2006年3月26日(日)

11R

2006年3月26日(日) | 3回中山2日 | 15:25発走

第13回マーチステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「この中間も元気一杯。追い切りの動きも満足いくし、これなら期待してもいいかな。元々が将来性を高く評価していた馬だからオープン相手でも不安より期待の方が大きいしね。ハンデ戦でもあるし、楽しみ」(田村調教師) キャリア浅くまだ底を見せていない魅力がある。ここでも。
「転厩馬で詳細は分からないが、調教を見た感じは悪くないですよ。スンナリ行けるといいタイプのようで、そういう形のレースができれば」(古賀慎明調教師) 51キロの軽ハンデだが力関係厳しく、今回は?
「放牧から帰厩後は順調そのもの。最終追いも良かったし、いい状態で出られそう。年齢的な衰えも見られないし、53キロのハンデもいいですからね。後はスムーズにレースができれば」(奥平雅士調教師) 昨秋からのレース内容がイマイチ精彩を欠く印象。
「ここまで除外など色々あって納得がいかないケースが多かったが、今回はそんな事もなく順調に来られたし、予定通りに使えるからね。この順調さは大きいし、改めて期待したい」(土田調教師) 見限るのは早いかもしれないが、何か頼りない競馬といった印象。
「引き続き好調をキープしている。今回も59キロのハンデだが、前走は軽ハンデの馬にやられたからね。この馬自身は斤量は苦にしないが、また軽い馬にということもあるからね。それさえなければ」(中野隆良調教師) このハンデでは楽観視はできないが、前走内容を見る限り大きくは崩れそうにない。
「少し重目の印象があったので一杯に追い切ったが、動きは悪くない。調子落ちは見られないし、ここ2走を度外視して改めて期待したい」(高市調教師) 4、5走前だけ走れれば十分やれる馬。
「元々が坂路ではそう動く馬じゃないし、時計的にこの程度で十分。今回も積極的なレースに徹して上位を狙いたいね」(領家調教師) 引き続き55キロのハンデだし、流れ一つで上位争いは可能。
「この中間も順調にきているし、今週の追い切りも時計が速かったし、これなら大丈夫。今回は初コースになるけど、心配はないし、57キロでも好勝負になると思っている」(音無調教師) ここなら実績で一枚上。斤量も背負い慣れているので克服可能だ。
「放牧効果で馬は良くなっている。前走あれだけ後ろから行ったのではとても届かないよ。でもそれなりに差は詰めているし、流れに乗って競馬ができれば」(久保田調教師) スタートに難あり。脚質も追い込みで展開が微妙に影響しそう。
「今日の追い切りは申し分無いモノ。条件戦とはいえここ2走が崩れていないし、53キロなら格上相手でもやれるのでは」 オープン相手に勝つには決め手で劣る印象がある。
「ずっと使い続けているけど疲れも見せずに変わりなくきています。馬自身が前向きな気持ちになっているし、ここでも十分にやれる力を持っていますからね。55キロのハンデなら再度期待したいですね」(幸騎手) オープンでもやれる事を前走で証明。ハンデ戦なら面白いかも。
「ケイ古は軽めだが輸送を考慮してのものだからこれで十分。今回は中山だし、馬体減りの心配はないだろう。あとは自分のレースをして粘りこみたい」(伊藤圭三調教師) ここも同型の出方一つ。楽に行かせてもらえればいいが……。
「調教より実戦でいいタイプ。だからケイ古はそう気にしなくても大丈夫。前走で復調ムードが窺えたし、55キロのハンデなら面白いかも」(池添調教師) 再度同斤量。復活の兆しが窺えた前走から軽くは扱えない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。