IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年1月30日(土)

11R

2010年1月30日(土) | 1回東京1日 | 15:45発走

第60回東京新聞杯(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

「前走は3コ—ナーで前に入られる不利。スムーズだったら勝っていたと思う。デキはいいし、馬が一皮向けた今なら期待は十分」(西園調教師)。 ◎前走は内で包まれて脚を余す。東京2敗は共にGIで今のデキでGIIIなら。
「中1週を考慮してオーバーワークにならないように調整。以前に比べて馬体が増えているようにパワーアップしているし、前走と同じマイルというのもいい」(土田調教助手)。 ◎最後は一杯でも何とか凌いだ前走。それでも復調をアピールしたし、GI好走の実績から今回も侮れず。
「放牧明けになるけどいい仕上がりで臨める。春の大目標(安田記念)に向けて何とかいいスタートを切りたいと思っています」(宗像調教師)。 ◎マイルはベスト。コースもOK。昨年に続き連覇もあるか。
「追い切りの動き、時計共に上々で何も言うことはないよ。前走が速い時計だったし、再度同じ舞台なら当然、力が入るよ」(清山調教助手)。 ◎マイルがベストと言える。時計もあり今回も好勝負。
「今日の追い切りは最近の中では一番良かった。今年は大目標に向けて何とかと思っている馬だし、いい結果を期待している」(小桧山調教師)。 ◎マイルでも問題なし。展開が全てだが、GIIIなら勝ち負けしても。
「あまり調子の波が少ないタイプでデキは安定。追い切りはラスト重点の形になったが、いつもこんな感じなので問題はないよ。前々の競馬をするがマイペースで行ければ」(萱野調教師)。 ◎行ってこその馬。押さえて味があるタイプではなく、ここも同型との兼ね合い一つ。
「今日はラスト重点の追い切り。伸びは良かったし、デキに関しては言うことはないよ。東京は比較的相性がいいし、展開が向けば」(松田博資調教師)。 ◎昨年の2着馬。56キロの今回は見直せても。
「追い切りは余力を残してラストがいい伸び。デキはいいですよ。あとは末脚勝負の馬なので展開の助けがあれば」(安田隆行調教師)。 ◎スワンS以外は崩れていない。8歳でも衰えなし。
「追い切りは予定通り。前走は揉まれて力を出せず、力負けではないからね。得意の東京に替わるし、力を出し切ればこの相手でも」(尾形調教助手)。 ◎意外に良化がスロー。条件替わりに期待したいところだが。
「追い切りの動きは良かったよ。前走の3着時はハンデ戦で54キロだったし、今回は別定で56キロ。その点がどう出るかだろうね」(加藤敬二調教師)。 ◎コースは歓迎。あとは力関係だけ。
「今日は馬場が悪かったので、併せ馬での遅れは気にしなくていいと思う。状態自体に問題はないので、発馬を決めて流れに乗って競馬ができれば」(西浦調教師)。 ◎距離はOK。あとはコース相性がどうかだけ。
「この中間は色々と調整方法を工夫してきているので状態はいいと思う。あとは当日体が絞れていれば」(藤岡健一調教師)。 ◎前走は太目。絞れていれば前進は可能。
「中1週なので追い切りは馬ナリ。でもデキはいいですからね。前走が不甲斐なかったけど、脚をタメる競馬ができればあんなことはないハズ。得意の条件に戻る今回は楽しみ」(栗田調教助手)。 ◎年齢的なものか往年の切れに衰え?掲示板候補の評価が妥当か。
「春のGI(ヴィクトリアマイル)に向けてこの距離を使うことに。距離自体に不安はないと見ているし、前々の競馬で今後に繋がる結果を出してくれれば、と思っています」(小島茂之調教師)。 ◎課題は距離。マイルに対応できるかどうか、スンナリ行ければ残り目も少しはありそうだが。
「追い切りの動きは言うことナシ。凄くデキがいいね。脚質を差すパターンに変えてから結果が出ているし、直線が長い東京はピッタリ。楽しみだね」(川村調教師)。 ◎京都金杯は53キロ。今回は別定の56キロがどう出るかが鍵。
「相変わらず追い切りはよく動く馬だ。引き続きデキは絶好だし、ここで勝てば今後の夢(海外遠征)に繋がるので」(白井調教師)。 ◎京都金杯はベストの条件でガラリ一変。東京もOKで再度嵌れば。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。