sportsnavi

2008年12月6日(土)

11R

2008年12月6日(土) | 5回中山1日 | 15:20発走

第42回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 | レコードが出たレース

「乗り込んではいるがなにぶん超久々。距離は問題ないけど、息が持つかどうかだろう」(大久保洋吉調教師) なにぶん超久々。いきなりこの距離はどうか
「年齢的に上がり目は望めないが、元気はあるからね。距離延長は歓迎だし、馬場がよければ」(野中調教師) 長距離はもってこいだが、以前の勢いはやや薄れた印象。
「仕掛けてからの反応が良かったし、動きも満足でした。折り合いに心配がないので距離は大丈夫ですよ」(三浦騎手) 牡馬相手の重賞でどこまでやれるかがネック。
「デキはいいね。心臓が丈夫なので長距離はいいと思うし、バテない強みを生かせれば」(藤原英昭調教師) コース・距離はOK。あとは57キロをこなせれば。
「追い切りの感触は良かった。スピードと決め手の争いではどうかと思うけど、スタミナ勝負ならね」(久保田調教師) 初芝だが典型的な長距離血統でバテない強みを生かせば。
「引き続き順調。近走の内容から判断して、オープンでは厳しいかもしれない。馬場でも渋れば」(清水英克調教師) 重賞となるとやや分が悪い印象は否めない。
「馬場状態を考えれば時計は悪くなかった。昨年勝った時より状態だけなら今年の方が良さそうだし、楽しみはあるよ」(高井騎手) 昨年の覇者。2度叩かれてどこまで体調が戻ったかが鍵だろう。
「前走は不利が応えた。この距離は未知だが馬は元気一杯なのでいい結果を期待したい」(西橋調教師) 前走は4コーナーで不利。この距離でも折り合いの不安なく注意しておきたい。
「デキはキープしているよ。この距離は微妙に長い印象はあるけど、折り合いに不安はないので、スムーズに運べるようなら」(田村調教師) 牡馬相手のスタミナ勝負、しかも別定戦では楽じゃなさそうだ。
「叩かれて馬に気合が乗ってきたよ。この距離は実績があるし、今度こそ巻き返しといきたいね」(野中調教師) 叩いた効果と得意の距離で巻き返しは十分可能。
「負い切りの動きから状態は維持できている。距離は問題ないと思っているので、あとはこの馬向きの展開になるかどうかだね」(武士沢騎手) 菊花賞も1秒と負けていない。うまく末脚を生かせる流れになれば。
「一息入ったがマズマズ仕上がったよ。距離は大丈夫だと思うが上位までとなると」(奥平雅士調教師) ここに入るとやや力不足。
「今は爪の不安もスッカリ解消し、思い通りの調教が積める。今週の動きも良かったし、距離もOKなので楽しみだよ」(池江泰郎調教師) デキの良さを生かせればここでも上位争いをしても不思議はない。
「負い切りの動きは良かったね。菊花賞で2着した力が本物かどうかまだ半信半疑だが、今回が試金石と言える一戦だと思う」(橋口調教師) 実績から十分上位争いになるだろう。
「変わりなくきている。年齢的に上がり目はないけど、距離延長で変われば」(国枝調教師) 9歳で上がり目は望み薄。
「引き続き順調。この距離は問題ないけど、年齢的に上がり目は薄いからね」(庄野調教師) ハンデ戦の前走が負け過ぎで強調できず。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。