2006年8月6日(日)

9R

2006年8月6日(日) | 2回函館8日 | 15:25発走

第38回函館2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (混合)(特指) 馬齢 | 本賞金:3200、1300、800、480、320万円 |

「使いつつ体は絞れてきたし、気合乗りも良くなってきた。この馬には距離は不足気味だけど、実際に勝っているのでこなせないことはないし、大丈夫だと思う」(寺島調教助手) 前半はおいて行かれそうな感じがするが、末は確実。流れ一つで上位喰い込みも。
「ケイ古では仕掛けてからの反応が凄く良かった。デキに不満はないし、後は時計がかかれば」(伊藤圭三調教師) どちらかというとダートの方が良さそう。芝のスピード競馬は?
「すでに体は出来ているので軽めの調整だけどこれで十分でしょう。使いつつ力を付けているし、少しでも上の着順を目指したいですね」(谷代調教助手) ここに入るとやや見劣るか。小柄な馬で上がり目も疑問。
「追い切りは仕掛けてからの反応が良かった。後はテンションが上がらずにレースを迎えられればいいけど」(上籠調教助手) スピード競馬は望むところ。今回もスンナリ先手を奪えるようならチャンスも十分。
「ラベンダー賞後は函館に滞在して調整。火曜日は終い重点の追い切りだったけどいい感じでした。今週は本馬場にも入れたけど素軽い動きを見せてくれたし、ここもいい結果を期待したいですね」(成田調教厩務員) 前走見せた末脚の渋太さは中々。センスの良さを感じるし、この相手でもヒケは取らない馬。
「追い切りの動きは良かったですよ。思った以上に時計も速かったしね。能力を感じるし、この相手でも」(秋山騎手) 新馬の勝ち内容が良かった。ここ1本の調整も好感が持てるし、今回も十分好走が期待できる。
「追い切りの動きは良かった。ただ今回の1200はやや距離不足かも。その点がどう出るか」(長谷川騎手) 走破時計がやや平凡で上位争いまでは?
「調教の動きは悪くなかった。芝向きの軽い走りをするし、ここでもそう差はないのでは」(武幸四郎騎手) ここで通用するかどうかとなると疑問の方が大きく、上位争いは難しいかも。
「1度使ってから馬の走り方が変わってきたし、動きに素軽さも加わってきた。追ってからの伸び脚がいいし、ここも流れが向くようなら」(小島茂之調教師) 出遅れて差し切ったレース振りは中々の迫力を感じた。前がやり合う展開になれば面白いかも。
「体は絞れてきたし、追い切りは真っすぐ走ってくれたようにいい感じに仕上がった。ここもスピードで何とか押し切れないものかと思っているんだけどね」(藤岡健一調教師) 負けたといってもクビ差。太目の体付きだったことを考えると上々の内容。更に前進可能だ。
「前走を使ったことで馬がシャキっとしてきた感じ。調教の動きも良かったし、流れに乗って競馬が出来れば」(本田騎手) 前走は直線で挟まれる不利あり。スムーズならもう少し際どい競馬になっていた。ここもスンナリ行けるようなら。
「追い切りは遅れたけど悲観すべきモノは何もないから。レースセンスがいいし、ここでも、と思っているんだ」(伊藤圭三調教師) 相手なりに走るタイプ。時計を確実に詰めてきたのも好感。
「芝でも善戦しているしその点は心配していない。使い込んできているので馬場も荒れ気味で時計がかかってきているのは有り難いし、キャリアを生かして何とか上位を」(上籠調教助手) 堅実な反面ややジリなところがある。決め手勝負になると分が悪そう。
「この中間も馬は元気。ハミを替えてからはスムーズな走りができているし、馬混みを気にしないのもいいと思う」(四位騎手) モタれる面がマシになっているのは収穫。センスもあり穴候補に。
「使った後の反動が見られないので連闘に踏み切った。デキは変わらないし、ポンとスタートを切れるようなら」(長谷川調教厩務員) 時計面でやや見劣る印象。
「新潟で勝ったけど回りの巧拙を考えてここに。ケイ古は走る馬だがそれにしてもいい動き。時計がかかるようなら案外の競馬に」(伊藤圭三調教師) センスのいい競馬振り。ここでも致命的な差はなさそうで穴馬には。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。