競馬 - 平安ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年1月23日(日)

11R

2005年1月23日(日) | 1回京都8日 | 15:45発走

第12回平安ステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (混合)(指定) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「中1週という事でケイ古はセーブ気味にしましたが、状態は高いレベルで安定しています。ただ、今回はオープン相手になりますからね。そういった意味で今後につながる内容のレースができれば、と思っています」(萩原調教師) 初コース、初のオープン、別定重量と条件面ではかなりキツイか。
「追い切りは騎乗者の体重の差がある分の遅れだからね。それを考えれば走っていると思いますよ。それにジャパンカップダートの時よりも馬がリラックスしているのはいいと思う。夢中になって走る面は徐々に解消してきていると思ったけど、前走でダートを久し振りに走ったせいか、それを忘れてしまったのかもしれないが、ダートの走りそのものは良かったし、決して悲観はしていません。今回は小回りコースに替わるし、コーナーも4つ。緩急を付けられるという意味では好都合かもしれません。その分、この馬にはケイバはし易いんじゃないでしょうか」(伊藤正徳調教師) 自ら息を入れられるコーナーがあるというのはいい条件かも。距離の1800mも歓迎だし、スピードで押し切る可能性は大。中山の1800mで好成績を残しているだけに、条件はピッタリと言えそう。
「元来が叩きつつ良くなるタイプ。ようやくこの馬らしい感じになってきましたよ。気合のノリも良くなってきたしね。それだけに今回は前走以上には走れると思いますよ」(西園調教師) 前走の名古屋GPで復調の兆しを見せてきた。ある程度前々に付けられるようなら入着の可能性はある。
「今回は気合をつける程度でややセーブ気味の追い切りをしました。長距離輸送を考えてね。最近は砂を被ってもヒルまなくなったし、首を上げるような面もなくなってきました。早目に先頭に立つとフワーッと気を抜く面はあるので、その点に気を付けて乗れるようなら。もし、ここで結果が出ればフェブラリーSも視野に……」(中野隆良調教師) 大崩れの無い馬。コース経験もあるし、善戦は可能。
「今日の追い切りは良かったですよ。余裕を持って相手に併せてきましたから。体つきも逞しくなって大分男馬らしい雰囲気になってきましたしね。まだ未知な面はありますが、この馬の力からこの相手でも十分戦える力は持っていると思います。今後(GIやドバイ遠征)にメドが立つレースをして欲しい。そう思っているんですけど。ブリンカーは今回も着用する予定でいます」(松田国英調教師) まだ正直なところ、どれほど強いかがハッキリしないが、中京のダートでレコード勝ちの実績があるだけにダート適性はあると思える。ここで勝ち負けするようなら、かなりの器と言えそうだが、半信半疑の感も。
「今日の追い切りの感じは良かったですよ。京都コースは勝った実績があるし、この感触からすれば例え重賞といっても善戦できるんじゃないかと思っています」(境征勝調教師) オープンでもソコソコやれる力の持ち主だが、このメンバーに入って上位争いまでとなると……入着なら。
「冬場は走る馬だし、前走も本当に良く走っている。具合がいいという事も言えるが、力を付けている事も確か。自分のレースができるようなら、ここでもいい結果が出るのでは……。3度目(過去このレース2着2回)の正直となればいいけど」(岩元調教師) 「そうケイ古駆けしない馬にしては動いたし、中間の飼い喰いもいいです。この間、順調にきているし、力を発揮できるデキになっていますしね。見た目に少し太く感じるのは体型的なもの。心配ありません」(原口調教助手) 毎年1??3月の時期に好成績を残している。ハデさはないが粘り強い末脚が武器。京都コースは2着2回と勝ち鞍は0だが相性の良いレースで……。
「今日の追い切りは遅れてしまったけど、相手が調教で動く馬なので心配していません。時計面では十分動いていますからね。ただ、この2走のレース内容を見ると59キロの斤量が応えているみたい。何と言っても小柄な馬(430??40キロ台)ですから。それだけに今回も……」(中尾正調教師) 確かに体から判断して59キロの斤量はかなり応えていると思える。
「今日の追い切りは何かモタ付いた感じでしたね。久々という事もあるのかもしれません。それに年も年(8歳)だし。それだけに今回はあまり強気な事も……」(宮調教師) 元来が叩き良化タイプ。1年近いブランクは不安残る。
「今日は少し時計を要す内容の追い切りになったけど、動きそのものは良かったからね。この中間も十分やっているし、デキそのものは引き続いていい状態をキープしています。今回は相手が強くなっていますが、どこまでやれるかという楽しみもあります」(藤原調教助手) 昨夏のエルムS(GIII)でパーソナルラッシュの0秒7差、4着。3着のタイムパラドックスとはクビ差だった事を考えると軽くは扱えない。勢いがあるだけに穴に。
「馬場が走り易かったせいもあって時計は速くなってしまったけど、動きそのものは良かったと思います。でも、今回は相手が揃っていますからね。それだけにどこまでやれるか、と言った気持ちです」(国枝調教師) ダートは走る馬だが、牝馬でこの相手となると正直、辛いか。
「元々がそう動く馬じゃないんだけど、今日は手応えの割に終いは止まってしまいました。少しズブい面も出てきたのが影響しているのかも……。実戦に行けば走ってくれるタイプだし、正直なところ“絶好調時”に較べれば一息かもしれないけど、ここでも能力面でヒケを取るとは思えないだけに、何とか好レースにならないかと思っています」(古川調教助手) 鉄砲は比較的走りそうな気性。ただ、あまりケイ古駆けしないとは言え、今回は終いのバテがきつく、本調子には一息かも。
「今日は終いをビシッとやる指示を出したんだが、少し時計がかかったね。でも、下(馬場)が悪かったという事なので納得しましたけどね。追い切った後の気配から判断しても状態は良さそうだし、ダートも前走内容から全く心配なし。ここで結果を出して、大きいところ(フェブラリーS)へ行きたいですね」(古川調教師) 元々の力はこのメンバーに入っても十分通用。前走の勝ち馬(スパイキュール)はダートの鬼と言える馬。それでも2着を確保したのは立派。ダートも2走目で慣れが見込めるし、ペースも向きそうなだけに。
「追い切りは中間もやっているので今日は終い重点にやりましたが、いい動きでした。精神面で大分成長してきたし、大人になりましたからね。体の方もしっかりしてきたのは何よりと言えます。前走(ジャパンカップダート3着)で能力の高さを再認識したし、目標(フェブラリーS・GI)に出走するためには賞金面が微妙。何としてもここを勝っておきたい、そう思っています」(土田調教師) 3歳秋に強豪相手に3着。ダートは3着以下無しの堅実さを誇るし、成長の著しい今なら1着は十分望めそう。
「追い切りの動き、反応共に良かったですよ。併せた相手を抜く事はできませんでしたが、ラストの伸びは上々でしたからね(追走する形の追い切り)。この馬の力から判断してGIでも善戦できる能力を持っていると思うので、この相手でもそれなりの結果を出してくれると思っています。そして本番(フェブラリーS・GI)に臨みたいですね」(加藤征弘調教師) フェブラリーSは実質このメンバーにタイムパラドックス等が加わると思える。それだけにジンクライシスとの勝負は同馬にとって今後を占う意味で大事な戦い。ダートは12戦8勝2着3回と9割以上の連対率。まだ底を見せていないうえ、前走、初の重賞挑戦となった武蔵野S(GIII)をアッサリと勝利した勢いもある。ここも中心視!
「先週速いところをやっているので今週は軽目にしました。それにしても良い動きでした。以前に較べて馬がしっかりしてきています。相手は揃いましたがデキの良さで何とか頑張って欲しいと思うし、楽しみもありますよ」(加藤征弘調教師) 昨年の統一GIII、サラブレットチャレンジCを勝利。能力的なものではそうヒケを取らない馬。流れ一つでは入着は。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。