2007年9月16日(日)

11R

2007年9月16日(日) | 4回阪神3日 | 15:45発走

第25回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「春に比べて馬が逞しくなり、思い通りの調教ができるようになったのは何より。追い切りはラスト重点だけど、先週追い切っているのでこれで十分。騎手も感触を掴んでいるし、楽しみ」(平田調教師) オークスは勝ちにいっての負け。末脚一手の脚質から脱皮し、安定感が増したのは評価できる。
「阪神に入厩したことで馬に落ち着きがあり、状態はいいよ。ただ、今回は相手が強いし、どこまでやれるかだね」(浅野調教師) 馬体増は成長の証。ただ500万に入ってから頭打ちの感あり。
「デキは悪くないし、使い込んできている疲れも無い。距離の延長も問題ないと思うが、今回は相手が強いかな」(飯田雄三調教師) 未勝利勝でこの距離、このメンバーでは強調材料なし。
「一応の時計は出たけど、馬は春当時とそう変わった感じはしません。間が開いたせいもあり、息の入りも今一つだし、相手も強いですからね。あとは少しでも落ち着きがあればいいんですが」(松岡騎手) 馬体が成長していればここでもそれ程力の開きはないハズ。
「ここまで色々な調整方法を取ってきた馬ですから、DWで追い切ったことも全く関係ありません。ここまで順調に調整できたし、いい状態で出走できますよ」(松田国英調教師) ここを目標に入念に乗り込まれている。この距離ならスピードで押し切れそう。
「今日はそれ程強い調教は指示していなかったが、自然といい時計が出た。ここにきて馬が本格化してきた感じだね。元々、芝の方がいいと思っていたし、相手は強いが楽しみはあるよ」(服部調教師) 芝の良績がない点は気になるが、力を付けていることは確か。時計がかかる馬場なら。
「春と比べてパワーアップしていることは調教の動きから間違いない。使ってきた強みは大きいと思うし、ここでどれだけやれるかが問題だけど、楽しみの方が大きいですよ」(増井調教助手) この夏は2連勝とここにきて地力アップが歴然。体調がものを言う牝馬戦なら好勝負になるだろう。
「今日は騎手を乗せての追い切りだったけど、それにしてもよく動いたよ。仕上がりは悪くないし、本番に向けていい競馬をしてくれれば」(国枝調教師) 距離はむしろこのくらいの方が良さそう。末脚を生かせる流れになれば。
「きょうの追い切りの動きをみて改めて“走る”な、という認識を持ったよ。今回は相手も強いが、ここでもいい結果を出して欲しいね」(音無調教師) 大柄な馬で久々がどうか微妙だが、能力は高く、軽視は危険。
「今日の最後の伸びは凄かったね。かなり切れる脚を使う馬だよ。この感じなら、ローズSでも楽しみだ」(松田国英調教師) 牝馬同士ならそれ程力の開きはない。押さえは必要か。
「ここまでの追い切りの動きがとに角、良かったからね。デキはいいと思うよ。鞍上の指示に従順な馬で、前々で運べるのも有利。相手は強くなるけど、自在に立ち回れる器用さを武器に権利を取りたいね」(西園調教師) 先行差しの安定した脚質。勝ち負けにはワンパンチ足りないかもしれないが、押えておく必要はありそう。
「今日は最後までしっかりした脚取りで状態はいいと思う。今回は相手が揃っているので、何ともいえないけど、今後に繋がる競馬ができるようならいい」(佐藤哲三騎手) 2連勝と勢いアリ。まだ伸びる余地を秘め、注意はしておきたい。
「体はできているのでケイ古はこの程度で十分。1勝馬だが、相手なりに走るし、牡馬相手に善戦してきた力は評価できると思う。決め手ではヒケを取らないし、阪神の外回りで直線が長くなるのもいいと思う」(山下調教助手) 毎回堅実。コース替りにも好感が持て、複穴くらいには。
「今日は最後まで諦めずに喰らい付いてきたし、状態はいいですよ。ここにきて馬がしっかりしてきたし、順調に使えるのがいいですね。相手は強いけど上位を狙うつもりで頑張ります」(荻野琢真騎手) 未勝利を勝ったばかりでここでは力不足。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。