IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年3月25日(土)

11R

2006年3月25日(土) | 3回中山1日 | 15:40発走

第54回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 | レコードが出たレース

「年齢的なものか一頃の勢いには欠けるけど、デキ自体は維持しているからね。ここ数戦が前残りのレースで終いを生かして競馬をするこの馬には不向きな流ればかり。展開さえ向けばソコソコやれると思うんだが」(増沢調教師) 昨年の優勝馬だが今回は一頃の勢いが見られない感じ。一変も望み薄で。
「調教を見た感じでは体調は良さそう。でも今回は同型がいるし、相手も揃っている上に別定戦だからね。正直、厳しいんじゃないかな」(国枝調教師) Gレースになるとイマイチ結果が出ない。ここが力のカベかも。
「先月の20日過ぎに帰厩したけど、その後も順調にきているし、追い切りの動きも満足がいくもの。中山コースは有馬記念で2戦して2、3着と崩れないし、このメンバーなら威張れる馬。ここでいい結果を出して天皇賞に向かいたいと思う」(音無調教師) ここなら地力上位。軸馬として信頼できる存在だ。
「前走はまだ本調子に一息のぶん、勝負どころでの反応が一息だった。でもあれを使ってからケイ古の感じが良くなったし、ようやくこの馬本来のデキに戻ってきました。今回の距離はピッタリだし、今回は更に、と期待しているんですけどね」(保田調教師) 昨年の2着馬。ようやく復調が見えてきたし、今回は侮れない。
「坂路の動き、時計共に上々。今回は輸送があるし、体もキッチリ絞れると思う。距離に不安はないし前進が見込めると思う」(池添調教師) 京都の2400メートルで2戦2着2回ならこの距離に不安はなし。自分のペースで行けるようなら。
「今回が今までで一番いい感じのケイ古ができましたよ。今週の追い切りは軽めですがこれで十分でしょう。中山コースは得意にしているし、ここで天皇賞の権利をとっておきたいと思っているんですけど」(田部調教師) 有馬記念で見せ場十分。中山なら好勝負しておかしくない。以前より折り合い面に進境が窺えるのもいい。
「短期放牧から帰厩してからも順調そのもの。体調は変わらずいいですよ。前走は距離が敗因じゃなく、スムーズさを欠いたのが原因とハッキリしているし、改めて期待したいと思っています」(池江泰敏調教師) もしかしたら2走ボケ? とに角、叩き3走目になるし、力通り走れば巻き返しは可能だ。
「今まで不安があった脚元もだいぶ良くなってきたし、歩様もスムーズになりましたからね。追い切りの感じもいつになくいい動きだし、デキは上々と言っていいでしょう。この距離もいいし、今回はいい結果が期待できると思っています」(二ノ宮調教師) 休み明けは苦にしない馬。実力もここなら上位で好走が期待できそうだ。
「ケイ古はいつも通りで順調の一言。前走は少しテンに無理したこともあるけど、ペースが速くなりすぎた感じ。今回、ゆったりとした流れでレースを運べるようならいいけど」(谷代調教助手) ここではまだ力不足。
「屈腱炎のため放牧。この中間も十分な乗り込みをして息はできているけど、まだトモの張りが好調時に比べて一息。それに休養が長いし、勝負勘も心配」(田所清広調教師) コメント通り今回は割り引きたい。
「前走後もケイ古の感じから好調を維持しています。今週の動きも良かったしね。前走はスムーズさを欠いたのとやはり距離も関係したんじゃないかと思います。今度はこの馬に合った条件だし、巻き返しが期待できると思っているんです」(橋口調教師) 中山は4戦2勝と相性はいい馬。この距離なら見直しは必要だろう。
「ケイ古の感じは良かったし、昨年と変わらぬデキで臨めそう。年齢を加えるにつれてズブさが出ててきたし、そういう意味ではこの距離はいいかもしれない。入着くらいはありそうな気もするけど……」(松浦裕調教師) 昨年が勝ち馬から0.7秒差の7着。その後も衰えは感じられず、時計がかかるようなら。
「今週の一追いでほぼ体は仕上がりました。今回は格上挑戦になりますが、相手なりに走る馬だし、ここでもそうは崩れないんじゃないかと思っているんですが」(平田調教師) 菊花賞5着、日経新春杯3着の力はここでも遜色ない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。