2007年1月6日(土)

11R

2007年1月6日(土) | 1回中山1日 | 15:25発走

第56回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

「いいケイ古ができた。ここ数戦が不完全燃焼でまともに走ってくれれば遜色はないと思う。揉まれずに行ければ」(二ノ宮調教師) 軽ハンデでも近走の内容からは強く推せない。
「時計はこの程度で十分。ただ近走が今一つパンチ不足の印象があるので強気なこともね」(田原調教助手) 以前の迫力が薄れた感じがある。
「追い切りの動きは良かった。相手は強いが軽ハンデを生かして少しでも上を目指したいね」(山吉調教助手) 一線級相手ではきついがGIIIなら通用する可能性もありそう。
「今日は折り合いが付いていい感じのケイ古ができた。馬に落ち着きもあるし、この距離も我慢できると思う」(長谷川騎手) 2000メートルは気持ち長いかも。ハンデでそれをカバーできればいいが。
「帰厩してからも順調。末脚を温存できればいい脚を使う馬なので、うまくタメて行けるようなら」(加用調教師) 福島記念2着だが、まだ信頼性は一息。初コースがどうなのか微妙な印象。平坦コース向きの感じも拭えず。
「障害練習の効果なのか調教の動きはいつになく良かった。軽ハンデを生かし、少しでも前に来られれば」(谷原調教師) ここでは力関係で劣勢。
「状態はいいけど近走の成績からは今一つ役不足の印象。軽ハンデを生かしてどこまででしょう」(戸田調教師) オープン相手では力でやや見劣る。
「冬場は太り易いが今回は大丈夫。ここを目標にしてきたし良馬場で競馬ができれば」(鶴留調教師) 9歳だがそう力の衰えは感じられない。ただハンデの57.5キロは微妙。
「調教の動きは悪く無い。ただ今回はオープン、しかも重賞だからね。この馬も力を付けているが、いきなりはね」(加藤征弘調教師) 一気のオープン挑戦はきつい。スンナリ行けるかどうかも微妙だ。
「併せ馬で遅れた点は少々不満だが、デキは変わりなくきている。今回は2000メートルを使うが、ここでキッカケをつかめるといいけど」(橋口調教師) 一頃の面影が全く感じられず。馬体も今一つ絞り切れない。
「調教の感じは今一つ。あとは精神面で変わってくれることに期待したいが」(音無調教師) このメンバーなら威張れる成績の持ち主。ハンデの55キロも歓迎だし、叩かれての良化も見込める。
「スムーズでいい感じの追い切りができた。ハンデもいいし、中山も相性がいいからね。何とかもう一つ重賞を取らせて上げたい」(池江泰郎調教師) ここ数戦の内容が悪く無い。ハンデの55キロも恵まれた感じがありソロソロ怖いかも。
「体付きを考えてここ2週に渡ってしっかり追った。この馬は手前を替えるのがギコチないので今回はハミを替えてみるつもり。それが好結果生めば」(大久保洋吉調教師) 詰めは甘いが53キロのハンデなら好走余地あり。
「一叩きして馬はグンと良くなってきた。ハンデも守備範囲内だし、ここが目標のレース。いい結果を期待している」(梅内調教師) ここ目標に順調な仕上がり。ハンデも許容範囲で上位争いか。
「デキ自体に大きな変化はないですが、いつ走るか分からない気分屋なところがありますからね。集中力を途切らせずに走らせられれば」(橋口調教師) 2000メートルなら巻き返しは可能。時計がかかれば更に有利だ。
「輸送もあるし追い切りは目一杯はやらなかったが、これでいいと思う。少し行きたがる面はあるけど、上手く末脚をタメられるようならここでも」(友道調教師) この距離はベスト。ただ坂があるコースがどうなのかが気になる。それさえこなせば上位争いは可能。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。