IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年8月8日(日)

9R

2010年8月8日(日) | 2回函館8日 | 15:25発走

第42回函館2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3200、1300、800、480、320万円 |

「中1週なのでこれで十分。追い切りの遅れは問題ないよ。前走は目標にされる不利もあったからね。当初からここが目標のレースだったし、デキも前走以上。今度は何とかなると見ている」(福島調教助手)。 ◎ラベンダー賞が僅差負け。スピード十分で今回も好勝負。
「今日はいい動きだったね。前走時は骨瘤が出かかっていたけど、幸い反動もなく、ホッとしました。競馬のセンスがいいし、この状態なら手応えアリですね」(庄野調教師)。 ◎時計は地味だが勝ち方が良かった。馬格もあり、叩いた上積みも見込めそう。
「今日初めて乗ったけど、癖がなくて乗りやすい馬。デキはいいので、あとは芝の適性だけだろうね」(柴山騎手)。 ◎ダートで新馬勝ち。このレースではダート勝ちの馬は苦戦しており、上位は厳しいか。
「今日初めて乗ったので前回との比較は付かないが、芝の走りは悪くなかったし、ダート馬のイメージはなかったよ」(勝浦騎手)。 ◎ダートで新馬勝ち。ただ時計は水準で、芝のレースでは。
「今日はラストを伸ばしてくれ、との指示。それにしても仕掛けてからの反応が良かったし、これなら楽しみが出てきたよ」(池添騎手)。 ◎叩き2走目で勝利。体も絞れてきた。レースが上手そうで時計は地味でも押さえは必要。
「馬の後ろにいると気を使うタイプですね。追い切りでも外に逃げ加減だったけど、手前を替えてからはシッカリ走ってくれました。前走も最後は差を詰めていたし、自分のリズムで気分良く走ればここでも」(吉田隼人騎手)。 ◎ラベンダー賞は出負け。それでも最速の上がりで4着なら悲観しなくてもよさそう。
「一度使った上積みは感じるね。乗り手の意のままに動く素直さがあるし、精神的に大人びた感じがある馬。競馬がし易いし、どんな流れにも対応できるのはいいと思う」(安藤勝己騎手)。 ◎ラベンダー賞を勝ったロビンフッドに新馬戦で快勝。2走目で更に上積みが見込めるし、要注目。
「今日は馬場を見せる意味で芝に入れてみたが、洋芝の走りは悪くなかったね。ここまで順調にきているし、函館滞在で多少体は増えていると思うけどそれは大丈夫。どんな競馬でもできるので」(和田正一郎調教師)。 ◎初戦である程度仕上がっていたので、大幅な上積みは?ただ行き切れば残り目も。
「追い切りで遅れたといっても時計が速かったし、心配無いと思う。デビュー戦が少々追い不足で勝ったので、更にデキは上向きだし、楽しみですよ」(古川騎手)。 ◎少頭数で恵まれての新馬勝ち。時計も遅い。
「新馬を勝った時に比べて体に柔らかさが戻ってきている。一度使った上積みは大きく、芝でも楽しみ」(伊藤大士調教師)。 ◎ダートで勝ったが時計はマズマズ。ただ、どちらかと言うとダート血統で芝ではあまり強調できず。
「予定より時計は速くなったけど、心配ありません。前走の時より元気があるし、食いも上々。体が絞れてスッキリしているし、レースに行って勝負根性もあります。重賞挑戦になりますが楽しみですね」(小滝調教助手)。 ◎新馬勝ちの時計が優秀。2戦目で時計短縮の可能性を秘め上位争いに。
「今日はダートの新馬を勝っているということで芝コースに入れました。時計が速かったし、フットワークも良かったので芝に関しては問題ないと思います。前向きな馬で楽しみですね」(丸田騎手)。 ◎新潟でダートの新馬勝ち。やはり芝で勝った馬に分はあるか。
「仕掛けてからの反応、動きともに良かったですよ。ムキになるタイプじゃないので距離延長は問題ないし、間隔が開いた点を除けば心配なところはありません」(藤岡佑介騎手)。 ◎初日の新馬勝ち。スピードは十分だが1ハロン延長がどう出るかが鍵だが、2番手から抜け出して勝った内容から問題はなさそう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。