2008年11月9日(日)

11R

2008年11月9日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第46回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5800、2300、1500、870、580万円 |

「動きは悪くないけど、近走が案外。ハンデ差があるといっても強気にはなれないね」(星野調教助手) 52キロのハンデがあるといっても、近走の内容からは狙い目が薄い。
「間隔が詰まっているのでこれで十分。あとは道中の折り合いが鍵だけど、スムーズなら最後は確実に脚を使う馬だからね。何とか結果を出して欲しいが」(大久保洋吉調教師) 距離・コース共にOK。ここも流れ一つで喰い込み可能だ。
「引き続き状態は安定しているが結果が出ない。精神的なものが災いしているのかもしれないが、今回は軽ハンデだし、思い切った戦法を取ってみようかと思っている。展開の助けがあれば」(五十嵐調教師) 左回りは今一つ追い出してからの反応が鈍い。
「追い切りは予定通り。減っていた体も戻ったし、ハンデも53キロ。斤量差を生かしてどこまでやってくれるか楽しみだね」(鹿戸雄一調教師) ジャガーメイルにハナ差の2着。ハンデ差を考えると同馬も軽視は危険かも。
「一息入ったが中間は順調に乗り込み仕上がりはいいよ。ただ、今回は重賞で相手も揃っているから」(藤原英昭調教師) 500万??準オープンまで連勝を続けたが、さすがオープンに入ると楽な競馬はさせてもらえない。ただハンデ差を生かせば案外やれるかも。
「今日はラスト重点の追い切り。先週速いところをやっているのでもう息はできているからね。あとはハンデ差を生かしてどこまで」(高井騎手) 自分の競馬に持ち込めれば面白いが、あまり時計が速くなると苦しいか。
「骨折明けになるけど、中間は入念に乗り込んだし、今日もビシッと追い切った。ここを目標にしてきたし、休み明けでもいきなりやれると思っているんだ」(伊藤正徳調教師) 長期の休み明け、57.5キロのハンデを考えると力を認めても穴の域は出ないか。
「順調に使ってきているので追い切りはラストを重点。前走も着順ほど負けていないし、ここも流れ一つで善戦の余地はあると思うけどね」(鳴海調教助手) コース適性はまだ未知だが、スンナリ前々で競馬ができれば粘り込みも可能。
「久々になるが動きはマズマズ。ただ、今回は軽ハンデとはいえ格上、しかも重賞でメンバーも強力だからね」(阿部調教師) さすがに準オープンまでクラスが上がると自分の競馬はさせてもらえない。今回は更に上のオープンでは苦しいだろう。
「追い切りはこの馬がいい頃に比べると今一つの印象はあるが、1度使ったことで体の方は大分スッキリしてきた。この追い切りの後に変わってくれればいいけどね。とに角、ここで結果を出して大一番に向かいたいと思っているので」(松本茂樹調教師) 久々、太目に加えて発馬で出負け。位置取りが悪く伸び切れなかったが、コース替わりと叩き2走目で前進可能。58キロは目黒記念2着がありOK。
「中一週になるけど追い切りはしっかりやった。今回はハンデ差があるし、左回りの方がスムーズな馬。その点を生かして頑張って欲しいね」(額田調教助手) この距離は微妙に長い印象。
「今日は掛かり気味になった分、最後は一杯になったけど、動き自体は悪くなかったからね。ようやく復調気配が窺えるし、ここでもやれると思っているんだ」(庄野調教師) 叩き3走目の前走に復調の兆し。コースの不安もなく、ソロソロ警戒が必要かも。
「年齢的に大きな上がり目は望めないし、軽ハンデを味方にどこまでやれるかじゃないかな」(国枝調教師) 一連の成績から上位争いは厳しいか。
「前走時に比べて体付き・息の入り共に良くなっている。潜在能力はかなり高いと思うし、この相手でもヒケは取らないと思うけどね」(石橋脩騎手) 休養を挟み3連勝。勢いある今なら56キロでも。
「ここを目標に仕上げてきたので状態は文句なし。追い切りも今日は感触を確かめる程度だけどこれで十分。鉄砲はOKだし、斤量も苦にしないので問題なし。ここも期待は大きいですよ」(野中調教師) 鉄砲駆けは効くタイプ。58キロは背負い慣れた斤量で問題なし。調教次第ではいきなりの好走も。
「ローテーションが詰まっているが、馬は疲れもなく元気。今回はブリンカーを外して臨むので、うまく折り合って行けるようなら」(藤沢和雄調教師) 準オープンの古都Sを見事な末脚で差し切り。オープン相手はどうかの感も、コース巧者・54キロなら善戦可能。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。