2005年10月16日(日)

11R

2005年10月16日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第10回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

「先週に較べて今日の動きは本当に良かったですよ。終い(1ハロン)の伸びが鋭かったしね。春のGIレースの舞台より今回の京都の内回りの2000mは好都合だし、上位2頭に迫れるのでは、と思っています」(武幸四郎騎手) 先手取れればシブトイ馬。内回り、直線が平坦の京都なら意外に粘るかも。
「今日は馬ナリと言うか馬任せの追い切りだったけど、いい動きだったよ。息の入りもいいしね。力強さが出てきたし、流れに乗り切れるようなら」(池添騎手) オークス6着と地味な割には大崩れしていない馬。距離はいいし、穴なら。
「時計はまずまず。でも動きそのものはキビキビしていい感じですよ。放牧に出した効果は十分ありますが久々のハンデとこの距離がどうでしょう」(安田隆行調教師) やはりこの距離は? が付く。
「今回は初の芝だけどその点は大丈夫。ただ距離が一気に延びるし、GIですからね。胸を借りるつもりで臨みます」(木原調教師) さすがに相手は強いし、条件も厳しい。
「飼い喰いがいいこともあって今日は終いを強めに追いましたが、時計、動き共に言うこと無いものでした。体が逞しくなっているし、前走(ローズS2着)は早めに動いた分の負けで力負けとは思っていませんからね。今度は巻き返せる、そう思っています」(福永騎手) 「何かとあった春とは違って今回は順調そのものだからね。状態は文句ありませんよ」(瀬戸口調教師) 負けて強しの前走。今回は逆転の可能性は大。
「前走は勝ってもいい展開だったけど、余裕があった分伸びきれず。中間ビッシリやっているし、今日の追い切りも満足いく内容。当日体が絞れていれば面白いかも」(片山調教助手) 距離はOKだが、力差は否定できない。
「先週速いところをやっているので今日は控えめに。でも自分で体を造る馬なので楽ですよ。血統はいいし、センスもある馬だけに上位争いをして不思議無いと思っているんですけどね」(松田国英調教師) 休み明けのハンデは否めないが鉄砲は効くタイプ。未知の魅力は捨てきれない1頭。
「今日は気合満点の追い切りだったよ。確かに距離に関しては不安が無い訳じゃないけど、それを克服できるような調整はしてきたからね。頑張って欲しいよ」(藤原英昭調教師) 「追い切りの動きは時計を含めて凄く良かった。力を付けている感じは間違い無いし、折り合いさえつけば」(後藤騎手) ベストはマイル前後。道中のペースが速くなれば怖いが落ち着いた流れになると?か。
「今日はスムーズな追い切りができたし、状態はいいですよ。距離に関しても今は落ち着きがあるし、持つんじゃないかと思う。体が減らなければ」(上原調教師) 本質的にスプリンターの印象が濃い。2000mは?
「先週速いところをやっているので、今日はそれほどやらなかったけど動きの良さから疲れは全く感じられないね。ここに入っても力は上だと思うし、ラストチャンスを生かしたいと思っています」(武豊騎手) 「秋の初戦を勝てたのは大きいですよ。体も一段と成長したし、いい結果を期待したいね」(伊藤雄二調教師) 末脚に一段と磨きがかかる。体が減っては? だが、維持か増えていれば上位争いは間違い無しだろう。
「この中間は入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。血統からこの距離は向いているハズだし、持ち味の決め手を生かせる流れになれば差は無いと思いますよ」(尾形調教師) 輸送で体が減らない事が条件。馬体が減らなければ面白い存在だが、休み明けは動かない?
「今日の追い切りは予定通りの内容。動きは上々だ。確かに上位2頭は強いかも知れないが、うちの馬も決して見劣りはしない。体重さえ維持できれば楽しみだ」(大久保洋吉調教師) やっと復調を見せた紫苑S(2着)から判断して、軽く扱えなくなった。GI馬の意地を見せるのは今回かも。
「デキそのものは追うたびに良くなっています。でも休み明けでいきなりGIと言うのは厳しいかも。少し時計がかかるようならいいけど……」(吉村調教助手) 芝は良績無いのがネック。力を要す馬場ならいいが開幕直後のコースでは?
「今日の動きは自分が感じた以上に時計が速かった。それだけ体調がいい証拠と言えるんじゃないかな」(長岡調教助手) 「春に較べて精神面の成長が大きいですね。疲れも全く無いし、むしろ今日の動きなら更に上昇していると言っていいでしょう。上位2頭は確かに強いかもしれないけど、どこまでやれるか楽しみはありますよ」(中村調教師) 紫苑Sは強い勝ち方。体は増えていないが勝負根性が出てきた感がある。先行力あるし、流れ次第では。
「帰厩してそれ程日にちが経っていないし、今回はやや急仕上げ気味。それだけに楽なレースは望めないかも。まぁ、能力に期待といったところかな」(大久保洋吉調教師) 逃げてシーザリオの2着に入ったフラワーCの内容は評価できるが、7か月の休養明けは辛い。
「以前に較べて馬に落ち着きが出てきているのはいいですよ。イレコミもなくなってきているし。追い切りの動きも良かったし、これならいいレースになるかもしれない。ただ体はもう少し増えた方がいいかな」(大久保正陽調教師) 得意の京都は歓迎だし距離もいいが、春の内容から上位組を負かすまでは?
「追い切りの動きは良かったよ。体が維持できているのも好材料だけど、ローズSの内容からはそう強気にも……どこまでやれるかといったところかな」(田所調教師) ここは正直相手が強い。
「先週速いところをやっているので今日は軽めですがいい動きでしたよ。前走(ローズS3着)の内容ならうちの馬にもチャンスはあると思っています」(松田国英調教師) 「追い切りは落ち着きがあったし、いい感触でしたよ。あとはロス無くレースができれば、ですね」(松永騎手) 前走の末脚に見処あり。上がりがかかるようなら喰い込みもある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。