2005年3月20日(日)

11R

2005年3月20日(日) | 2回中山8日 | 15:35発走

第54回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「放牧明けになりますが、牧場で十分に乗り込んでいたので仕上がりはいいですよ。元々が芝の方がいいタイプだし、この相手でも持ち前の先行力を生かしてレースができるようなら面白いと思っているんですけどね」(江口調教助手) スンナリ行けると粘り強いタイプ。今回は強力な同型がいるので、その兼ね合いが鍵になりそう。
「ここにきて馬が成長したのか、真面目に走るようになってきました。気性的に少し難しいところがあるのでレース間隔を空けましたが、仕上がりはいいと思います。あまり切れ味のあるタイプじゃないので、好位から抜け出すような競馬を。それでどこまでやれるか、ですね」(鈴木伸尋調教師) 先行して抜け出すパターンが同馬の戦法も、この相手でどこまで通用するか……。
「追い切りは馬なりの調整でしたがいい動きでしたし、状態は引き続き好調をキープしています。前走はイレ込みが原因で結果を出せませんでしたが、当日落ち着きがあり、力を出し切れればここでもヒケを取らない馬だと思っています」(松永勇調教師) 昨暮のホープフルSでエキゾーストノート(今回は骨折で回避)のハナ差2着の実績あり。馬場が渋るようだと怖い存在に。
「引き続き状態の方は申し分ないですね。昇級しての2戦が強い相手に善戦と内容がありますからね。今回は更に相手は強化されますが、力を付けてきているし、どこまでやれるか楽しみです」(柴田政人調教師) もう少し長めの距離が理想というイメージがあるが、終いは確実に伸びる馬。有力処にスキがあると喰い込みも。
「先週に較べても今日の動きは良かったと思います。まだ腰に多少甘いところはありますが、徐々にそれもいい方向に向かってきています。本格化は先になると思うけど、能力高い馬だし、何とか本番の権利をとりたいと思っているんですけど」(相沢調教師) 道悪で2勝しているが、本質的には良の方がいい馬。初のオープン相手になるが、能力面の見劣りは感じない。
「先週も速いところをやっているし、今日の動きも合格点。元々が仕上がりの早いタイプだし、これで十分でしょう。気性面から久々を気にするとは思えないし、前走(朝日杯FSは前詰まる不利)も力負けと思っていませんから。距離の心配も無いし、いい結果を出して本番に向かいたいですね」(高橋裕調教師) 久々は京王杯2歳S1着と全く不安無し。自在性ある脚質は魅力だ。
「寒い時期を休養にあてたのが良かったのか、馬が凄く良くなってきています。今日の動きも文句無しでしたからね。これなら久々を気にせず、いきなり力を発揮してくれると思います。今回は(鞍上に)柴田善臣騎手が手綱をとりますが、もし折り合いに不安が出るようならマイル路線への切り替えも考えなければ、とは思っていますが、私はこなせると見ています。まぁ、運があれば“勝てる”と思っていますけど」(橋口調教師) 追い込み一手というイメージがあるが、もっと前でもレースは可能なハズ。ただ、今回は先行勢が多く、折り合い云々の不安は無いだろう。展開も味方しそうだ。
「追い切りの動きから判断しても順調の一言と言っていいでしょう。今回は長距離輸送があるし、初コースというハンデはありますが、自分の型に持ち込めればいいレースができると思っています。馬自体、力も付けてきていますからね」(新川調教師) マイペースの逃げが理想。同型といってもスピードが違うし、今回も他馬に先手を譲るとは思えない。ここも粘り込み注意!
「今日は予定していたよりも時計が少し速かったけど無理をしたワケじゃ無いから大丈夫。この中間も順調にきているし、仕上がりに関しては問題無し。距離の延長は不安というよりはむしろ歓迎材料だし、前走同様にスンナリと前でレースができるようなら」(小島太調教師) 2走共に僅差の勝利。それだけ勝負強いと言えるかもしれない。折り合いに不安無いし、好位抜け出しの形ができれば一発も。
「追い切りの感じは悪くなかったし、状態はいいですね。前走のように自分のペースでレースができるようなら持ち味を発揮できるタイプ。今回は相手が揃いますが、自分の型に持ち込めるようならソコソコ頑張れるのでは」(岩戸調教師) 今回は同型が多く、自分のレースができるかどうか……。
「今日の追い切りは劣勢でしたが併せた相手がケイ古で動く馬ですからね。この馬自体の動き、仕上がりに関しては何の問題もありません。追って渋太いところがあるし、レースでその脚を生かし切れるようなら……」(小島茂之調教師) 混戦になると渋太さを生かせそうなタイプ。そして時計がかかる馬場になれば……。
「先週もやっているし、今日の追い切りもいい感じでした。久々になりますが仕上がり状態はいいですよ。相手は揃いますが、何とかここで(皐月賞の)権利をとって欲しいと思っているんですけど……」(久保田調教師) オープン相手の2走からは少し荷が重いといった印象。
「今日は調教駆けするサンライズキングを追いかけ過ぎて時計が早過ぎてしまったのは誤算だったが、これが原因で走らないという事は無いと思う。ここを目標に中間一息入れて調整してきたし、間違いなく前走よりも体は良くなっている。クラシックを狙える器である事は間違い無いし、ここも当然、勝ちを意識しての出走。本番前の一叩きという意識は全くありません。皐月賞を狙うなら当然の事でしょう」(石坂調教師) 早くから“師”がクラシックを意識していた馬。対戦相手の比較からも“負けられない”レース。皐月賞勝利を狙うなら当然だろう。
「一頃と較べるとずいぶん体はしっかりしてきました。体調の方も好調をキープしているし、デキはいいですよ。今回は中京2歳Sと同じ芝のレース。あの時は追走に苦しむという面が見られましたが、力を付けた今なら違った結果も、と思っているんですが」(疋田調教助手) 芝でも時計がかかる馬場なら注意が必要か。スピードの争いでは?
「短期放牧明けになりますが仕上がりはいいですよ。一走毎に体が増えてパワーアップしてきているし、スタートの不安も徐々に解消してきていますからね。今回も前走同様にスムーズなレースができるようならこの相手でも、と思っています」(和田調教師) 中山の2走が共にスタートで後手。その点が少し?も前に付けられるレースができるようなら。
「今日の追い切りはもう一つピリッっとした面が感じられなかったけど、この馬なりには動いていたし、大丈夫だと思う。久々に対しての不安は考えなくてもいいでしょう。今回は芝だし、相手も強くなるけど、何とかここで先につながる結果を出して欲しいと思っているんだけど」(池添調教師) ダートは3着以下無し。芝も札幌で1着とあまり気にしなくてもいいタイプ。ただ、久々より叩いて変わるタイプと思えるので。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。