IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年5月23日(日)

11R

2010年5月23日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第71回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

「追い切りでは折り合いが付いていたし、いい動き。これなら距離に関しては問題ないと思うし、むしろ長い方がいいかもしれない。相手は揃っているけどヒケはとらないんじゃないかな」(清水英克調教師)。 ◎馬体減りが課題。成長力は今一つで上位は?
「追い切りの動きはよかったよ。前走の反動もなく予定通りの調整ができたしね。距離も問題ないし、いい枠も引けた。あとは自分のペースで競馬ができれば」(宮本調教師)。 ◎フローラSで見せた粘りはなかなか。叩いた上積みが見込め、再度マイペースなら。
「追い切りは指示通りにできたし、ここにきて馬に力強さも加わってきた。今回は今までで一番いいデキで臨めると思うし、距離の不安もない。力通りの競馬ができれば」(小島太調教師)。 ◎あまり体の成長が見られない点に不満。連候補の評価まで。
「既に仕上がっているので追い切りは控え目。でも動きはよかったし、時計も見た目以上に速かったからね。それだけデキがいい証拠だと思うよ。左回りはいいし、距離延長も歓迎。いい枠を引けたし期待は膨らむね」(佐々木晶三調教師)。 ◎前走は1番枠が影響したか。包まれ気味で脚を余した感があり、広い東京と距離延長で巻き返しが期待できそう。
「仕掛けてからの反応がよく、抜け出す時の脚が速かった。今日は馬の後ろで我慢ができていたし、これなら折り合いは付きそうだし距離もこなせると思う。あとはレースの流れに乗って競馬ができれば」(池添騎手)。 ◎桜花賞は出遅れて7着。重賞の2走が案外なのを見ると、このメンバーに入るとややパワー不足かも。
「ラスト1ハロンが少し物足りないけど、今日は前半からピッチを上げて行ったし、馬場も悪かったことを考えればいい追い切りができたと思う。左回りの方が走りがスムーズな感じがあるし、距離も大丈夫。きついローテーションを我慢してこられたし、そのつど競馬を覚えてきているのもいい材料だと思う。とにかく、充実している今なら」(音無調教師)。 ◎きついローテーションだった桜花賞で2着。地力勝負のものだけに価値がある。再度逃げるかどうかは未知だが、この距離はむしろ合いそう。
「追い出してからしっかり伸びていたし、デキはいいと思うよ。ブリンカーの効果も見られるし、あとは距離延長がどう出るかだけ」(町田調教助手)。 ◎今回も行く競馬か。同型もチラホラ見られる上に相手関係も厳しく……。
「先週の時点で体はデキているので今日は単走でサッと。課題は距離だけど、脚をタメるだけタメて直線勝負に徹する競馬で活路を見出したい」(高橋義博調教師)。 ◎器用さがない。ここも後方からの競馬になりそうだが、よほど恵まれないと上位は?
「先週は追いかけて、今週は先行して共に先着といい追い切りができた。この馬はあまりハミを取っていく馬ではないし、力んで走るタイプでもない。そういう意味では距離延長はむしろプラス。抽選をパスできた運を味方に頑張りたいね」(矢作調教師)。 ◎距離はいいが相手関係はキツイ。
「今日は併せた相手が動く馬だし、それを考えればいい追い切りができたと言えるんじゃないか。道中上手くハミを抜いて行ければラストは伸びてくれる馬だからね」(松田博資調教師)。 ◎距離延長はよさそう。あとは展開一つ。
「前走後はあまり間隔がないけどしっかり調教を積めたからね。今日は馬と馬の間を割って出るパターンの追い切りをしたけど、いい追い切りだったと思う」(小島茂之調教師)。 ◎大崩れはしないが詰めも案外。掲示板があれば。
「今日は併せた相手が走るので時計は速くなったけど、いい動きだったと思うよ。まだ素質だけで走っている感じで、本当によくなるのは秋かもしれない。血統的に距離延長はプラスだと思うので」(伊藤正徳調教師)。 ◎トライアル勝ちで参戦も相手は一気に強くなり上位は?
「動きが良かったし、状態に関しては問題ないね。この中間は精神的にリラックスさせることを重点に調整してきたので、馬に落ち着きがあるのもプラス。距離は折り合いが付くので大丈夫だし、むしろいいかもしれない」(牧調教師)。 ◎さすがに前走は20キロの馬体減が影響したか。今回は東京。条件はいいハズ。
「今日の追い切りは抜け出してから、少しフワフワしたところを見せていたけど、長距離を走ることを考えればこの方がいいかもしれない。馬体の張りもよくなっているし、あとは気分良く走ってくれれば」(佐藤調教助手)。 ◎直線だけの競馬で6着と決め脚はなかなか。ただこの距離であの脚が使えるかどうか……。
「先週速いところをやっているので今週はラスト重点。今は体がフックラしているし、輸送で極端に減らなければ大丈夫。少し枠は外すぎるけどレースが上手な馬。ロスなく運べれば楽しみはあるよ」(坂口正則調教師)。 ◎食いが細く輸送で体が減るかどうかがポイント。体重キープなら上位争いは可能。
「今日はオーバーワークにならない程度の追い切りだったけど、これは予定通り。着順は今一つだけど大負けしている訳じゃないからね。成長度では今一つの感じはあるけど距離延長で新味が出てくれれば」(今井調教助手)。 ◎掛かる気性は相変わらず。ここでは苦戦。
「のびのびとリズムよく走っていたし、今日のような走りを本番でもしてくれれば距離は大丈夫だと思う。状態に関しては何も言うことがないくらいだし、昨年のブエナビスタにも劣らないほどの器になれる馬だと思っているんだ」(国枝調教師)。 ◎一戦毎の馬体増。パワーアップしていることは間違い無し。桜花賞組が活躍するこのレース。今回も好勝負は必至か。
「追いかけて内から抜くという、いつも通りの追い切りです。時計自体は平凡だけど、動きがよかったし状態は文句無し。フラワーCの時は追い切りをやりすぎて失敗したのでこの中間はソフトに仕上げてきました。テンションも上がっていないし、このデキなら」(古賀慎明調教師)。 ◎安定した取り口。コース経験もあり距離も問題なし。桜花賞組と未対戦の中では一番魅力はある。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。