2010年7月4日(日)

9R

2010年7月4日(日) | 1回函館6日 | 15:25発走

第17回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

「前走からあまり間隔がなく、輸送もあったけど、いい動きだったし、心配していた疲れは見られません。久々の短距離で結果を出してくれたし、短距離も2走目で楽しみですよ」(千田調教師)。 ◎前走は直線で内に寄られる不利。今回はこの距離にも対応可能で好勝負か。
「今日はビッシリ追い切ったし、引き続きいい状態をキープしている。函館は初コースになるけど、札幌で勝っているので芝の適性は大丈夫だと思うよ」(長嶺調教助手)。 ◎オープン入り後が案外。まだクラス慣れが必要なのかも。
「追い切りの動きは良かったよ。この馬は洋芝に良績があるので、それを生かして上を目指したいと思う」(池添騎手)。 ◎叩いた効果は見込めるが、今回は相手関係が微妙。
「追い切りは抜群の手応えだったし、動きも上々。56キロもいいと思うし、距離短縮もプラス。馬場が悪くなっても心配無いので楽しみだね」(諏佐調教助手)。 ◎自在性があり、前走も逃げて渋太く粘る。距離短縮プラスで好戦は可能。
「前走は道悪が応えたよ。叩いてだいぶ動きが変わってきたし、実績からいっても良なら……と思っているんだ」(吉沢調教助手)。 ◎オープン特別では好勝負できても重賞になると今一息。
「ここまで順調に調整できたし、状態の方は間違い無くいいと思う。それにパワーがあるので馬場が悪くなっても問題ナシ。あとは前がやり合ってくれれば」(山田調教助手)。 ◎今回が昇級後の2戦目。まだ通用するまでには時間が必要か。
「前走のときに比べればだいぶ背中が柔らかくなり、状態は上向いていますよ。スピードはあるし、力の要る洋芝もいい。51キロの軽量を生かせば」(五十嵐冬樹騎手)※レースでは浜口騎手騎乗。 ◎芝でも行けることはフィリーズRで証明したが、今回は更に速い馬がいるので……。
「今週の火曜日に栗東を出て水曜入り。疲れも見せず、飼い葉食いも落ちていないので状態に関しては問題ないでしょう。あとは流れが向けば」(対馬調教助手)。 ◎ハンデと流れに恵まれた前走。今回は相手が揃った感。
「やや重苦しかった先週に比べればマシにはなったけど、何分にも久々だからね。その点はやはりマイナスかも……」(柴山騎手)。 ◎7か月振りでいきなり重賞は厳しい。
「気性の面で色々と調整に難しさがある馬だけど、今日は集中して走っていたし、落ち着きがあるのも良かった。あとは当日気持ちが入ってくれれば」(葛西調教助手)。 ◎距離は問わない馬。ただいつ走るか分からない面がありアテにはしづらい。
「日曜日にやっているので今日は軽めで十分。この馬は冬場は体が硬くなる傾向があるので夏はいいタイプ。今回はブリンカーを着ける予定だし、集中して走ってくれれば」(矢作調教師)。 ◎昨年の覇者。ただ、復帰後が案外で狙い目は薄い。
「福島からの中1週なので追い切りはこれで十分。前走は早めに来られて失速してしまったけど、力の要る馬場は向いているし、叩き2走目での変わり身もあるので」(鹿戸雄一調教師)。 ◎同型の出方がポイント。
「先週やっているので、今週はオーバーワークにならない程度の調整。前走は体こそ増えていたが、見た目には寂しい感じ。やはり中身ができていなかったのかも。叩いて良くなっているし、今度は得意のコースでこの馬らしい走りを見せてくれると思う」(領家調教師)。 ◎コース巧者。実績も上位で59キロを克服できれば。
「あまり体が増えてこない点がどうかだが動きは良かった。それに洋芝は走る馬だからね。ただ前に行ける馬じゃないので展開の助けが必要かもしれないが、53キロで出られるのは有利だと思う」(矢作調教師)。 ◎ここ2走の内容から復調気配。この距離にも良績あり侮れないかも。
「体調に関しては問題はないよ。既に10歳になるので大きなことは言えないが、ロスなく立ち回れば……の気持ちは持っている」(須貝彦三調教師)。 ◎既に10歳。久々の今回は割引が必要か。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。