競馬 - 小倉大賞典 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年2月6日(日)

11R

2005年2月6日(日) | 1回小倉6日 | 15:30発走

第39回小倉大賞典(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (混合) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

「ケイ古の感じから好調を維持しています。とはいえ今回も相手が揃っていますからね。51キロのハンデを生かしてどこまでやれますか……」(桜井調教助手) 良績は1600mまで。この距離はやはり長い印象。
「コンスタントに使い続けているけど体調はいいですからね。今回も格上挑戦になりますが、今回はハンデ戦で53キロで出られます。それを生かしてくれるようなら」(宮調教師) 小倉は実績(2、3着各1回)あるし、中山金杯(3着)と同じ53キロなら面白いかも。
「久々を一叩きした分の上積みは見込めます。でも7歳になるしガラッと変わるかと言われるとどうかな」(坂口正則調教師) 本来はマイルくらいまでが理想のタイプ。この距離は初になるし、その点が気になる。
「このところの成績は今一つですが、体調そのものは悪くないんですよ。今ならむしろこのくらいの距離の方が走り易い感じも受けるし、今回はブリンカーも着ける予定なので」(坪憲章調教師) 近走は一息もGIのNHKマイルCで6着という内容もある。ブリンカー効果が出るようなら……。
「先週の動きも良かったし、今週のケイ古も上々。馬に走る気がみなぎっています。小倉の1800mはこの馬の守備範囲だし、ここでも遜色無いレースをしてくれるのでは、と思っています。馬も成長著しいですしね」(坂口正大調教師) ここ一連の成績が実に安定している。コースも距離もいいし、充実振りに期待だ。
「中間、きっちりと乗り込んでいるので体調は維持しています。ただ年齢(7歳)面からくる筋肉などの緩みは若干あると思いますが……。今回もハナを奪うレースをさせたいと思っています」(武田調教師) マイペースで行けるようなら侮れない力の持ち主。55キロのハンデも手頃だし、初コースも脚質からはむしろ向きそうな印象。
「久々になりますが、この中間は入念に乗り込んでいるし、今週の動きもマズマズでした。ただ、何ぶん長期休養(11か月振り)明けになるし、その点でどうでしょう」(武邦彦調教師) 既に7歳。ポン駆けに実績あるとは言え、いきなり牡牝混合の重賞では……。
「今日は雪の影響でどうかと思ったが、走り易かったのか思った以上の好時計が出ました。同じ休み明けだった福島記念(4着)よりもいいかもしれない。ただ、気持ち余裕があるかもしれないけど、輸送があるからね。それが絞れてくれればいいと思う。小回りコース、1800mとこの馬には好条件が揃っているだけに何とかいい結果を出して欲しいと思っています」(湯窪調教師) 小倉は連対率10割。1800mも得意とする距離だけに上位争いも。
「前走(京都金杯)、レース中に目の外傷を負ってしまい、攻馬を4日ほど休む事に。それがどう出るかが少し気になりますね」(武調教助手) 小倉はOK。距離もOKだが中間のアクシデントがどう響くかが微妙だ。
「ここ最近のレースはコンスタントに走ってくれているし、課題といえばゲートだけかな。問題の一つが距離だけど、今は以前向いていたと思える1400mよりはむしろ、このくらいの距離の方がいいかも……。抑える競馬が身に付いてきているし、小回りの小倉なら心配無いと思います。それだけに楽しみはあります」(疋田調教助手) 1800mも3着が2回ある。しかも中山で好走したのだから平坦なら更に威力を増すか。
「時期的なものか、体が絞りにくい感じがありますが、ここ2走と較べると動きに素軽さが戻ってきています。このハンデはそれなりの評価をしてくれたものと思っていますし、思い通りの調教ができた今回は今までの汚名を返上といきたいですね」(坂口正大調教師) 鞍上に武豊ジョッキーを迎えての遠征で“勝負”の態勢は間違い無し。問題は馬体にあり、当日の体に注意を払いたい(連対時の馬体重で最高は520キロ)。
「去年と比べても今年の方が状態は良さそう。ラストの伸びが良かったし、息の入りもね。いい位置をとれる脚質だけに、この小倉コースは合っていると思います」(クリストフ・ルメール騎手) 「少しずつだけど、馬は良くなってきているよ。でも相変わらずハンデ(57キロ)は軽くならないかね」(瀬戸口調教師) 先行脚質でこのコースは向きそう。57キロも背負い慣れているし、ソロソロ好走も。
「久々になるけど、この中間は十分に乗り込んでいるからね。先週の時点でほぼ仕上がっていたほどだから。それだけに今日は目一杯の調教はしなかったけどこれで十分。あとは久々のレースで実戦へ行っての“勘”がどうかといったところかな」(高橋成忠調教師) コース、距離共にピッタリと言えるし、56キロの斤量も気になる材料ではない。しかし、元来が叩き良化型だけに……。
「追い切りの感じから好調キープと言っていいでしょう。今回は相性の良い小倉(2着3回、3着2回で着外無し)だし、52キロの軽ハンデ。その点で変わり身に期待したいですね」(橋口調教師) ここ2走は短距離だったが、本来はマイル??2000mがベスト。軽ハンデ生かして好走もあるか。
「前走(鳴尾記念)後に一息入れましたが、引き続き具合の方はいいよ。この馬にとって平坦コース、そしてこの距離はベストと言える条件だからね。今回は前走の雪辱を果たしてくれるんじゃないかと思っているんだけどね」(小野調教師) 坂のある阪神より小倉の方が同馬にはピッタリ。55キロのハンデは不利とも言えず、今回は軽く扱えないかも。
「今回は障害から戻っての一戦になりますし、久々のハンデもありますからね。やはりここを使ってからじゃないでしょうか」(藤原英昭調教師) 年齢的(8歳)にもいきなりの平地重賞では苦しいか。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。