IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2007年9月23日(日)

11R

2007年9月23日(日) | 4回阪神6日 | 15:45発走

第55回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

「今日はいい併せ馬ができたし、思い通りの調整ができたよ。春当時と比べても馬が逞しくなったし、トライアルでもそれなりの仕上げで臨めるよ」(藤原英昭調教師) 春より秋、というように徐々に仕上げていく方針だった馬。秋初戦が楽しみな馬だ。
「この中間も順調に調教をこなしてきたし、最終追いも上々の動き。今回は阪神に替わるし、この馬の力は出し切れると思うよ」(松田国英調教師) 距離はいいはず。ただ、今回は相手が多少骨っぽいかも。
「この夏を使いながらも順調に過ごせたし、2連勝と力も付けてきている。距離の長いところは向いているし、ここでどれだけやれるか楽しみ」(藤沢則雄調教師) 地力強化は認めるが、ここでは相手が強すぎるか。
「今日は上がりを重点の追い切り。まだ多少体に余裕を感じるけど、何とか本番への権利を取って欲しいと思っているんだが……」(小崎調教師) 青葉賞2着はあるが、まだ信頼度という点では一息。
「先週やっているので今週は馬なり調整。でも動きは悪くなかったよ。距離の長いところは良さそうだし、この相手でどこまでやれるか楽しみはある」(小牧騎手) 前走の敗因は道悪かも。良馬場で改めて注目したい。
「前走でも体に余裕があったからね。一叩きして締まってきたし、ここにきて末脚に切れが加わってきたのも好材料。ここでも案外の競馬ができるんじゃないかな」(中村調教師) ハンデ戦とはいえ、久々で古馬を相手に勝利。力を付けたことは間違い無いが、この相手でいきなりはどうか。
「追い切りの感触は悪くありませんが、道中でフッと息を抜こうとするところがあります。実戦でそれを出さなければ」(幸騎手) 今年に入ってからの成績が今イチ。やや頭打ちの印象がある。
「先週やっているので、今日はテンションを上げない程度の調整。前走が休み明けで古馬相手に快勝。力はあるし、当日に落ち着きさえあれば面白いのでは」(庄野調教師) 逃げが武器でここもマイペースで運べるようなら残り目は考えられる。
「馬の特徴を(折り合い等)掴んでもらうために岩田騎手に乗ってもらっている。追い切りは時計こそそれほど速くないけど、動きは良かったからね。仕上がりも悪くないし、馬体増も太目ではなく成長分と見ていいからね。実戦で流れに乗れれば」(音無調教師)
「この中間も順調に乗り込み、仕上がりはいい。前走後はここを目標にしてきたし、他の有力どころが休み明け。順調さと勢いで何とかならないかな」(松田博資調教師) 3連勝の勢いは確かに魅力。あとは力関係だけだろう。
「体付きは良くなったと言えば言えるが、悪く言えば少し太目残りかもしれない。それでも、今回は目標に向けて実のある競馬をしてくれることを期待しているんだ」(橋口調教師) 古馬相手の目黒記念を経験したことは大きいはず。当日の馬体次第では面白いかも。
「併せた相手が動くので、追い切りはこの馬にしては上々と言ってもいいんじゃないかな。春と比べても走るフォームが変わってきたし、頭の高さも改善されてきている。いい状態で出走できると思いますよ」(松田国英調教師) ダービーは出負けが応えた感じ。この中間も乗り込み十分で力を出せる仕上がりだ。
「追い切りの動き自体は悪くなかったけど、インフルエンザ騒動で帰厩が遅れてしまったからね。距離面の心配はないけど、その点(調整遅れ)がどう出るか……」(大久保龍志調教師) 古馬相手の宝塚記念は惨敗したが、ダービー2着は評価できる。ただ、調整遅れの不安もあり、その点は微妙。
「予定通りの追い切りができました。馬体はそれ程大きくなったという印象はありませんが、成長は感じられますよ。仕上がりの早い馬だし、力は出し切れると思います」(吉村調教助手) 確実な末脚は魅力。阪神は初めてなのが気になるが、外回りは好都合だろう。
「馬体自体は春より良くなってきた印象があるけど、今週の動きは少し物足りなかった。それでも能力はある馬だし、今回は地力に期待といったところかな(大久保龍志調教師) ダービーは案外だったが、競馬にいって渋太いタイプ。ただ今回は乗り込み量がやや足りない印象があるかも。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。