2005年4月24日(日)

11R

2005年4月24日(日) | 3回京都2日 | 15:45発走

第10回アンタレスステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「短期放牧明けだけど、向こうでも乗っていたし、今日の併せ馬で遅れたのは相手が走る馬だけに問題ないでしょう。馬自体は久々を一叩きした分もあるし、状態としては悪くありません。ただ、本調子にはもう一息かな。それと今回は59キロの斤量も気になるところですね」(久保調教助手) 休み休みの感じで本調子には一息の印象があるし、この相手に59キロも辛いか。
「ケイ古は動くようになってきましたね。裂蹄の方も今は心配ないし、デキはマズマズ。9歳になりますが、そう衰えは感じないですからね」(松田国英調教師) 「ケイ古はいい時計が出たし、動きからは年齢を感じられなかった。力のある馬だし、いい結果を出したいですね」(熊沢騎手) 年の割に戦歴少ないが、変わり身も一息といった感じ。
「追い切りはこの馬なりに走ってくれていたし、状態はいいですよ。前走は大外枠という事もあって終始外々を回らされてしまったから。あのレースは力負けだとは思っていません。好位でうまく立ち回れる馬だし、流れに乗れるようならチャンスはあると思う」(石坂調教師) 自分のパターンに持ち込めれば上位は狙える。このところ、不利な条件ながらも堅実な走りを見せているのがその証。
「追い切りは動いたし、引き続きデキの方は好調をキープしています。ただ、小柄な馬(440キロ前後)だけに59キロの斤量はやっぱり応えると思いますよ」(中尾正調教師) 斤量が下がらないのは辛いところ。やはりコメント通りに59キロでは力を半減される傾向大。
「今日の動きはこの馬の絶好時の動きと較べると今一つといった感じがするんだ。ここ一連の対戦相手が強かったし、目に見えない疲れでもあるのかな、といった気もするけど……。でも、私の評価は割と辛口だし、この馬に求めるレベルが高くなったというせいがあるのかも」(中野隆良調教師) 「ケイ古は馬なりだったけど、動きはマズマズ。前走のダイオライト記念(船橋・GII)の時よりも感じは良かったからね」(横山典弘騎手) 昨暮から順調に使い込み、強敵相手に善戦。力から言えばここでも中心視できる馬だが、もしかして連戦の疲れがある?!
「放牧から帰ってきてからは入念に乗り込みましたからね。今日の動きも良かったし、仕上がりはいいですよ。今は体に柔らかみも戻っているし、精神面も落ち着いていていい状態。前走でも強い相手に6着(0秒6差)と善戦しているし、内目の枠でも引いてスムーズなレース運びができるようなら楽しみですよ」(加藤征弘調教師) 平安Sは道中挟まれる不利。力を出し切れるようならここでも上位争いは可能。
「今日は終いを強目にやりましたが相変わらずいい動きでした。自分からハミを取っていたし、手応えも余力も十分だったしね。心配なゲートの方もだいぶ解消してきているし、あとは当日テンションが上がらなければこのメンバーでも、と思っています」(生野騎手) 典型的なハンディキャップホース。54キロがどうかだが、コース得意(3戦3勝)だし、終いは確実に伸びる馬。1着あって2、3着無しのタイプも怖い1頭だ。
「前走は芝のレースだったし、あの結果も仕方ないかな。幸い疲れは無いし、デキはキープしているのでこのレースへ。距離に関してはまだ未知な面があるけど、だいぶスタミナを付けているので大丈夫だと思ってはいるんだ。あとは気分良く走れるかどうかですね」(平田調教助手) 前々走の仁川S(ダート1800m)で3着。今回は前走の53キロ→56キロと斤量増が微妙だが、スンナリ先行できるようなら。
「前走後も順調そのもの。いい状態をキープしていますよ。この距離も今回で3回目。前走でも強い相手に善戦しているし、それを考えればここに入っても見劣りはしないと思います。あとは折り合いさえ付けば、ですね」(増本調教師) 前走は大外一気のゴボウ抜き。脚さえタメていれば強烈な末脚を発揮するタイプ。距離の慣れが徐々に見られるのも好材料。
「今日の動きは良かったと思いますよ。前走は思った以上に体が減った(-14キロ)のが敗因だと思います。その点も今は心配ないし、京都コースは堅実(2戦、2着・3着各1回)に走ってくれるし、スムーズなレース運びができるようなら巻き返せると思っています」(松田国英調教師) 確かに前走は大幅な馬体減が応えた。体が460キロ台??70キロ台に戻っているようなら。
「前走後は短期の放牧。帰厩後すぐに乗り出したし、仕上がりはいいと思う。今日のケイ古の動きも上々だったしね。本来はもう少し短い方がいいけど、我慢は効く馬。ただ、今回はオープン相手になる分がどうかだね」(領家調教師) 昇級初戦になるし、相手も揃った感あり。
「ケイ古の動きは悪くなかったし、好調をキープ。前走はスタートが一息だった分、スムーズなレースができなかったみたい。この距離も折り合いに進境が見られる今なら不安材料とはならないと思うし、この相手でも自分のレースができるようなら差は無いと思っているんだけど」(中山調教助手) オープンに入っての2走が共に0秒6と少差。流れ一つで喰い込む可能性はある。
「追い切りは上がり重点にやりましたが、動きは良かったですよ。久々を一叩きした効果は十分見られます。この後に長距離輸送もあるので体の方も丁度良くなるでしょう。楽な相手ではないけど、それほどヒケを取るとは思っていません」(奥平雅士調教師) 故障により7歳とは言えキャリアが少ない分、若さはありそう。反面、往時の力を望むのも……。
「長距離輸送が初めてという事を考慮して攻馬はいつもよりは軽目にしました。でも状態自体はいいですよ。前走は出遅れてしまったけど、あれはいつもの事じゃ無いし、大丈夫。ただ、気分良く走れるという意味では外枠の方がいいかなという気持ちはありますけどね」(清水美波調教師) まだモロさがあるだけに揉まれ込むと良くない。前走は初のオープン相手で1番人気の支持を受けたが、思わぬ惨敗。キャリアを考えると仕方ないとも言えるが、やや過大評価をし過ぎたかも。
「中間は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は併せ馬で入念に追い切っているので仕上がりそのものはいいと思う。ただ、オープンに入っての2走が今一つだし、その点でどうかな、と言う気がするね」(萩原調教師) 1600万まではそう手間をかけずに勝ち上がってきたが、オープンで一頓挫。ここが一つの壁と言えそう。
「今日の動きは凄く良かったと思うよ。今は馬そのものに落ち着きがあるし、精神面でも安定している。スタートを五分に切れて気分良くレースができれば楽しみは大きいね」(石坂調教師) 一番は先手を取ってのマイペース逃げ。そういう形に持ち込めれば1着も。また、前走より1キロ減の56キロも有利だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。