IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年4月29日(土)

11R

2006年4月29日(土) | 2回東京3日 | 15:40発走

第13回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

「デキは上向いている。ただ今回は相手が揃っているし、ここでどれだけやれるか力を試してみたい」(森調教師) キャリア1戦、しかもこの相手では。
「前走が7??8分程度の仕上がりでの勝ちだからね。叩かれての上積みはかなり大きいし、ここでも勝負になると思う。後は折り合いに注意するだけ」(国枝調教師) 奥の深さが感じられる1頭。道中掛かり気味にならなければ。
「体調はいいんだけど今回は相手が揃っているからね。楽な競馬にはならないけど、ここでどれだけやれるか試してみたいので」(尾形調教助手) 芝、距離はOKもやはり相手が強い。
「オットリした性格を考慮して短めの距離を使うことで気合いを入れるようにしてきたんだ。この距離でも折り合いに不安がある訳じゃないし、期待しているんだ」(藤沢和雄調教師) 現に2000メートルで2着と走っているし、距離は問題無し。
「どちらかといえばダートに実績が集中しているけど、芝でも走れないことはないと思う。ここに入っても能力で劣るとは思えないし楽しみも」(国枝調教師) 芝でも2着はある。時計がかかるようなら見せ場も。
「どちらかというと平均ペース向きのタイプ。今回も前2走のような競馬をしてくれれば結果は出ると思う。長距離輸送も気にならないし、初コースも大丈夫だと思う」(橋田調教師) スンナリ先手を取れそうなメンバー。ここなら逃げ切りも可能か。
「体のこなしが柔らかくなり状態は上向いている。決め手に鋭さは無いがジワジワと伸びるタイプで東京向きの印象があるからね。それだけに楽しみはある」(柴田善臣騎手) GIIで0.8秒差の6着と大きく崩れていない。流れ一つでは。
「今回が一番順調に調整ができたので体調は申し分無い。本格化は先だと思うが、前走の内容が良かったし、さらにパワーアップしているからね。ここでも勝ち負けして不思議はないと思う」(佐々木晶三調教師) 馬場を問わず。この距離も歓迎だし左回りもOK。好勝負だろう。
「距離はこなせる範囲だと思う。馬の状態も上向いているし、この相手でもヒケを取らないと思う。何とか権利を取りたいね」(池添調教師) 前走は発馬の後手が痛かった。この距離なら落ち着いて競馬ができそうだが……。
「デキ自体は悪く無いんだが、このメンバー相手では正直苦しいんじゃないかと思う」(田中清隆調教師) 距離、コースはOKだが競馬の内容が地味。
「この馬は左回りに良績があるし、スタミナも十分あるからね。この距離は歓迎だし、ここでも期待が持てると思う」(松元茂樹調教師) 同型馬との兼ね合いが鍵。スンナリ行ければいいが。
「動きはいいと思う。今回は芝になるけど距離はこの馬にピッタリだと思うし、相手は強いがどれだけやれるかを試してみたい」(小島太調教師) 確かにこの距離は合うかもしれないが、相手関係は厳しい。
「前走は流れが向かず、脚を余すかたちになってしまった。この中間の動きはいいし、直線が長い東京で持ち味を生かせる可能性は大きいから期待も膨らむよ。あとは展開の助けさえあれば」(坂口正則調教師) 長くいい脚を使えるタイプ。少しでも前半のペースが速くなれば出番は十分ある。
「状態は維持。この距離でも対応はできると思うけど、やっぱり相手関係を考えなくてはいけないだろう」(本郷調教師) 今ひとつ迫力に欠ける感じで。
「距離を延ばした前走がいい内容。これならこの距離で更に楽しみが出てきたし、この相手でもそう差はないんじゃないかな。権利を取りたいが」(鈴木康弘調教師) いきなりこの相手で上位争いは疑問だが、入着くらいなら。
「連闘になるが馬は元気。相手なりに走る堅実さがあるし、この距離も向く。相手は揃っているが何とか健闘して欲しいと思っている」(角居調教師) 確かに崩れるタイプではないがここでは厳しい。
「追い切りは絶好。この中間一息入れた効果で馬に落ち着きが出たし、状態は言う事なし。今迄強敵相手に善戦してきた経験を生かして何とか権利を取りたいと思う」(藤岡健一調教師) 前走が出負けして4着と味な競馬。レース振りに幅が出たしここでも差はないだろう。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。