2007年1月28日(日)

11R

2007年1月28日(日) | 2回京都2日 | 15:45発走

第42回京都牝馬ステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「状態は維持しているが、今回は格上挑戦でしかも重賞だからね。脚質的にも差し一辺倒で展開にも注文が付くので」(音無調教師) マイルは忙しい印象でもう少し距離が欲しい。
「前走後もいい状態を維持している。ここにきて安定した成績を残しているし、マイルも大丈夫。どこまでやれるか楽しみ」(宗像調教師) ベストは1800??2000メートルでこの距離は忙しいかも。
「反応が良かったし、動きも上々。デキには満足しているし、この馬にピッタリの条件で楽しみはありますよ」(高田騎手) 距離はベスト。今回は牝馬戦で見直しは必要かもしれないが……。
「追い切りの動きは文句無し。遠征の疲れは全く見られないし、このデキで牝馬限定戦なら期待できると思っている」(岸本調教助手) 前走(香港)はイレ込みが敗因か。輸送で落ち着きを保っていれば好勝負。
「やはりダートは今一つだった。多少体に余裕はあるが、輸送で丁度良くなると思う。ここは目標のレースだし牝馬限定戦。距離もピッタリだからね。ここでいい結果を出し、最高のスタートを切りたいと思っている」(奥平雅士調教師) 桜花賞3着の力を評価。京都も不安なく注意はしておきたい。
「感じは悪く無いけど、近走の内容が今一つ。今回は距離短縮に期待といったところかな」(戸田調教師) ここでは力量的に分が悪い印象。
「この中間は十分に追い切ったし、今までとは雰囲気が違ってきたと思う。状態面で上昇が見込める今回は今まで以上にやれるのでは」(松田国英調教師) 休み明けの3走が案外で狙い目は薄い。
「距離の短縮はいいけど、成績からはとても強気なことは言えないね。正直、どこまでやれるかといったところ」(坂口正則調教師) 距離短縮はいいが上がり目に疑問。
「追い切りの動きは最後までしっかりした走りをしていたし、状態はいい。この距離もむしろこの馬には向いていると思うし、期待を持っての出走」(高橋成忠調教師) 一息入れて復調ムード。マイルも問題なく、展開が向けば面白い。
「今回は相手が相手で何とも言えないけど、このくらいの距離はそう崩れないからね。デキの良さを生かしてどこまでやれるか楽しみはあるよ」(中野隆良調教師) 昇級、しかも格上挑戦と条件厳しいが、充実著しく軽視は。
「前走は除外の影響があったと思う。今回は順調に調整できたし、この距離も守備範囲で問題無いから。巻き返しを期待したい」(西浦調教師) 今ならマイルくらいの方が持ち味が出せる。要注意。
「このところの成績は案外だけど動きは悪くないし、状態はいいんだ。この距離は心配無いし、何とかキッカケを掴んで欲しいが」(増沢調教助手) 近走の内容がパッとせず、今回も一変は疑問。
「ケイ古の感じは決して悪いとは思わないけど、息の入りがもう一つ。このあと変わってくれるようなら」(宗像調教師) 速い時計の裏付けはないが、デキの良さを生かせれば。
「好調をキープ。折り合いが付いていいケイ古もできたし。マイルは問題無いし、あとは末脚を生かせる流れになってくれれば、かな」(田中章博調教師) 問題は馬体の維持だけ。距離は問題無し。
「今日はラストを重点の追い切りだったけどいい感じだったよ。気持ち良さそうに走っていたのもいい材料。7歳とはいえ、年齢的な衰えは全く無いので」(中村調教師) 昨年の覇者。自在性アリここでも。
「動きは良かったね。ただこの馬は競馬にいってアテにし辛い面があるからね。集中して走ってくれれば」(池江泰郎調教師) この距離はやや短い印象。末脚を生かせる流れなら喰い込みも考えられるが。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。