IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年5月7日(土)

11R

2005年5月7日(土) | 3回京都5日 | 15:45発走

第53回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

「ケイ古の動きは良かったし、相変わらずデキの方はいいですね。この馬は控えてレースをするよりも自分のペースでレースをした方がいいタイプですからね。今回もマイペースのレースができれば渋太く粘ってくれるのでは、と思っています」(片山調教助手) 距離OK。ここでハナを切れるようなら意外に粘り込むかもしれない。
「ケイ古の感じから状態の方はいいと思います。芝も前走でソコソコの内容を見せてくれたし、距離も特に不安はありませんからね。ただ、相手は揃った感じは否めませんが」(大久保龍志調教師) このメンバーに入ると実績面で一息。
「中1週になるのでケイ古は馬なりですがこれで大丈夫。あまりテンションが上がっても困るし。うまく折り合いさえ付くようならこのメンバーに入ってもソコソコのレースをしてくれるとは思っているんだけど……」(安達調教師) 距離面はOK!ただ、この相手に入るとやや苦しいといった感はあるか。
「ケイ古の感じではそれ程タイムが速いとは思わなかったんだけどね。でも、以前に乗った時と較べるとだいぶ馬は成長していると感じましたよ。あとはこの距離がどうかだけでしょうね」(武豊騎手) 「前走は良く走ってくれたけどあそこまでが一杯でしょう。むしろ、中距離の方がこの馬には向いているかもしれないだけに……」(池江泰寿調教師) マイルまでの距離経験という点にやや不安が残るが、折り合いに不安無し、との事。鞍上魅力でもしかしたら……
「勝った後もデキの方は引き続き好調をキープしています。ダービーを視野に入れて距離を経験させておきたいという点と、久々に乗る松永(幹夫騎手)君に感触を知っておいてもらう事を意図しての出走ですが、力は出し切れるデキですからね」(岡田調教師) 本来の予定はダービー1本だったが、本番を意識しての出走。前走で折り合いに進境を見せているし、前々で粘り込めれば。
「ケイ古の感じは悪くないですよ。この距離も問題無いしね。とは言っても相手は揃っていますからね。胸を借りるつもりで臨みます」(川村調教師) この中に入ると1勝馬ではやはり見劣る。
「追い切りは予定していた時計を意識しての調教をしたけど、折り合いも付いていたし、精神的にも落ち着いていていい感じでした。勿論、権利(ダービーへの)はそう簡単にはとれないと思うけど、それを見越しての気持ちを持たないとね。前に付け、ラストも確り伸びる馬といった馬に育てたいと思っているし、それが可能な馬だとも思っています。あとはたまに出が悪い時があるのでゲートだけです」(佐藤哲三騎手) 「道悪、距離、そういった点の不安は何も無し。アドマイヤフジが一つの物指しになるのは有難いし、ここで何とか勝たないと先の事は言ってられませんからね」(佐々木晶三調教師) 晴雨問わぬ馬。相手は手強いと言うが、まんざらでも無さそう。新潟2歳Sは挫石で体調が悪かったのが敗因で本来の力は相当。
「ダートで勝っているけど芝での好走もありますからね。ただ、今回は相手が相手だけにそれ程大きな事も」(中竹調教師) やはりここに入ると分が悪いのは確か。
「調教の動きはラストの伸びが良かったし、いい動きでした。デキは上々と言っていいでしょう。スピードに乗るまでに少し時間はかかるけど、一度スピードに乗るといい走り方をする馬だから。全体的に荒削りな面はありますが、むしろそういう馬を強い相手にブツけてみるのも面白いかも。能力は確かだし、楽しみはありますよ」(大根田調教師) 前走の内容がなかなか。距離延長は好材料だし、末脚生かせる流れになれば。
「動きに関してなら問題無いし、デキはいいと思うよ。ただ、どちらかというと平均ペース向きの馬だからね。あまり時計が速い結着になるとどうかな。スンナリ行けて、流れに乗れるようならいいけど」(安藤調教助手) 前走は前半のペースがきつかった事もあったようだ。ペースを考えると今回の方が楽そうだし、スンナリした競馬ができそう。
「ケイ古の動きは相変わらずいいんですよ。ただ、何故皐月賞であれ程負けたのかわからないんですよね。どうもアテにできない面があるようで……コース替わりでキッカケを掴んでくれるといいとは思っているんですが」(石坂調教師) 力は間違いなくある馬だが、近走の大敗続きが気になる。中山が向かず、あるいは輸送がダメなのか、今回の京都で判明か。
「追い切りは中1週なのでこの程度で十分でしょう。ダートに良績が集中している馬だけど、芝が不向きとは思えないのでここに。ただ、相手はさすがに揃っていますが」(飯田雄三調教師) 1勝馬、そして芝の上にGII相手では。
「ケイ古はこの程度で十分。大崩れなく走ってくれるし、能力面でそう見劣るとは思えないだけにこの相手でも差のないレースをしてくれるのではないかと思っているんですよ。あとは輸送で体が減らなければ、ですね」(小島太調教師) 一戦毎の馬体減りは気になるところ。血統面の魅力ある馬だし、能力も高そうだが本領発揮はまだ先といった印象。
「中2週になるし、それを考えればケイ古時計が遅くても関係無いと思う。ビシっとやる必要もないですから。皐月賞は内枠が仇になったけど、広い京都の外回りコースなら力を出し切れますからね。条件を考えると楽しみの方が大きいですよ」(込山調教助手) 皐月賞はイン(1枠1番)が裏目。直線大外からの伸び脚は目立っていたし、京都の外回りなら思い通りのレースができそう。
「中1週になるけど疲れも見られないし、ケイ古の動きもこの馬なりに良かった。相手なりに走る面があるし相手が揃っているけど時計がかかるようなら」(大久保正陽調教師) ピリっとした脚に欠ける面があるものの粘り強さはある。道悪で他馬が苦しむようなら。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。