2009年7月5日(日)

9R

2009年7月5日(日) | 1回札幌6日 | 15:25発走

第16回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「馬場が良くないので時計は地味だけど動き自体は凄く良かったよ。今回は久々、オープン初のハンデはあるけど、今のデキならそれ程ヒケは取らないと思うよ」(藤岡健一調教師) 昨秋から4着以下ナシの堅実な成績。相手は強くなるがここでも全くの軽視は危険か。
「中間にノドの手術をしたんだが、まだ多少影響がある感じ。それに年齢的に大きな上積みもどうかな」(高橋調教助手) 叩かれての上積みは望めるが、一頃の粘りに欠け上位は疑問。
「気合を入れる意味でビシッと追い切った。その効果が出て馬に覇気が戻ってきたのはいい傾向。動きもシャキッとしてきたし、間に合ったと言えますよ」(梅内調教助手) 逃げてはバテるここ2走だが、叩き3走目、得意の距離で見直しが必要かも。
「放牧明けになるけど仕上がりはマズマズ。今回は札幌までの輸送を考えて軽めにしましたが、無事クリアしてくれれば、と思っています」(徳江調教助手) 今回の条件でオープン相手では?
「先週にもやっているし、輸送もあるのでこれで十分。相手は揃ったけど、このコースは得意だからね。その点に期待をしたいね」(鹿戸雄一調教師) 長期休養明けはやはり不利。コース巧者だが様子見が妥当か。
「今日はラストをシャープに決めろという指示。その通りの理想的な追い切りができたのは何より。時計も思ったとおりだったし、一応の目標は達成できたよ」(矢作調教師) NHKマイル3着だが多少展開に恵まれた感もある。距離短縮はOKだが古馬のオープン相手にいきなりはどうか。
「追い切りの動きは少し重い感じがした。この追い切りの後に変わってくれればいいんだけどね」(北出調教師) 前走はうまく展開が嵌った感じ。今回は別定でオープン相手では。
「先週福島のオープン特別を除外されたけど、既に仕上がっていたので何も不安はないよ。ただ、今回は相手は揃っているので、正直どこまでやれるかだね」(田中調教厩務員) 長期休養明けを一叩きしたがまだ一変とはいかず、今回も楽な戦いは?
「仕掛けてからの反応が良かったし、この内容なら悪く無いと思うよ。力を要する洋芝は多分合うと思うので」(中村調教助手) ここ一連の成績から判断しても、まだ本調子に戻り切っていない印象がある。
「今日はサッとやるだけの指示。その通りの追い切りができたし、状態はいいね。いい走りをしていたし、展開が嵌ればここはチャンス十分だと見ているんだ」(野村調教師) 体がもう少し回復すればが課題。初コースがどうかだが、展開が嵌ればまとめて差し切りも可能。
「今週栗東から入厩。このところゲートが今一つなので、この後テンションが上がらなければいいと思うけど」(大森厩務員) ここ2走がいずれも少差の競馬。初コースさえこなせば侮れない存在に。
「ここ最近の成績は今イチだけど、追い切りの方はキッチリできているし、状態も悪く無いんだ。あとはここの洋芝でキッカケを掴めれば」(吉岡調教助手) 年齢的に上がり目は望み薄。距離も少々忙しいか。
「追い切りはいい動きだったし、こっちに来てからも飼い葉喰いが良く、状態は言うことナシ。8歳になるけど衰えはないし、洋芝もこなせると思う。何とかタイトルを取らせてあげたいですね」(影山調教助手) 今回も展開が向くかどうかだけ。依然として衰えは見られず、決め脚は健在。
「叩いた効果が出て、動き・気配共に悪くはないよ。ただ歳が歳だし、ガラリ一変は難しいかも」(須貝彦三調教師) 一叩きでどこまで変わるかがポイント。コース巧者の有利さを生かせばまだ見限れないが。
「元々ゲートセンスはいい馬なので、前走のように発馬を決めて前々で競馬ができればいいと思いますよ」(門田調教厩務員) 重賞では一押しが足りないが、前走のような競馬ができれば軽くは扱えない。
「美浦から札幌までの輸送はクリアできたよ。あとは展開の助けがあればここでも、と思っているんだけどね」(久保田調教師) 取り消し後になる分仕上がり状態がポイント。順調さを欠いた点はマイナスだが、GIIIで3着の成績から全くの軽視は危険。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。