2005年11月20日(日)

11R

2005年11月20日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第22回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

「今日は馬場状態もあって少し走りにくそうなところも見られたけど、指示通りにラスト(1ハロン)はビシッと追いました。動きは良かったし、デキはいいですよ。古馬との対戦で楽ではありませんが、距離は明らかに今回の方がいいですからね。胸を借りるつもりで乗りたいと思っています」(福永騎手) 今年の3歳牝馬は意外に強い。距離はピッタリだけに軽く見ると痛い目に合いそうだ。
「この時期は体が増えやすいので早くから乗り込んでいたし、今日も併せ馬の形で追い切りました。動きは良かったし、これなら言うことはありません」(橋田調教師) 「今は右回りは不安材料にはならないと思う。ただ、雰囲気では1200m向きといった感じが出てきているのがね。折り合いが付けばいいけど」(武豊騎手) 馬体が減っていたのは気になるが今はフックラ。近走は短距離中心に使っていたことがどう出るかの方が心配。
「今までは使った後の反動が出ていたけど、今回はその影響がありませんからね。それに、輸送が応えなくなってきたのもいい傾向。これならいい競馬が期待出来るのでは、と思っている」(藤沢和雄調教師) 走破タイムは決して見劣らないが、何故かGIレースだとイマイチの成績。今回も入着なら。
「追い切りの感じは見た目では悪いようには思えなかったけど、やはり少し重いかもしれない。休みが長いハンデがあるし、今回は……」(伊藤正徳調教師) 気性面から久々の不安はないかもしれないが、いきなりGIは正直辛い。
「今日の追い切りはペリエ騎手に癖と感触を知ってもらおうという意味も含めてのものでしたが、お終いは弾けてくれたし、いい動きでした。天皇賞は思い通りの競馬が出来ずに悔しい思いをしましたが、条件が合うマイルで何とか頑張って欲しいと思っています」(角居調教師) 復調気配が窺えるし、得意のマイル戦で大駆けも見込めそう。
「先週に速いところをやっているので今日は目一杯のケイ古はしませんでした。でも仕上がりはいいし、馬もだいぶ大人になって落ち着きがでてきたのはいい材料。ただ今回は相手が揃いましたからね、その点が」(南井調教師) レース内容は良くなっているが、今回はコメント通り相手がキツイかも。
「追い切りは指示通りにできたし、時計もこの馬場にしては良かったと思う。一叩きした効果はあるし、以前と較べても肉体、精神の両面において成長が見られるのはいい傾向。デキのよさを生かして頑張りたいね」(藤岡健一調教師) 体の増加はいいが、この相手に入ると劣勢は否めない。
「今日の動きは実に軽快だったし、状態は更に上向きです。今は以前と違って折り合いが付くようになったし、1頭強い馬がいますが楽しみはありますよ」(藤沢和雄調教師) 強豪揃いの天皇賞でクビ差の3着。体は前走時で問題ないし、マイルもOK。再度の好走もある。
「馬場に入るのを嫌がっていたけど、追い切りは行き出してからは全く問題なかったからね。追い出してからの反応は良かったし、この馬の持ち味を生かせるようなら面白いと思うんだ。できれば内目の枠を引きたいね」(木幡騎手) 休み明けを2度使われての良化は認めるが、ここに入ると分が悪そう。
「今日の追い切りは納得がいく内容だったよ。京都はこの馬にピッタリのコースだと思うし、上手く末脚を温存できるようなら楽しみです」(中村調教師) 乗り難しいところが解消していないだけにアテにはできないところがあるが、ツボに嵌れば好走も。
「追い切りは1週前に速いところをやって、本番の週は軽目というのは予定通り。状態はいいし、最近はレース振りに幅が出て、展開に注文(逃げ)が付かなくなったしね。ただ、今回は悔いのないレースをと思っているので積極的な競馬をさせたいね」(須貝調教師) さすがにこのメンバー相手ではキツイか。
「できれば天皇賞を使いたかったが、今日の動きと落ち着いた雰囲気を見ると正解だったかもしれません。追い切りの動きは言うことないし、何とかここで結果を出して欲しいと思っているんです」(上原調教師) 元来が右回りの方がいい馬。マイルもスピードを生かすのには絶好の舞台だけに侮れない存在。
「ケイ古の動きはいつもと同様。でも叩かれた効果があるのか、素軽さが出たし、感触は前走以上です。これなら自信を持って臨めそうですが、週末が晴れればいいんですが……その点と、後は末脚を生かせる展開になれば、ですね」(中山調教助手) 距離延長は望むところ。持ち時計はあるし、ここでも善戦しておかしくない1頭だ。
「久々好走の反動が出ないように調整してきましたし、今は昨年と違って爪の不安がありませんからね。思い通りの調教が出来ました。そういった順調さを考えれば3連覇も可能だと思っているんです」(坂口正大調教師) 「今日は指示通りの追い切りが出来ました。先週の時点より良くなっていると言っていいでしょう。この馬の力からいって十分期待が持てると思いますよ、3連覇のね」(池添騎手) 中間の調整過程が実に順調。これなら記録達成も十分可能だ。
「馬が前向きになっているし、今日は息を整える程度だったけどこれで十分です。2度使って体はできているし、デキもいいから。このレース挑戦も今年で4回目だけに何とかいい着順が欲しいね。マイルの方がいいだけに期待はかけているんだけど」(杉浦調教師) 衰えは見られないが最後の一押しが物足りない感じなのは否めない。
「今日は気分良く走っていたせいか、ラストはどうかなと思ったけど最後までしっかりした脚どりで駆けてくれました。状態は間違い無くいいですよ。どんな競馬でも出来るし、相手は揃いましたがいい競馬が出来るのでは、と思っているんです」(小牧騎手) 地力強化は明らかだが、一気に相手が強くなった今回。まさに試金石の一戦と言えそう。
「ケイ古の動きは良かったですが年齢的なものがあるのか、そう大きくは変わっていません。今回もスタート次第ですが後方からの競馬になると思います」(武幸四郎騎手) そう大幅に変わることが見込めないだけに今回も上位までは?
「いつもは終いが甘くなると聞いていたが、今日は最後まで渋太く伸びてくれました。デキに関しては上々と言っていいと思いますよ」(小屋敷調教助手) 重賞でもソコソコには走るが、GIレースでは今ひとつの印象がある。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。