IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年6月8日(日)

11R

2008年6月8日(日) | 3回東京6日 | 15:40発走

第58回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

「ここ数週にわたり強い調教をやってきたので今週は控え目。でもデキは文句ないよ。最近はある程度前で競馬ができるようになっているし、東京のマイルも好材料。楽しみだ」(大久保洋吉調教師) 得意の左回りに替われば前走以上は確実か。衰えは見られないし、今回も警戒は怠れない。
「飼い喰いが良くなってきたのは何より。そのぶん思い通りの調教ができるようになったしね。競馬の内容も除々にこの馬本来のリズムで走れるようになってきたし、実績あるマイルで楽しみ」(戸田調教師) 牡馬相手に善戦した京王杯。体もフックラして復調気配は濃厚。マイルがベストで一発あるかも。
「時計は予定していたより少し遅かったけど、動き自体は悪くないし、これなら大丈夫。前走後に少し疲れが出ましたが、今はスッカリ回復しているし、善戦を期待したいですね」(小崎調教師) もう1F短い方がベターかもしれないが、前走のマイラーズCでカンパニーの3着がありその点はOK。東京をこなせば。
「間隔は詰まっているけど今週はビッシリ追い切ったよ。動きは悪くないし、デキも上向いているが今回は牡馬の強豪が揃っているからね。あとは良馬場が望み」(河内調教師) 輸送して10キロ増。ラストの伸びを欠いたのは重目のせいかも?それでも5着に粘ったのは立派。あとは牡馬相手と体が締まっていれば。
「前走を使ったことでむしろ飼い喰いが良くなってきました。距離的にはマイルが一番適していると思えるし、あとは目に見えない疲れがどうかという心配はありますが、今回あたりはいい結果をだしてくれないかという気持ちはありますね」(角居調教師) 遠征帰りの疲労も杞憂に終った前走のヴィクトリアマイル。やはり距離適正は高かったし、馬体さえ回復していれば上位争い。
「馬場が悪かったので時計はかかったがいつも通りの追い切りができたし、状態面の不安はないよ。この馬にとって東京のマイルは一番適していると思うし、楽しみは持っている」(石坂調教師) ようやく本物になってきた感はあるが、重賞に入るともうワンパンチ欲しい印象。距離もやや忙しいかも。
「追い切りは余裕を残す程度にしたが、これがこの馬には一番いいんだ。昨年もきているので馬は落ち着いているし、状態に関してなら昨年以上と言ってもいいと思うので」(シュッツ調教師) 目下5連勝と破竹の勢い。マイルはベストだしコースも今年が2度目ならアッサリのシーンも。
「間隔は詰まっているけどビシッと追い切りました。最近は馬にズブさがでてきた感じがあるのでこの追い切りが刺激になってくれれば、と思っているんですが」(堀調教師) 前走は直線で不利。それでも意外に伸びが平凡で多少体に余裕があったのかも。絞れれば。
「追い切りは格下が相手だったし、時計的には平凡だがこれで十分。ベストはもう少し短い距離の方がいいと思うけど、最近はズブさが見られるので、距離を延ばしてみることに。新味が出れば」(手塚調教師) 京王杯で差のない4着。1Fの延長はあまり影響はないかも。
「追い切りの動きからは疲れは感じられないし、元気があるよ。このレースは昨年2着と走っているし、当日気持ちが乗っていれば動けて不思議はないんだ。あとは思い切った逃げを打って結果を出してくれれば」(田原調教助手) 前走は出負けが全て。マイペースの逃げが打てれば侮れ無い存在になるかも。
「美浦に滞在したことで間隔が詰まっているにもかかわらずキッチリ調教を積めたことは大きいね。距離はピッタリだと思うし、馬場も問わない馬。相手は揃うけど、期待の方が大きいですよ」(矢作調教師) 輸送減りが思った程大きくなかったことも幸い。マイルもOKだし、美浦入厩したことで体を維持できていれば。
「馬場が悪いし、時計的にはこの程度でいいと思う。確かに相手は強くなるけど、状態自体は前走を上回るデキだからね。それを武器に頑張って欲しい」(藤原英昭調教師) オープンのGIでは正直荷が重過ぎる印象は否めない。
「幾らか硬さは見られるがだいぶ良くなってきたんじゃないかな。ただ、今回は牡馬の一線級が相手になるので……その点がどうかだね」(国枝調教師) 幾らか復調が窺えた前走。一変はムリだが掲示板くらいなら。
「早くからこのレースを目標にしてきたので仕上がりに関しては文句ない。調教もそれ程必要ないタイプでこれで十分だしね。精神的にも成長が見られるし、マイル適正もあると思うので」(伊藤正徳調教師) キャピタルSで1分32秒台の2着があり距離は問題なし。東京も得意で要注意。
「来日後は独自の調教をしてきました。一昨年と同じように馬がシャキっとするようにスタートからビッシリやりましたが、いい感じでしたよ。これなら上位は間違いないと思います」(クルーズ調教師) 前走でグッドババ、アルマダに先着を許したが一昨年のこのレースの覇者。既に9歳で大幅な上昇は考えにくいが連下候補には。
「稽古は軽めだが雰囲気はいいし、馬も元気一杯。この状態なら力を発揮できるし、あとは良馬場で競馬ができれば楽しみだよ。直線が長い東京コースもこの馬には合うと思うしね」(サイズ調教師) 今回来日のグッドババに負けてはいるが、先行力は魅力。時計も持っていることを考えれば軽視はできない。
「先週、今週と2週に渡って強い攻馬をやりました。今はむしろこのくらいの追い切りをした方がいいと思うので。レース間隔も丁度いいと思うし、条件面もピッタリ。何とか勲章を、と思っています」(橋田調教師) 前走は位置取りの差か。あまりにも後ろ過ぎた感もあったか。マイルに延びてもう少し早目の位置で競馬ができるようなら差し切りも。
「先週に比べると更に動きは良くなっている感じを受けた。仕掛けてからの反応も良かったしね。実績がある馬だし、マイルもOK。あとは展開がハマってくれれば」(池添騎手) 前走は久々とマイルが応えたのかも。馬体が少しでも増えていたのは好材料だし、叩かれての効果とマイルも2度目なら前進が見込める。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。