2006年11月5日(日)

11R

2006年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第44回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5800、2300、1500、870、580万円 |

「追い切りの動きは良かったよ。今回は相手が揃っているが50キロの軽ハンデを生かして少しでも上を目指したいと思っている」(萩原調教師) 距離、コースは問題無し。力関係がどうかのみ。
「追い切りの動きは時計も含め、いい感じだった。競馬にいって渋太いタイプのようだし、この相手でどこまでやれるか楽しみにしている」(津村騎手) 先行しての粘りが武器。ただオープン相手でいきなり通用するかとなると?も。
「休み明けを一叩きして確実に状態は上向きだと思う。東京のこの条件はピッタリだし、前進は見込めると思う」(尾形調教師) 馬体の張り、成長が余り見られない点にやや不満が残る。
「追い切りは終い重点だったが、いい動きだった。今回は58キロを背負うが、斤量に泣くとは思えないし、良馬場で競馬ができればチャンスはあると思っている。何とか勲章を取らせて上げたいよ」(土屋調教助手) 東京のこの距離は歓迎。久々を叩いた上積みも見込め有力候補。
「期待通りの動きをしてくれたし、状態に関しては何の不満もない。ここにきて成長が窺われるし、この条件も得意な馬。54キロのハンデもいいので好結果を期待したいね」(秋山調教師) 2400メートルは抜群の実績はあるが、100メートル伸びると案外なのが気になる材料。勢いは魅力だが……。
「調教に乗った感じからは馬に積極性が見られたし、いい感じに仕上がっている。今回はオープン相手と条件は厳しいけど51キロの軽ハンデを生かして頑張りたいと思う」(石神騎手) 2連勝と好調振りを見せているが、2クラス上の挑戦がどうか。ハンデは魅力だが。
「小柄な馬で仕上げに手間取らない馬。ケイ古の動きも良かったし、ここなら力も上位だからね。56キロは守備範囲だし、距離も得意で期待は十分。騎手が替わったのは心配ないからね」(稲葉調教助手) 小柄な馬でハンデが鍵。56キロまでなら我慢が効くだろう。ただ久々はあまり良くないタイプかも。
「先週と比べると動きが大分変わってきた。先週の一追いで変わったんだと思う。相手は揃ったけど、馬の状態が良くなっている今ならハンデ差を生かして頑張れるのでは」(柴田善臣騎手) 年齢的な衰え無し。決め手に甘さはあるが相手なりに走る堅実さは捨てがたい。
「先週速い追い切りをやっているので、今週は終いを重点に追い切った。動きは良かったし、状態はいいよ。力を付けた今なら速い時計にも対応できると思うし、斤量もこなせる範囲。期待している」(保田一隆調教師) ようやく復調。前走の決め脚も鋭く、このメンバーなら上位争いして不思議は無い。
「休み明けを感じさせないいい動き。息の入りも良かったしね。相手は楽ではないけど、今回は51キロで出られる有利さがあるので、それをフルに生かして頑張りたい」(郷原騎手) 距離、コースはOK。ただ休み明けは一息でやや割引かも。
「追い切りの動きに力強さが加わってきたのはいい材料。前走も内容がある競馬をしてくれたし、叩いた良化を考えれば楽しみ。あとはこの馬のリズムで走らせる事に集中したい」(勝浦騎手) 超久々を僅差(0.1秒)の6着と善戦。大型馬で変わり身が期待できそう。
「久々なので気持ち体に余裕があるのは否定できないけど、このあと変わってくれるようならいいが……。相手は揃っているので強気なことも言えないが頑張って欲しいね」(小西調教師) オープンでは正直荷が重いし、芝よりはダート適正が高そう。
「中間は十分に乗り込み仕上がりはいいと思う。昇級後は今一つの内容だが、今回は得意の東京だし、ハンデ差もあるからね。その点で前進は見込めると思う」(大久保洋吉調教師) 下級条件時は3連勝と勢いはあったが、さすがにクラスが上がると厳しい感じ。
「この中間は入念に乗り込んできたのでもう速いところは必要ない。このレースを目標にしてきたし、53キロの斤量もいいので好結果を期待したいね」(加賀調教師) 東京コースに良績無い点が気になる材料。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。