IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年5月28日(日)

12R

2006年5月28日(日) | 3回東京4日 | 17:00発走

第120回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5800、2300、1500、870、580万円 |

「追い切りは時計がかかったが関係無し。初コースでも苦にならないと思うし、ハンデ差を生かせばここでも期待できると思うよ」(布施調教助手) ここにきて瞬発力に磨きがかかる。距離もピッタリで54キロのハンデなら。
「体調は悪くないし56キロのハンデも歓迎材料なんですが結果が出ないんですよね。能力は上ですが、以前の勢いに欠けるし、重馬場になった時の穴くらいでしょうか」(安達調教師) 状態は一戦毎に上向くが結果が出ない。56キロのハンデは歓迎だが2走前の弱小メンバーでの敗戦が物足りない。馬場渋れば怖い感じもするが……。
「小柄な馬だけどタフ。疲れも見せず順調だからね。道悪もこなすし、56キロのハンデも歓迎。このメンバーならスンナリ先手を取れそうだし、期待できると思っている」(安藤調教助手) マイペースの逃げが打てればここでも逃げ切れるだけの能力はある。小柄な馬で56キロのハンデも好材料。
「ここにきて力を付けているのは確か。長くいい脚を使うのでこのコースは向いているし、OPでもメドがたった今ならそうヒケは取らないだろう。52キロのハンデもいいしね」(大久保洋吉調教師) 牝馬ながらこの距離得意。牡馬に混じっても健闘している内容は評価できる。52キロのハンデ生かして。
「先週速いところをやっているから今週はこの程度で十分。相手は楽じゃないけど、ハンデと距離を味方に頑張って欲しいと思う」(高橋裕調教師) ダイヤモンドS2着の実績は侮れないが、ここ2走が思ったほどの結果が出ていない。牝馬でもあるし、今回は割引かも。
「前走は位置取りの差。もう少し積極的な競馬をしていれば結果も違ったと思う。体調は悪くないし、ハンデ差もあるので自分の競馬が出来れば」(加賀調教師) 最近の内容からはイマイチ強調材料に乏しい印象がある。
「ここにきてようやくこの馬らしさが出てきました。もともとが期待が大きかった馬だしね。今回は少々ハンデを見込まれた気がするけど、今の勢いがあればこの相手でもそう差はないと思いますよ」(岸本調教助手) 休み明けを3連勝と勢いは1番。54キロのハンデなら底を見せていない魅力に賭けてみる手も。
「前走は位置取りや道中の不利などもあって力負けじゃないからね。このハンデもこなせる範囲だし、良馬場なら十分やれると思うよ」(松水調教助手) 天皇賞4着の実績は上位。斤量の57.5キロもこなせる範囲。良馬場なら主力。
「天皇賞の疲れも無く順調だ。前走は折り合いを欠いてしまったがスンナリ流れに乗れれば55キロのハンデもあるし、この相手でもいい競馬になると思う」(松田博資調教師) 4走前がファストタテヤマ、3走前がオースミグラスワンの2着なら力差はない。
「追い切りは時計がかかったがこんなものだろう。そう動く馬じゃないしね。体調は間違いなくいいし、ポン駆けも利くので楽しみはあるよ」(松田博資調教師) ポン駆けは利くタイプ。ただ終い一手で展開に左右される面がある。
「今回は相手が強いからね。芝でも時計がかかれば心配無いと思うが、胸を借りるといったところかな」(田村調教師) コメント通り。
「状態は特に変わりなし。年齢的に多くを望むのは可哀相だし、今回も正直どこまでといったところかな」(増沢調教助手) 善戦はしても最後の一押しが利かなくなっている。やはり9歳という年齢的な衰えは否めないか。
「ここに来て状態がいいのと、力を付けてきたのが前走OPで善戦できた要因。気性も素直でレースしやすいのはいいけど、今回は相手が相手。ハンデ差を生かしてどこまでかな。時計がかかればなおいいけどね」(江口調教助手) 地力アップは認めてもここに入るとやや分が悪そう。重馬場にでもなってマイペースの競馬が出来ればいいが。
「引き続き好調を維持している。今回は重賞挑戦で相手は厳しいが、ハンデ差はあるし、そうは見劣らないと思っているんだ。ただ、距離に関しては未知な面はあるけどね」(音無調教師) ここでは力関係から判断しても?
「ここ2戦の競馬の内容が悪いが、デキは確実にアップしてきているからね。今回はハンデを背負っているけど、気分良く走りさえすれば結果は出ると思っている」(二ノ宮調教師) 近2走が案外だが、地力は上位。57.5キロのハンデはきついが、叩き3走目で良化が窺える今回は一変の可能性も。
「ここにきて2連勝と勢いがありますね。ようやく期待通りの結果を出してくれるようになりました。でも今回は初のOP、しかも重賞ですからね。53キロのハンデでどこまでやってくれるか、ですね」(鹿屋調教助手) 格下だが2連勝の勢いがあるのと53キロのハンデは魅力。東京コースも走る。
「季候が良くなってくるに従って馬体が絞れてきたのは好材料。まだこの馬の好調時には一息かもしれないが、相手関係から期待は持っている」(保田調教師) ハンデの57キロは仕方ないところか。使いつつ良化示し、今回は走り頃かも。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。