IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年10月1日(日)

11R

2006年10月1日(日) | 4回中山8日 | 15:40発走

第40回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:小雨 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

「馬体が減る事を考えてセントウルSを回避したのが正解でしたね。いい感じに仕上がっていますよ。今日は距離を意識しての追い切りでしたが、動き、反応ともに良かったですから。後は末脚を生かせる形になってくれれば」(堀調教師) 決め脚はここでも1、2を争うモノがある。坂もこなせるし、追い込みが決まる流れなら。
「下が悪かったこともあり、ノメッていたにしても何か物足りない動きだった。この馬が本当に良かった頃と比べると今一息といった気がする」(池添騎手) 久々を一叩きされての上積みは見込めるが、近走の内容が一息。
「来日後は輸送も含めて全て順調にきています。木曜は芝でキャンターを行い、金曜日に騎手を乗せて追い切る予定でいます」(シダール調教助手) 2走前にテイクオーバーターゲットを下している。GI2連勝中と勢いもあり、初コースを苦にせねば勝ち負けも十分ある。
「距離を意識して今日はテンから飛ばすように指示。ラストまでしっかり伸びていたし、状態はいいよ。前走は下が悪かったうえに位置取りも良くなかったことで力を出し切れなかったが、中京より広い中山なら結果も違うハズ。スムーズな競馬ができれば」(白井調教師) 久々の芝で7着だが差は少なかったので不安無しと見たい。2走目で更に上積みが見込めそうだ。
「追い切りは終いを重点に、の指示。ローテーションが詰まっているのでこれでいいと思います。とに角、輸送すると体が減る傾向があるので、当日いかに馬体を維持できているかが鍵でしょう。馬場状態は問わないし、何とかGIを取らせてあげたいと思っています」(池添騎手) 昨年は大幅な馬体減。前走が-10キロというのも不安。輸送で再度体が減らなければいいが。そこがポイントか。
「動きからは変わりなくいい状態を維持しているといった感じ。前走は直前に降った雨の影響で思ったほど行けなかったのが敗因だと思うが、今回は相手が揃っていますからね。勝ち負けまでとなるとどうでしょうか」(橋口調教師) 中山に良績がなく、狙い辛い。
「追い切りはラストを伸ばすつもりだったが、馬場が渋っていたこともあり、思ったほどの切れはなかった。でも先週の時点よりは良くなっている。今回も強い外国馬がいるけど、中山も心配無いし何とかいい結果を出して欲しいと思っている」(東田調教助手) 休み明けの不安なし。鉄砲は[3、1、0、1]と実績抜群。57キロも魅力で展開向けば。
「追い切りの動き、時計ともにいいし、状態は間違い無くいいんですよ。年齢的な衰えも感じられないしね。ただ、競馬に行って結果が伴わない状況なので」(森調教師) 一頃の勢いに欠ける印象。上位争いは疑問。
「輸送の疲れもないし、飼葉の喰いも良好でここまでは順調そのものと言ってていいでしょう。今後は木曜にキャンターを行い、金曜日に調教師の指示による調教をやる予定です」(ガイヤール厩務員) GIに出走の実績なし。また直線競馬のみでカーブを上手く回り切れるかどうかの不安も残る。
「以前と違い掛かるところがなくなり、スムーズな追い切りができたよ。ここ数戦が不利などもあって不完全燃焼だけど内容は悪く無いからね。道中一度はいい脚を使う馬だけど、さすがに今回は相手が揃った感じがする」(西田調教助手) 年齢を感じさせず頑張っているが、時計が速いと苦戦。多少でも下が渋れば。
「先週速いところをやっているのでこの程度でも大丈夫だと思います。以前見られた途中で走るのを止めようとする欠点もなくなりましたし、精神面の成長が見られるのも好材料。あとは差し脚を生かせる展開になるようなら」(渡辺騎手) 叩き良化型。2走目の前進は見込めるが脚質が追い込み一手で展開がはまれば。
「先週速いところをやっているので今日は強い調教はしなかったが、これは予定通り。気合乗りはいいし、状態も完璧に近いのでこの相手でもいい結果を期待している」(久保田調教師) OP特別を勝っての挑戦だが、いきなりGIでは荷が重過ぎる。
「中山コースに対する不安は何もありません。ただ前走後に少し体が増えたが調教をビシッとやっているので競馬の前にはキッチリ体重は戻ると思う。一応、金曜日に騎手に乗ってもらい、最終調整をする予定なのでいい状態で出走できると思います」(ジャニアック調教師) 負けはしたが輸送、初コース等をこなし、更に59キロを背負っての2着は評価できる。57キロで出走できるのは有利で坂をこなせば勝利も。
「今日は馬をシャキッとさせるためにテンを飛ばす調教を。でも馬は仕上がっていますからね。確かにまた体が大きくなっていますが、これは馬は歳とともに大きくなるものなので心配していません。昨年ほどの勢いはありませんが、それに近いデキで出られると思います」(クルーズ調教師) 来日して間がなく、輸送疲れが心配だがコース経験がある上に昨年の覇者。再57キロなら侮れない。
「距離を意識してビッシリやるように指示しました。時計も速かったし、これなら不満はありません。逃げにこだわる馬じゃなく、どこからでも競馬はできる馬で良馬場でレースができれば……」(森調教師) 京成杯AHを快勝と勢いはある。ただ今回は1200mで自分の競馬をさせてもらえるかどうか、その点に不安がある。
「今日は単走で追い切りました。併せるとどうしても気合が入ってしまいますからね。体のほうもスッカリできているし、何も言う事はありません。前走も素晴らしい末脚で差し切ったように短距離の適正が一番合うし、ここでもヒケは取らないと思っています」(片山調教助手) セントウルSを自重してここ一本に備える。中山の実績もあり揉まれずに競馬ができれば。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。