2006年1月5日(木)

11R

2006年1月5日(木) | 1回中山1日 | 15:25発走

第55回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

「この中間の調整はうまくいったしデキはいいですよ。前走はこの馬の流れにならなかったけど、ペースが向けば走れると思いますよ」(二ノ宮調教師) 54キロは見込まれた印象で、ここでは……。
「この中間思い通りの調整ができたし、今週の追い切りも予定通りに消化できたよ。後は良馬場で、前走のようなレースができれば、だね」(大久保洋吉調教師) 前走は展開に恵まれた印象もある。再度同じ競馬ができるかどうか、疑問は残る。
「ケイ古の動きは良かった。近走は何かツキのないレース続きだけど本来の力は上だからね。今度はレースのパターンを変えてみるつもりだし、いい結果を期待したいね」(堀井調教師) 斤量は有利。騎手も替わり違った面が出そうな印象。
「暮にやっているので、それほど速いところはやらなかったけど予定通りだから。近走の 成績は今ひとつだから何とも言えないけど、ハンデはいいね。力はあるので期待はしているが」(橋口調教師) この距離は歓迎。それに57キロもいい。
「暮にもやっているので今日は控えめだけどこれで十分。前走は包まれてしまい、脚を余したけど、まともならここでも勝ち負けできる馬。状態は近走の中では一番いいし、期待している」(手塚調教師) 54キロは好材料。能力出し切ればここでも十分好勝負。
「前走後はここを目標にしていたからね。休み明けを叩いて思惑通りの良化をみせてきたし、ハンデもいい。それだけに相手は揃っているけど期待は持っている」(高橋裕調教師) 長期休養叩いて上昇。3歳時に重賞2着の実績あるし一概には……。
「ケイ古の感じは今までにない良い感触だったよ。近走の内容がパッとしないけど、今回はハンデ戦でもあるし、何とかこの辺りでキッカケをつかんで欲しいと思っているんだ」(内山調教助手) コース実績あるのはいいが、距離が少々長い印象。
「ケイ古の動きはよかったし、年齢的な衰えもないよ。切れる脚こそないけどバテずに伸びる馬。このハンデもいいし、今回も頑張ってくれると思いますよ」(山田調教師) 勝ちきるまでのパンチ力はないがこのハンデなら崩れない。
「前走は出遅れた分、2着だったよ。今日の動きが良かったし、状態は間違い無くいいからね。この距離も克服可能だし、今度こそ勝ちたいものだね」(相沢調教師) 確かにこの距離に良績はないが、中山得意で相殺できる。復調見える今なら期待できそう。
「この中間はプール調教を含めて順調な仕上がり。前走はもう一伸びに欠けたけど力はここなら上だからね。55キロのハンデもいいし、巻き返したいね」(藤沢和雄調教師) GII勝ちの力はここなら胸を張れる。ハンデもいいし上位争い。
「放牧帰りになるけど乗り込みは十分だし、仕上がりは悪くないと思う。ただ今回は久々のハンデはあるし、余程展開が向かない事には……」(増沢調教助手) 既に9歳。これ以上の上がり目は望めないし、57キロのハンデも疑問。
「今日の追い切りはよく動いたしデキはいいと思う。最近はレースでもいい走りをしてくれるのはいい材料。ただこの馬にとって57キロのハンデは微妙。あと発馬が鍵になるかな」(鶴留調教師) 斤量微妙も衰えは見られず。ここも好走可能だ。
「前走同様の状態をキープしています。このハンデはこなせる範囲だし、コース、距離もいいので今回も好走が期待できるのでは、と思っています」(佐藤吉勝調教師) 復調気配窺える今なら十分勝負になる馬だ。
「距離を考慮してこのレースを使う事にしたんだ。確かに今回は相手が強いかもしれないが、ハンデ差があるからね。勝ち負けは厳しいかもしれないが、今後に繋がるレースを」(小島太調教師) 重賞挑戦の意気込みは認めるが、相手関係は厳しい。
「前走は展開が向かなかったのが敗因。今回は初コースになるけど輸送はOKだし、距離も歓迎。デキに注文はないし、鞍上の手腕にも期待ができそう」(友道調教師) 初コースの中山になるが、坂は阪神で走っているので大丈夫。距離良し、ハンデもマズマズで有力。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。