馬をしてくれたことを考えると、ダービーに関してもなんら問題はなさそうだよ」(藤原英昭調教師)。 ◎皐月賞は見事な末脚。レース上手な馬でコース替わりも問題なく、今回も侮れない。
「遅れはしたけど、元々追い切りではそう動く馬じゃないので問題はないよ。ここまで順調にきているし、体の方も維持できている。最後はいい脚を使う馬で、一度この条件を走らせてみたかったんだ」(松田博資調教師)。 ◎前走が最速の上り。決め手は評価できるが今回は相手が揃った。
「パワフルで重量感があり、自分がイメージした通りのいい馬でしたよ。話題は人になりそうですが、人は二の次で一番は馬だからね。ストライドが大きな馬なので、スムーズな競馬ができれば……と思っています」(四位騎手)。 ◎一線級との対戦がなく、評価は微妙だが入着候補か。
「今日は折り合いもスムーズだったし、しっかりハミを取って最後まで集中して走ってくれた。馬体に締まりが出てきたし、最近の中では一番いい状態で出走できると思っています」(浜中騎手)。 ◎成長度に疑問。徐々に良化は見られるが上位までは?
「日曜日に坂路でやっているし、体の方は既にできているので今日は気合を付ける程度の調整。時計的にもこれで十分。いい状態で本番に臨めそうだよ」(宮調教師)。 ◎相手ナリに走るタイプ。2走前にヴィクトワールピサとクビ差の内容から一概に軽くは扱えない。
「前走後は厩舎でジックリ調整。疲れも取れていい状態で臨めますよ。展開に関しても行く馬がいれば行かせても大丈夫。ただ、並ぶとカッとなる面があるとジョッキー(ウイリアムズ騎手)が言っていたけど、そういう形にならなければ大丈夫だと思います」(菅沼調教助手)。 ◎皐月賞5着。成績的には注目の1頭だが、気性が課題。スムーズな競馬なら。
「今日は3頭併せの真ん中に入れて、どれだけ我慢できるかを確認してもらうために騎手に乗ってもらうことにしました。それにしてもいい動きでしたね。皐月賞は素晴らしい脚で勝ってくれたし、更に強い相手も参加してきますが、順調さと今のデキの良さに期待したいですね」(角居調教師)。 ◎初の左回りがどうかだけ。距離も関係無くここも有力候補。
「今日の小気味のいいフットワークをみて、正直ホッとしている。アクシデント(挫石)があったことであまりいいイメージは持たれないかもしれないが、この動きならそう見苦しい競馬にはならないと思うよ」(橋口調教師)。 ◎今週の挫石に加え一戦毎の馬体減。力は認めても一気の巻き返しは?
「ここまでうまく間隔を空けて使ってきているので、それほど強い追い切りは必要ないからね。今日も静かな追い切りだったよ。いつもと変わらずに力みがなくスムーズに走っていたし、本当にいい状態でレースに行けます」(藤沢和雄調教師)。 ◎前走は一桁違う勝ち方。まだ底割れしておらず上位争いに。
「今日は前半の入りが予定より遅くなったが、動き自体は悪くないし、これなら大丈夫。ここまで間隔があったのでジックリ調整できたし、いい状態で出走できると思う」(鈴木康弘調教師)。 ◎芝2走目になるが皐月賞の内容から一変はムリ。
「今日は折り合いを確認したかったので、コースに入れ、オーバーワークにならない程度の調整。手前を替えずソラを使っていた点と、思ったほど体が増えていない点は気になるけど得意の東京で巻き返しに期待したい」(尾形調教師)。 ◎敗因は不明だが皐月賞が負けすぎ。コース替わりはプラスだが上位までとなると……。
「ここ2週に渡りビッシリと追い切っているので、今週は上り重点。鞍上(藤田騎手)も日を追う毎に良くなっていると言っているし、今日の動きも文句なかったからね。あとはスムーズな競馬ができれば前走からの逆転もあるんじゃないかと思っている」(昆調教師)。 ◎体は回復。コース経験があるのも有利。前2走がスムーズさを欠いてのもの。ここでも遜色はない。
「馬場が悪い時間帯を考えれば動きは良かったと思う。最後までしっかり伸びてくれたしね。皐月賞のダメージがありビッシリやれなかった前走より、間違いなくいいですよ。重賞勝ちをしている馬だし、楽しみはありますよ」(池添騎手)。 ◎前でも競馬ができる器用なタイプ。ただ、今回は相手関係が多少厳しいかも。
「元々が追い切りは動く馬だけど、それにしてもよく動いたね。さすがだと思うよ。NHKマイルを使った後、正直なところ、体調は下降するのでは……と思っていたけど、むしろ今までで一番いいくらいだからね」(福永騎手)。 ◎距離はOK。皐月賞は直線で狭くなる不利。能力は見劣らず上位も可能。
「前走から中2週になるし、東京への輸送もあるので、無理をせずにラスト重点の追い切り。動きは良かったし、状態に関しては何も不安はないので」(荒瀬調教助手)。 ◎ここでは正直一枚落ちの印象。
「前走後も順調にきている。落ち着きも出てきているし、この雰囲気ならゲートも問題ないだろうね。ムリに逃げなくても競馬はできると思うし、自分のリズムで走れれば」(大井調教助手)。 ◎距離も長く、相手も強い。苦戦か。
「キツイ追い切りだったけど最後まで辛抱してくれた。本格化はまだ先だと思うけど、現時点で持っている力は出せる仕上がりに持ってこられたと思う。一応の態勢は整ったと見ていいと思う」(池江泰郎調教師)。 ◎本格化はもう少し先かもしれない。ただ能力は確かで押さえには。
「この時計をみて馬がリラックスして走っていることが分かるし、動きにも力みがなかったですからね。頭の位置も丁度よかったし完璧と言える追い切りだったと思います。前走より更に進化したと言えるのでは。このレースまで余力を残して調整できたということはまだ伸びる余地があるということですから。強い相手がいますが、このレースで実力を証明できたらと思っています」(松田国英調教師)。 ◎マイルからダービーは同厩舎のパターン。決め手が鋭く距離も問題なし。ここも有力候補。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。