2005年6月5日(日)

11R

2005年6月5日(日) | 2回中京6日 | 15:30発走

第43回愛知杯(GIII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (混合) 牝 [指定] ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「この中間も順調の一言。好調をキープしています。今回は柴山騎手に手替わりするけど、癖がある馬じゃないので大丈夫。ハンデの56.5キロも気にならないし、いい競馬をしてくれると思います」(宗像調教師) 久々は苦にしないタイプ。ハンデは少し見込まれたが良馬場でレースできるようなら。
「今日の動きは良かったよ、気配も悪くないしね。このところのレースが今一つ不完全燃焼といった内容。力を出し切れるようなら56キロのハンデだし、巻き返せるハズ。実績だってここで見劣る馬じゃないし」(中尾正調教師) 57キロ→56キロは有利な材料だが、このところの内容が今一つ。往年の力は望めないか。
「先週時計を出しているしね。今回は前走同様に軽目の調整。ここにきて一走毎に体が増えているし、成績もそれに伴ってきているのはいい傾向。55.5キロのハンデは問題ないし、ここもいいレースをしてくれると思っています」(安達調教師) 1800??2000mがベスト。デキの良さ目立つし、ここも好レースか。当たっている佐藤哲三騎手が騎乗するのも買い材料か。
「ケイ古の動きから見ても状態は変わりなくきています。今回はオープンに挑戦だけに楽ではないけどハンデ差(51キロ)があるからね。強敵相手にどこまでやれるかという楽しみもありますよ。距離は折り合いが付く馬なので大丈夫だから」(松田博資調教師) 2000mは2戦して2、3着。ここにきて決め脚に磨きがかかってきた感ある。勢いの良さで喰い込みもあるか。
「追い切りの感じから馬の方はすごく良くなっている感じ。このくらいの距離は向いているし、何といっても重賞を勝っていますからね。55キロのハンデでも牝馬同士なら上位争いはできると思っています」(片山調教助手) ローズS(GII)勝利。末脚を生かせる流れになれば1着も濃厚。
「この中間も元気一杯。前走は52キロの軽いハンデとは言え、牡馬相手に善戦してくれましたからね。今回はオープン挑戦となるけど、50キロのハンデだし、牝馬同士の一戦ならそれほど差は無いと思っています」(伊藤圭三調教師) 問題は距離。マイルまでが理想の印象ある。
「ケイ古の動きは良かったですよ。前走は馬場が少し悪かったのが応えたのかもしれません。良馬場でレースできればあんな事は無いと思うし、距離面の心配も今は無いと思うので……」(池江調教助手) 本来はマイル前後で決め手を生かすタイプ。53キロのハンデはいいが、距離は微妙。
「調教はいつも通りだけどいい動きだったね。前走は前がカベになってしまい、出るに出られずのレース。それにペースも向かなかったし。今回の56キロのハンデは少し見込まれ過ぎの感があるけどスムーズなレース(前々のレース)ができるようなら」(領家調教師) 前走は脚余す。牝馬戦なら56キロのハンデでも侮れない1頭だ。
「動きは上々だったね。ラストの伸びが良かったし。見た目に少し余裕があるように感じられるけど、成長分があるから。ハンデの54キロは少し見込まれ過ぎの感じだけど、流れが速くなる中京コースはピッタリだと思うから」(中村調教師) この2走はマイル、1400mと使っているのが少し気になるが2000mは実績あり。中京も1戦2着と走っているし、デキの良さを生かし切れば。
「今日の攻馬はかかり気味になったけど、元々がそういう面がある馬ですからね。でも久々を叩いての変わり身はありますよ。あとはレースで折り合いに気を付けて乗りたいと思っています。53キロのハンデはいいし、できれば連覇したいと思って入るんですけど(笑)」(秋山騎手) 乗り難しいタイプでアテにはできないが力はある。
「前走後は短期放牧に。前走は牡馬相手に善戦してくれたし、今回は牝馬同士の戦いだからね。ここ目標に仕上げてきたし、前々でレースができる分、小回りコースは有利。54キロのハンデなら楽しみですよ」(高市調教師) 福島牝馬Sは54キロで2着。その時と同ハンデなら問題無し。
「今日の追い切りは余裕十分でしたし、動きも満足がいくものでした。ここにきて馬が本格化してきましたね。特にトモがしっかりしてきた点が好成績につながっているんだと思います。今回は一気に相手が強くなりますが、ハンデ差があるし牝馬同士なら、と思っています」(高橋智大騎手) 中京は良績ないが、平坦コースは得意。この距離もいいし、末脚が生かせるようなら。
「予定を1週延ばしてここへ。中間も順調だし、叩き3走目でデキは今回が一番かも。今回は2000mで折り合いがポイントになりますが、勝った実績もありますからね。53キロのハンデを生かしてくれれば、という楽しみはあります」(堀調教師)
「ケイ古の動き、反応共に良かったですよ。体のこなしに柔らか味も出てきましたしね。あとは自分のパターンの競馬(逃げ?)ができるようならいいですね。51キロのハンデもいいし」(松田国英調教師) 前々に行って渋太さが生きるタイプ。中京、2000mもいいので流れ一つでは……。
「今までがやり過ぎて体が細くなってしまうという傾向があったので今回はオーバーワークにならないように調整しました。ハンデも56.5キロならこなせると思って出走に踏み切りました。牝馬同士のレースならいいところでしょう」(松田国英調教師) 前走は不利。牝馬同士なら力は上だし、このハンデを克服すれば……。あとは当日の体が440キロ前後まで戻っていればいいが……。
「この中間も十分に乗ってきているし、今日の動きも合格点。デキそのものは悪くありません。ただ、どちらかというと右回りの方に良績がある馬ですからね。それを克服してくれるようならいいんだけど……」(稲葉調教師) 昨年のこのレースで4着。その時より1キロ軽い54キロは有利だが、中京、東京と左回りは一息。それに終い一手という点も……。
「動きは良かったね。好タイムが出たし、最後までしっかりと伸びていた。今回も展開一つと言えるけど、前が止まるような流れになるようなら……」(領家調教師) 終い一手の脚質だけにどうしても展開に左右されるし、2000mも長い印象。
「ケイ古の動きは抜群だったよ。デキは言う事無いね。距離も問題無いし、期待といきたいけど、やっぱりオープン挑戦だからね。相手は強いかも……。ただ、51キロのハンデだけに、その点を生かし切れるようなら面白いかもしれないけどね」(佐々木晶三調教師) 格上挑戦だが素質は高く評価していた馬。56キロのハンデもいいし、相手なりに走る面もあるだけに。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。