2008年5月10日(土)

11R

2008年5月10日(土) | 3回京都5日 | 15:45発走

第56回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

「連闘の疲れは見られないので大丈夫だろう。前走も不利があった割には内容が良かったし、少し楽しみ」(渡辺調教助手) 決め手不足で芝では鋭さ負けの傾向。
「前走は流れ、展開が全て。引き続き状態は維持できているし、今回も流れ一つでは、と思っています」(松田国英調教師) 器用な脚はないが末脚は確か。距離さえ我慢できれば差はない。
「先行有利な福島の開幕週で差し切った内容は評価できると思う。馬が充実してきたし、ここでもそれほど遜色はないと思うよ」(寺井調教助手) 500万特別を勝ったばかりだが、相手関係を考えると軽視はできない。
「引き続き順調。前走の勝ち方が良かったし、ここも自分の形に持ち込めれば差はない、と思っているんだけどね」(増井調教助手) 逃げて持ち味。スンナリ行けると渋太く、ここも展開一つで。
「まだキャリアが2戦ということで未知の魅力を持っているとは思うけど、今回は相手が骨っぽくなるからね。ここで即通用といくかどうかは正直、未知という感じ」(藤原英昭調教師) 器用さがある馬。距離はOKであとは相手関係だけ。
「デキは悪くないよ。前走はラストの粘りを欠いたが、芝自体の走りは悪くなかったからね。あとは相手関係だろうな」(目野調教師) 交流勝ちで芝の前走が平凡。今回は更に相手が強く狙い目薄い。
「デキがいいと思ったので連闘することにした。距離の延長は騎手もいいと言っていたくらいなのでOK。京都の外回りも条件的にはいいしね」(中尾秀正調教師) 決め手は遜色なし。連闘の疲れがなければ面白い。
「いつも以上に追い切りは動いてくれた。それだけ体調がイイという証拠だろうね。芝では連対を外さずまだ底を見せていないし、ここでも期待は十分だね」(佐藤正雄調教師) 前々で折り合える脚質は大きな武器。距離もOKで有力候補。
「元々が調教で動く馬じゃないのでこれで十分。芝でもやれそうな雰囲気はあるけど、スピードの裏付けがないのがどうか」(水元調教助手) 1勝馬、しかも良績がない芝では苦戦。
「動きは良かったよ。昇級初戦の前走がいい内容だったし、ここに入っても立ち回り一つで通用すると思っている」(片山調教助手) 徐々に力を付けてきている。多少パンチ力に欠けるがデキの良さを生かし切れば。
「今週は単走で追い切った割りにイイ時計が出た。状態は間違い無くいいと思うよ。距離はOKだし、本格化はもう少し先かもしれないけど、楽しみの方が大きいね」(西橋調教師) 芝の長距離は向いていそう。折り合いにも問題なく、上位争いは可能。
「ひと間隔空いたが仕上がりは悪くない。ここにきてだいぶ体の成長が窺われるし、距離の延長もOK。何とか結果を出して権利を取りたいね」(昆調教師) 器用に立ち回れる馬で、展開不問。距離延長も問題なく、上位可能。
「いい追い切りができたよ。自分から走るのをやめようとするところがあるので、集中させる意味でマイル前後を使ってきたが、距離は十分守備範囲。この相手ならそれ程ヒケは取らないと思う」(佐々木晶三調教師) まだ1勝馬だが厩舎ゆかりの血統。素質は見劣らず警戒は必要だろう。
「デキは変わりなくきている。前走の末脚は見事だったし、相手は強化されるが何とかメドが立つ競馬を、と思っているんだ」(小森調教助手) 相手なりの感じはあるが、この距離がどうか。もう少し短かめの方が良さそうだが。
「前走感冒で取り消した後は3日ほど休ませたが、その影響はないと思う。今回はメンバー的にそれ程図抜けた馬も見当らないし、案外やれそうな気がする」(音無調教師) 取り消しの影響が気になるところ。最終追いの動きがどうかに注意したい。
「前走は展開が向かなかった。芝・ダートは問わない馬だし、この相手でどこまでやれるかといったところだろう」(安田伊佐夫調教師) 良績の大半がダート。まだ1勝馬の身では苦しいだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。