2009年2月15日(日)

11R

2009年2月15日(日) | 1回東京6日 | 15:45発走

第59回ダイヤモンドステークス(GIII)

芝・左 3400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「状態はあまり変わらない。今回は49キロの軽ハンデを味方にどこまでやれるかだろう」(国枝調教師) あまり上積みは見込めず苦戦か。
「状態は特に変わらず。距離は未知だがハンデ差を武器に少しでも上を目指せれば、かな」(奥平雅士調教師) ここでは明らかに苦戦か。
「先週に比べれば動きはだいぶ素軽くなってきたと思う。スタミナは十分だし、あとは当日の馬場が鍵になるね。良馬場なら」(大當調教助手) 使い詰めの不安はあるが前々でうまく捌ければまだ見限れない面も。
「前走後はここを目標に調整。左回りは関係ないし、馬にも走る気力が出てきたので楽しみは大きいね」(大久保龍志調教師) スタミナは十分。決め手勝負では分は悪いが、粘り比べならここでも。
「切れ味こそないがバテないタイプ。スタミナには自信があるし、うまく前々で流れに乗れればここでも勝負になると思う」(松田調教助手) 前々で立ち回れる有利さと堅実な走りから押さえの評価は必要か。
「いい追い切りができたよ。スタミナは豊富だし、切れ味勝負では分が悪いけど持久戦なら負けないからね。この距離なら凄く楽しみだ」(C.ルメール騎手) 距離は得意。うまく折り合って競馬ができればここも首位争いに。
「突つかれることでプレッシャーをかけるという追い切り。動きは良かったし、ここにきて馬が逞しくなってきたのでそれなりの結果を出して欲しいと思っている」(久保田調教師) 初芝のステイヤーズSで5着なら評価はできる。スタミナも不安なく要注意。
「前走後は短期放牧に出したが、その後は順調に調整ができたし、仕上がりはいいよ。左回りの東京は得意だし、この相手なら上位争いをしてくれなくてはね」(小桧山調教師) 終い一手の脚質だが嵌ればここでも十分上位を狙える存在。
「この馬としては良く動いたと思うし、状態はいいですよ。ストライドが大きな馬なので広い東京は向いていると思うし、距離も大丈夫。あとは自分のリズムを崩さず走らせられれば」(松田国英調教師) ラストは確実に伸びてくる。この距離も折り合いに問題がないので克服は可能と見たが。
「先行して追いかけられる追い切りでプレッシャーをかけることにしたが、感触は悪くなかったよ。これが実戦に繋がるといいが。あとは自分のリズムで走れれば」(野中調教師) 前走は太目が敗因かも。年齢的な衰えはないと思うが、以前ほどの信頼はどうか。
「追い切りの遅れは相手が走る馬なので心配無いよ。距離は持つと思うし、ここにきて馬も力を付けているからね」(清水利章調教師) キャリアが浅い分、まだノビシロが感じられる。昇級のハンデは斤量差でカバーか。
「間隔が詰まっているので追い切りはこれで十分。スタミナに不安はないし、むしろ競馬はし易いと思うので53キロのハンデを生かして善戦を期待したいね」(鮫島調教師) 連勝してオープン入り。ただ中1週続きで輸送・距離を考えるとやや不安も。
「前走後の疲れも取れたし、復調気配。スタミナは十分あるし、レース展開に注文が付かないタイプ。今回も崩れはないと思うよ」(三浦調教助手) 叩いての良化は窺えるが、この距離は微妙に長いかも。
「時計は予定より速くなったが、それだけ状態がいいということ。コース実績が今一つだけど、集中して走れば大丈夫だと思うし、53キロのハンデを生かして頑張ってほしい」(加藤征弘調教師) ハンデ戦を主に使われているがもう一つ結果が出ない。
「元々調教では動かない馬が良く動いたからね。状態はかなりいいと思う。前走が少差の競馬だったし、軽ハンデを生かせば案外の競馬になるかも」(中竹調教師) 芝でも走れることを証明したとは言え、ここでは入着があれば上々だろう。
「この中間は順調に乗り込み、仕上がりはいいよ。今日の追い切りも気分良く走っていたし、これなら満足。デキの良さを生かして頑張って欲しいね」(古賀慎明調教師) 立ち回りが上手な馬。コースもOKでここでも軽視は危険。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。