2007年3月11日(日)

11R

2007年3月11日(日) | 2回中山6日 | 15:35発走

第25回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

「追い切りの動きは良かったし、馬体も回復している。あとはうまく折り合って行ければ」(中村調教師) 一頃の勢いは感じられないが叩いた効果は見込めそう。
「先週速いところをやっているので今週はこれで十分。馬体が充実しているし、いい結果を期待したい」(戸田調教師) 復調に手間取っている感じがある。ただ中山は得意で軽視はできず。
「追い切りは速い時計が出たけど、まだいい頃の動きには一息の感じがするので」(藤原英昭調教師) もう一押しが効かない感じ。能力差は無いが、複勝の対象までか。
「動きは悪くないしデキは維持している。中山にあまり実績がないけどそれは心配無いと思う。力を出し切れるようなら」(片山調教助手) ムラな面がある。力は互角だが信頼度は一息。
「短期放牧に出していたが向うでも乗っていたのでいい仕上がり。動きも良かったし、この斤量なら」(宗像調教師) コース、距離共にOK。ここも上位争い。
「やり過ぎると良くないので気持ち余裕残しの追い切り。状態はいいし、うまく流れに乗れれば」(高橋成忠調教師) 毎回顕実。初コースを克服できれば。
「十分に乗り込んできたので仕上がりに不安はない。馬体が増加しているのは成長分だからね、問題はないよ。ハンデは厳しいがここでも期待は持っている」(古賀慎明調教師) 久々はOK。この距離ならアッサリも。
「帰厩後はここを目標に乗り込み、いい仕上がり。今週の一追いでより上向くと思うし、得意の距離、コースで頑張りたい」(栗田調教助手) 久々がどうかの課題はあるが、このコース得意で軽視はできない。
「今週の併せ馬の動きは良かった。強敵相手だけど軽ハンデとデキの良さを生かして頑張りたい」(木幡騎手) 大きくは負けないが坂があるコースでは一息の感じ。
「今日は前半飛ばしたためラストはかかったけど動き自体はいいから。軽ハンデを生かして少しでも上を」(中野隆良調教師) 前走は距離と重馬場。良馬場なら見直しも。
「乗った感じが少し重い印象があったのでビシッと追いました。これで変わってくれると思います。斤量も手頃で期待は持っています」(吉田隼人騎手) 近走がイマイチ。条件は悪く無いので見直したいが。
「デキは悪く無いけど、近走の成績が成績であまり強気なことは」(戸田調教師) 成績不振で例え軽ハンデでも。
「予定通りの追い切りができた。中山のこの条件はピッタリだし、このハンデもいいと思う」(加藤征弘調教師) この距離は得意。中山も相性良く怖い存在。
「動きは良かったね。ベストはマイルくらいだけどこの距離にも対応できると思う。軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(藤沢和雄調教師) マイルまでが理想でこの距離はやや長いかも。
「馬体が充実。ベストは京都のマイルだけどここでもタメが効くようなら大丈夫だと思うよ」(松田博資調教師) ベストはマイル。1ハロン長いか。
「中間は放牧に出し、ここを目標に仕上げてきました。まだ奥の深さがあるし、ハンデ差もあるので楽しみはありますよ」(田村調教師) 51キロは魅力。まだ底を見せていない魅力は大きい。 提供;競馬最強の法則WEB

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。