2005年3月27日(日)

11R

2005年3月27日(日) | 3回中山2日 | 15:25発走

第12回マーチステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (混合)(指定) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

「今回は今までと相手が違うし、揉まれる(砂を被る)競馬をした事が無いという課題はあるけど、馬が今までと違ってきているからね。月一回のローテーションを守っているので状態はいいし、今回この相手にどこまでやれるかという楽しみの方が大きいですね」(清水美波調教師) 連勝の勢いは見逃せない。格上初戦で重賞レースと条件は厳しいが、穴の評価は立つ。
「ケイ古で動くようになってきているけど、今日は併せた相手が動く馬だから遅れは心配ありません。佐賀遠征の疲れは無いし、重賞レースにソロソロ手が届く位置にもきていますからね。それだけに楽しみ」(松田国英調教師) 中山は初コースになるが、不安無し。距離もいいし、このメンバーなら上位の一角。
「前走はスタートの出負けが全てです。あのレースは全くの参考外ですから。前走同様に好調を維持していますし、力を出し切ってくれるようなら十分好レースに持ち込めると思いますよ」(橋口調教師) 前走は痛恨の出遅れ。しかも追い込みにくい不良馬場と条件も悪かった。スタート互角なら巻き返しが大いにある。
「正直、日経賞との両ニラミですが、ダートでこの馬の新しい面が出はしないかという思いがあるので、気持ち的にはこっちの方に、と思っています。ケイ古の感じも悪くないし、状態はいいですからね」(宗像調教師) 近走一息だったし、年齢的にも上がり目という点でどうか。ただ、ダートは3走して3着以下無しと堅実。
「下が悪いこの馬場で54秒台なら悪くはないけど、まだこの馬本来の体付きにはなっていない感じがします。筋肉の付きがもう一つと言う状態だし、ハンデ(58.5キロ)もきついだけに……」(疋田調教助手) 長期の休み明けになるし、この斤量での戦いというのも不利。ここを使われてから。
「元々がそうケイ古で動く方じゃないですから時計はこの程度でも十分です。蹄の方も今のところ何の不安もないですし、久々ですがいいデキでレースに臨めそうですよ」(松田国英調教師) 実績では見劣りしないが中山コースの良績がないのは気になる材料。
「追い切りの動きは悪くありませんでした。確かに相手は強いですが、デキの良さでどこまでやれるか楽しみもあります」(角田調教師) やはりここに入ると力量から分が悪いか。
「この馬にはこのくらいの距離が一番合っていそうな気がするし、改めて期待したいね。状態は好調をキープしているし」(作田調教師) 「前走の内容は着順ほど負けていませんし、56キロのハンデも手頃だと思います。それだけに期待が持てそうですね」(藤岡騎手) 1700mがベストの成績だが、この距離に不満があるワケではない。2走前の根岸Sだけ走れば十分上位争い。
「追い切りの動きは良かったですよ。前走よりいいんじゃないかな。この前のレースは何か今一つスムーズさを欠く内容だったけど、距離も今回が2回目になるし、この馬のレースができれば差は無いと思っています」(増本調教師) 前走7着も0秒7差と着順ほど負けてはいない。うまく末脚を温存できれば……。
「今日は一杯に追い切ったけど、いい動きだったよ。中山コースは相性がいいし、上位を狙いたいと思っているんですよ」(中尾正調教師) このところの内容は一息だが、デキは良さそうだし、コース相性も上々。
「元々、冬場はいい馬ですし、ケイ古の動きも良く見えました。何よりもハンデは思っていたよりも恵まれた気がするし、今回もいいレースに持ち込めると思っています」(和田騎手) 中山OK、時計のかかる馬場もOK。前々でレースできるのも有利で今回も上位争いに。
「追い切りの動きは文句無し。前走(フェブラリーS)は不良馬場もあったしね。この中間も順調だし、走りもスムーズになった今なら期待できると思っています」(松山調教師) 中山は連対率10割。前走のようにスピードの争いになると?も力の要る馬場なら巻き返しは十分。
「今回はビッシリと追い切ったがいい動きでしたよ。56キロのハンデも妥当な線だし、今ならこのくらいの距離の方がむしろいいかもしれないしね」(藤岡健一調教師) 1800mは不安無し。ただ、近走、期待されている割に一息の内容続きが不満。
「この中間も順調だし、デキはいいですよ。この馬にとってこの距離は理想と言えますが、なにぶんにも相手が揃っていますからね」(蛯名調教師) 牝馬がこの相手に入ると正直キツイという印象がある。
「ここ数戦の内容は安定していますが、今回は牡馬相手になりますからね。55キロのハンデは悪くないけど、楽なレースは望めないかも……。デキの良さで善戦をして欲しいと思っているんだけど」(湯浅調教師) 前走56キロでクーリンガーに0秒1差の2着なら悪くない。初コースを克服できるようなら“一発”も考えられそう。
「追い切りの動きは前走以上と言っていいでしょう。ただ今回は初の長距離輸送の上に中山は初コースになりますからね。その点さえ克服してくれれば上位争いは可能だと思っているんですけどね。デキの良さを生かしてここでも、と期待はしていますが」(石坂調教師) ポイントは輸送のみ。当日落ち着きがあるようなら。コース向きの脚質だけに中山はむしろ好都合か。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。