2009年2月1日(日)

11R

2009年2月1日(日) | 2回京都2日 | 15:35発走

第44回京都牝馬ステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「目先を変えてコース追い。毛ツヤは一息だが、動きはいいし、鉄砲もOK。何とか結果を出して欲しいね」(橋口調教師) 長距離より瞬発力を生かせるマイルの方が良さそうだ。ここなら侮れず。
「追い切りは予定通り。いい動きだったよ。春当時とはデキが違うし、牝馬同士ならこの相手でも十分やれる馬だと思うよ」(中川調教助手) 連勝の勢いは軽視できない。展開が嵌ればここでも。
「中1週での輸送になるので稽古はこれで十分。ただ、今回は相手が相手でどこまでやれるかだろうね」(柄崎調教師) もう少し距離は短い方がいいかもしれない。
「とに角、連勝の内容がいいし、センスを感じるね。今回は相手が強化されるがどこまでやれるか楽しみもあるよ」(宮調教師) 2連勝と勢いがある。デキの良さを生かしてここでも一発があるかも。
「先週ジョッキーを乗せてビシッと追い切っているので今週は手控えたが、動きは良かったよ。このデキなら再度期待十分」(音無調教師) ようやくこの馬らしさが見られた前走。時計を要する馬場もピッタリで再度注目。
「馬なりだったけどいい動きをする馬だね。凄く乗り易いし、嵌ればいい脚を使ってくれそうな雰囲気があるよ」(武豊騎手) 牝馬同士ならここでも十分上位争いになっていい。距離ももちろん大丈夫だ。
「馬体減りもなく好調をキープ。前走は距離が敗因だと思うし、距離短縮の今回は見直せると思っているんだ」(橋口調教師) 持ち時計はないが荒れ気味の今の京都の馬場なら案外の競馬になるかも。
「近走の中では今回が一番状態がいいかもしれない。デキの良さで何とか上を目指したいが」(水野調教師) ターコイズS4着以外は苦戦続き。時計が掛かった時の穴候補か。
「先週やっているのでこれで十分。いい状態に仕上がったし、鞍上も2度目。斤量もいいし、うまく末脚を生かせる競馬ができれば」(河内調教師) マイルはむしろ歓迎。斤量も有利で巻き返しは可能だ。
「変わりなく順調。京都のマイルはいいし、荒れ気味の馬場もこの馬向き。あとは相手関係だけだね」(松元調教師) このコースは走る。マイルもOKであとは流れ一つか。
「今日の動きならマズマズ。喰いはいいし、体付きもいいからね。あとはできればいい馬場で競馬をさせたいが」(宮調教師) 時計面の裏付けはないが、馬場が渋る様なら大駆けは十分ある。
「いい動きを見せてくれたし、馬体もフックラしていい仕上がりだよ。あとはうまく折り合って競馬ができればいいと思う」(藤岡健一調教師) スピード勝負では分が悪いが少しでも時計が掛かるようなら喰い込み可能。
「追い切りの遅れは相手が走る馬なので心配ないよ。距離は短縮されるけど京都の外回りなら気にしなくてもOK」(田所秀孝調教師) ここも展開一つ。前崩れになれば。
「この中間は傷腫れがあったが今は大丈夫。前走は挟まれる不利があったし、牝馬同士ならスムーズな競馬さえできれば差はないと見ている」(中川調教助手) 牝馬同士でこのメンバーなら能力的に差はないハズ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。