2006年2月12日(日)

11R

2006年2月12日(日) | 2回京都6日 | 15:45発走

第46回きさらぎ賞(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4200、1700、1100、630、420万円 |

「疲れが見られたのでリフレッシュ放牧に。ただ幾らか体に余裕があるのは確か。それを考えて目一杯にやったんだ。ここまでの成績から判断して力は見劣らないと思うし、ここも期待は持っている」(松田博資調教師) 1勝馬ながら現在オープンに所属している馬と接戦してきた力は侮れない。
「ケイ古の感じは思っていた以上にいい動き。だいぶケイ古で動くようになったし、成長の跡が窺えますよ」(武豊騎手) 「前走は外に出せず、厳しい競馬になってしまった。でもここにきて馬が成長しているのはいい材料。今回は広々した京都コースに替わるし、改めて期待をしたい」(橋田調教師) 素質は感じるがいまだ500万下の身。勝ち負けまでいくかどうかは疑問。
「今日は一杯にやってくれとの指示。ケイ古の感じは悪くなかったし、時計がこれだけ速いのにも驚いた。それ程ケイ古駆けしない馬だからね。前走は距離が忙し過ぎたが、この距離なら違った結果が期待できると思う」(池添騎手) どちらかと言うと瞬発力に欠ける感じ。ただ今は馬場が荒れて時計がかかるようになっている。そのあたりに希望が持てそう。
「前走は降雪の影響で時間を要したことで体が減ってしまったがそれは回復している。ただ決め手に欠けるところがあるので瞬発力勝負では分が悪いだろう」(伊藤調教助手) 堅実な馬だが速さ負けの感じが強い。
「休み明けになるが十分に乗り込んできたのでいい仕上がりにあると思う。まだ1勝の身だけど血統は筋が通っているし、潜在能力の高さならヒケは取らない馬。本格化は先だろうが、それなりの走りはしてもおかしくないと思っている」(後藤調教師) クラフトマンシップ、クラフトワークとあにはいずれも重賞ウィナー。スケールは兄以上の感があり、大穴候補。
「前走は距離延長が影響したのか掛かり気味だったが3着とバテずに走ってくれた。今回は相手が強くなるので強気にはなれないが、どこまでやれるか力試しの意味も含めての挑戦」(郷原調教師) ここではキツイだろう。
「追い切りは重目もなくいい感じ。追えばいくらでも伸びそうな感じさえあった。前走は57キロを背負っての勝利だったし、あれは価値があったと思う。今回も同斤量だけど経験済みだし、成長が著しい今なら期待は大きいね」(石橋守騎手) ここなら能力は一枚上。前々に行ける脚があるのも心強いし、軸に最適。
「ここ2走は敗因がハッキリ。基本的にマイルは忙しいし、この位の距離の方が持ち味を生かせそう。まだ全体的に若さが残っているし、相手も揃っているので強気にはなれないが新味を出してくれれば」(大根田調教師) ここでは正直厳しいだろう。
「それほど調教で動く馬じゃないのでこの程度で十分だと思う。ただ気性の難しさがある馬だから、それを出さなければいいけどね。それでも勝負にいっていいタイプだから期待はしているけど」(音無調教師) 前走がGIIIで2着とはいえ、それ程レベルが高いといった印象がなかった。成績は認めるが過信は……。
「前走の競馬は強かったね。やっと馬が良くなってきたし、放牧の効果が出たようだ。今回は相手が一気に強化されるが、この馬自身どこまでやれるかという楽しみがあるし、京都の外回りも合うからね。その点にも期待をしているんだ」(角居調教師) 確かに前走の勝ち内容は一皮向けた印象があるが、いきなり通用するほど甘くないだろう。
「ケイ古の動きから順調そのものと言っていいと思う。前走は道悪が影響したにもかかわらず2着と頑張ってくれたが、本来は良馬場でこその馬。ただ、今回は相手関係が厳しくなっているので楽な競馬は望めそうにはないが、相手なりに走る堅実さに少し期待。取りあえず今後につながるレースをしてくれればいいと思っている」(中竹調教師) 大とびの馬で良馬場でこそ持ち味。距離不安もないがいきなりここでとなると?
「今日は正味5ハロンからの追い切り。いい動きだったよ。前走は行く馬がいないので押し出される形で逃げ切るレースになってしまった。それが今後にどう出るかを心配したが行きたがる素振りはなかったし、これなら安心。距離延長も不安もないし楽しみ」(四位騎手) スピード、瞬発力共に上々。器の大きさ感じる馬で上位争いか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。