IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年10月18日(日)

11R

2009年10月18日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第14回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「追い切りは動く馬ですが、それにしてもいい動きでした。今回は先生の配慮で秋華賞に騎乗できることになったし、是非見せ場は作りたい、そう思っています」(田中博康騎手) 牝馬は調子からの格言通りなら、連勝の勢いは認めるべきか。
「札幌から帰厩後は順調に調整ができた。ソエが治まり、思い通りの調教ができるようになったことは何よりで、動きも良かった。京都の今の馬場は歓迎で楽しみ」(手塚調教師) 今夏の札幌で力を付けた1頭。決め脚は強烈で展開が嵌れば。
「秋華賞といってもいつもと同じ調整で特に変わったことはしません。1頭だと時計が出てしまう馬なので前に1頭置いての調整。いい動きだったよ。中間蟻洞(爪の病気)が判明したが、早目の処置で問題なし。前走は芝(洋芝)の影響かエンジンの掛かりが遅かったが、ラストはいい伸び。何とか牝馬三冠を取らせてあげたいね」(松田博資調教師) 古馬相手の前走は惜しくも差し届かなかったが、力は見せた。同じ3歳牝馬同士なら好勝負。
「この秋はゆったりしたローテーションで使えることが何より。馬がリラックスしていい雰囲気に仕上がったからね。うまく折り合って競馬ができれば驚異的な瞬発力を発揮する馬だからね。その脚を生かせる流れになれば」(清山調教助手) 課題は折り合い。ペースが速くなり、折り合いが付けば喰い込み可能。
「前走は追い切りが多少手ぬるかったと思い、今週は併せ馬でビシッと追い切りました。予想以上に速い時計が出たし、十分負荷をかけることができたと思います。対ブエナビスタは2戦して共に2着ですが、成長した今なら逆転も可能とみています」(松永幹夫調教師) 久々を考えればローズSは合格。叩いた効果も見込め、打倒ブエナビスタの筆頭。
「月曜日にも時計を出しているので、今日は折り合い重点の調整。今回はいつもと調整方法を変えてみたし、それが結果(折り合い)に繋がれば」(勢司調教師) ここも自分のペースでレース運びができるかどうかだけ。
「追い切りはラスト重点。ここまでやれることは全てやったし、状態は言うことなし。輸送も苦にするタイプじゃないし、コース替わりも問題なし。持ち前のしぶとさを生かせれば」(小笠調教師) 久々の前走が鮮やか。ここも末脚を生かせる流れになれば。
「先週併せ馬で速いところをやっているので、今週はサッと。前走で減った体は戻ったし、いい仕上がり状態だよ。前走はコース取りの差で負けたが、馬群を割って出てきた勝負根性は牝馬らしからぬモノだし、まだ奥を見せていない魅力がある。強敵相手だが楽しみもあるよ」(松永昌博調教師) 前走の負けはコース取り。馬群を割ってきた根性は牝馬らしからぬモノ。穴で注目。
「あまり追い切りで動く馬ではないので、これで十分。前走の競馬がなかなかしぶとかったし、今回もその点を生かせれば」(北出調教師) 抽選で出られた運の強さはあるが、ここでは少々荷が重い。
「ここまで順調に使い込んできているので、あまり強い調教はやりませんでした。それでもラストまでしっかり伸びていたし、いい動きだったんじゃないかな。早目の栗東入りがよく、飼い葉もしっかり食べて状態はいいですよ」(安川調教厩務員) 先行勢で3着に粘ったのはこの馬だけ。パワーアップ歴然で軽視は危険。
「久々の前走は3コーナーでハミが抜けてしまい、頭を上げてしまったからね。一叩きしていい意味でガス抜きができたし、状態は上向き。折り合いが付けばこの距離も我慢できると思うので」(藤岡健一調教師) どちらかと言うとマイラー。距離がどうか。
「トライアルは動きがもう一つだと思っていたが、結果はレコード勝ち。それだけ能力が高かったということなんだと思う。ここが目標のレースだし、当然デキは上向いている。この条件もピッタリだと思うし、レッドディザイアを破ったことも自信に繋がるしね」(藤原英昭調教師) ローズSをレコード勝ちの反動がどうかだが、レッドディザイアを破った力を評価したい。ここも上位の1頭。
「併せた相手が走る馬だから、この遅れは仕方がないよ。でもこの馬なりには動いているし、あとは折り合いが付けば……の気持ち」(小牧騎手) 一叩きの効果は見込めるが、この距離は微妙に長いか。
「予想以上にいい時計が出たし、好調時に見せる抑え切れないような勢いが見られた。体調は間違いなく上向きだし、この条件が一番合っていると思うので」(福永騎手) ローズSでの惨敗は気に入らない。ガラリ一変は望み薄で過大視は?
「ここまでは思い通りの調整ができた。春当時と比べても馬体の成長が著しいし、走りにも力強さが加わってきた。この相手でもチャンスはあると思う」(手塚調教師) 前々で競馬ができた前走に進境が窺えた。この距離もベターで押さえは必要だろう。
「間隔が狭まっているので追い切りは馬ナリだったが、いい動き。ラストもしっかり伸びていたしね。減った体も今は戻っているし、折り合い面の進境も見られる。相手は揃っているが、どんな競馬をしてくれるか楽しみ」(音無調教師) レコード勝ちを含め連勝。今の勢いは評価するべきだろう。
「追い切りは指示通り。いい動きだったと思う。今回は鞍上と相談して、馬の気分に任せた乗り方をしようと考えている。それが好結果に繋がれば楽しみだ」(藤原英昭調教師) 期待されたローズSが案外。一気の巻き返しは難しいかも。
「動きは良かったし、前走以上は間違いないね。以前、いきなり阪神で勝ったようにコース替わりは問題ないし、あとは道中リラックスして走れるようなら」(鹿戸雄一調教師) 期待された紫苑Sが9着。簡単にバテた前走内容が物足りず、一変までは?

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。