2007年11月23日(金)

11R

2007年11月23日(金) | 5回京都9日 | 15:40発走

第52回京阪杯(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「久々を叩いての良化は見られるが、まだ本調子には欠ける感じ。距離短縮はいいので少しでも前進があれば」(柴崎調教師) 久々の前走が太目残り。一叩きの良化は見込めるが、フェアリーS後の成績が案外。
「調教は動かないのでこれで十分。前走は逃げた馬に残られてしまったけど、この距離は崩れないので改めて期待したい」(野村調教師) この距離は堅実。京都も得意で侮れない。
「追い切りの動き自体は良かったよ。あとはこの馬の競馬をしてどこまでやれるかだけでしょう」(木幡騎手) とに角テンのダッシュは速い馬。ここも先手を取って逃げれば残り目もある。
「使い込んでいるけどあまり調子に変動がないタイプなので状態は維持している。いつも通りこの馬の持ち味が生かせる展開になればだね」(中川調教助手) 追い込み脚質で展開一つ。前がやりあうようなら。
「追い切りは思っていたほど動かなかったけど、元々の力はある馬。この後変わり身を見せてくれるといいんだけど」(坂口正大調教師) 距離の適正はあるもののオープン相手では荷が重い。
「引き続き好調を保っている。前走は少し窮屈な競馬になってしまったがそれなりに伸びていたからね。今回は本来のパターンに戻して前進を期待したい」(手塚調教師) 前走の伸び脚はなかなか。1ハロンの短縮は好材料で軽くは扱えないか。
「前走は不利があっての敗戦で力負けじゃないからね。乗り難しい面はあるけど、能力は見劣らないし、展開が向けば」(南井調教師) このコースは得意。距離もOKであとは差し脚を生かせるかどうかだけ。
「一息入っているけど仕上がりはマズマズ。今回も相手は揃っているけど、良馬場なら見直せると思うんだ」(畠山吉宏調教師) 重賞になるとワンパンチ不足気味。
「先週の日曜日にやっているので今日はこれでOK。今回は57キロを背負う点がどうかという気がするけど、能力は高いし期待は持っている」(音無調教師) ここにきての充実振りは本物。ここなら首位争いは濃厚。
「今日は時計も良かったが何よりラストまでしっかりした脚取りだったのが良かった。一叩きの効果が見られるし、今回は動けると思うんだ」(宮調教師) 叩いた効果を見込んでもここ一連の成績が案外で上位争いまでは?
「使いつつ馬は良くなっている。ここ2走は馬場が悪くて不発に終っているが良馬場なら見直せる馬。距離もいいと思うしね」(橋口調教師) 京都は相性が良く、距離の短縮も歓迎。上手く展開が嵌れば。
「追い切りは少し飛ばしすぎた分一杯になった感じ。ただ、歳のせいか良化の度合いがスロー」(田島調教師) 一頃の勢いが薄れてきた感じ。時計の争いになると苦戦しそう。
「一息入っているけど大柄な割りに仕上がりの早いタイプで太目の心配はないよ。力を出し切れる仕上がりだし、いきなりでもいい競馬ができそう」(橋口調教師) 一息入ったが坂路の動きは上々。このメンバーなら上位にランクできる存在。
「放牧先でも乗ってはいたが、何か体がスマートに見える感じ。その点が少し気になるんだ」(須貝調教師) 前走は同型が少なく恵まれた面も。今回は速い馬がいる事で展開面が鍵。
「追い切りはこれで十分。早くから期待をしていた馬で、ようやくソエが固まって力を出せるようになってきた。今回はオープン相手になるけど楽しみはあるよ」(目野調教師) 前走は外枠で揉まれずに競馬ができたのが好走の原因。ただ今回は相手が揃った。
「叩いての良化は見られるが、年齢的に大きく変わった印象はみられないから」(阿部調教師) 年齢的に大幅な上がり目は望み薄。
「動きは悪くない。前走は馬場が全てで良馬場で競馬ができれば巻き返しは期待できると思う」(中野隆良調教師) 近走はあまり前に行けなくなっている。成績もイマイチ不振で上位争いは?
「動きは良かった。前走は結果的に行かせたことが裏目に出てしまった。今回は脚をタメて競馬をする予定で、うまく末脚を温存できれば」(二ノ宮調教師) 持ち時計が今一つ。速い時計の決着になると分が悪いかも。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。