IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年5月29日(日)

10R

2005年5月29日(日) | 3回東京4日 | 15:40発走

第72回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

「追い切りの動きは上々です。時計も予定通りだったし、キッチリと仕上がったと言っていいでしょう。この枠(1枠1番)なら無理をしないでいい位置がとれるし、ジッとしていられる利もありますから言う事無し。ディープインパクトがノーザンファームの1番馬なら、この馬は社台ファームの1番馬と言える馬だと思っていますからね。それなりの自負もありますよ」(加藤征弘調教師) 中間騎乗したK・デザーモ騎手も好感触を得たとの事。鞍上も魅力だし、道中ロスなく進める枠も良し。一発あればこの馬か!
「指示通りの追い切りができました。動き、仕掛けてからの反応共に良かったです。前走だって不利があっての2着。あれがなければかなり際どかったと思っています。東京コース向きだし、今回も末脚を生かす競馬で頑張りたいですね」(田中勝春騎手) 「今日は予定通りの追い切りができたし、動き、気配共に良かったと思います。前走は不利がありながらもダンツキッチョウにクビ差ですからね。まともだったら……と思っています。一頭強い馬はいるけど、楽しみも」(萱野調教師) 末脚が武器の同馬にとって東京は絶好の舞台。勝ちを意識せずに自分の競馬に徹する事ができれば大外一気のシーンも。
「前走は輸送が応えたのか、いつものこの馬の精神状態じゃなかったですからね。でも今回が2回目の輸送になるし慣れは見込めるハズ。元々がダービー向きと思っていた馬だし、何より東京コースはこの馬にはピッタリですから」(橋口調教師) 「皐月賞はこの馬本来の姿じゃなかったですからね。今回の追い切りは上々だったし、あとはレースで闘志を出せるよう、馬混みの中で競馬ができるようなら……。できれば中??内の枠が欲しいと思っています」(安藤騎手) 前走はこの馬らしい伸びが全く見られず初の長距離輸送で落ち着きを欠いていたのが敗因か。早目に付ける脚はあるし、自慢の末脚を生かせるようなら……。
「順調に使い込んできているのでそれ程やる必要はないから、これで十分でしょう。疲れも感じられないし順調にきていますよ。今回は柴田善臣騎手になるけど、その点は大丈夫。乗り易い馬だから」(坂口正則調教師) 大崩れなく走っているが、相手関係を考えると苦戦は免れないところ。
「今日の追い切りは今までの中で一番良かったかもしれません。それだけに状態は言う事無し。息の入りも良かったしね。今回は対戦相手全てが(僕の馬を)マークしてくると思うし、それだけ厳しいレースになる事はわかっています。それでも我々やファンの方々の夢を叶えたいと思うのは同じですからね。皐月賞の1本指ですか?あとは言わなくてもわかるでしょう(笑)」(武豊騎手) 「今日で一息ついたといった気持ち。動きは良かったし、やれる事は全てやりましたからね。今は悔いの無い仕上げができたと満足しています」(池江泰郎調教師) とに角、手加減する事無く、ビシッと仕上げたといえる内容。武豊騎手も“自信のコメント”で2冠を完全に意識か。
「体の方は前よりも締まってきているし、体調は上々。東京の2400mもこの馬に合うと思う」(込山調教助手) 「今日の動きは良かったですよ。体の方もスッキリと仕上がっているし、直線が長い東京コースはこの馬にピッタリだと思う。その分、楽しみも大きいですね」(福永騎手) 脚質から直線が長いコースは有利に働きそう。ラストは堅実に伸びるし、追ってバテない特徴を生かせるようなら。
「今日の動きは今までで一番と言っていいと思う。走りが上手になっているし、手前の替え方もスムーズ。言う事無しですよ。強い相手はいるけど、負ける意識で乗っていたら意味が無い。勝つという強い気持ちで臨めば活路も開けると思う。とに角、悔いの無い騎乗をするつもり。2着なんて望まない、そういったレースをするつもり」(佐藤哲三騎手) 「今回の動きは文句無し。この馬にとって東京コースはピッタリだと思うし、強い馬がいるけど悔いのないレースをしたいと思っています」(佐々木晶三調教師) 前走が3コーナーから一捲りのレース。ダービー、打倒ディープインパクトを想定したレースと見た。未対決の魅力もあるが、素質もかなり。晴雨を問わないのもいい。“ここ一発勝負”に賭ける陣営の意気込みは凄い。
「前に馬がいると嫌がるみたいですね。そういった面が今日のケイ古で見られました。それだけに今回は行かせた方がいいと思っています。とに角、行ける事ができればかなり渋太く粘る馬ですからね。枠も丁度良かったし、スンナリ行ければ」(加藤征弘調教師) 距離は血統が裏付け。プリンシパルSでの粘り腰はなかなかだが、1勝馬だし、ダービーのペースは並のレースとは違うので。
「時計そのものは平凡だけど動きは良かったからね。この中間のカイ喰いはいいし、体調はいいですよ。この馬自体が本格化するのはもう少し先のような気がするし、距離も少々長いかなという感もあるけど、内容のあるレースをしてくれれば……」(山内調教師) 毎日杯3着後の2走が今一つ物足りない内容。一線級相手となるとやや分が悪そう。
「今日は後ろから突つかせる形の追い切り。前走も行けるようなら行ってくれ、と指示したが内に速い馬がいて行けなかった。あのレースを見る限り、前に馬がいると嫌がるみたい。それを考えて今度は積極的な競馬をしてもらう予定。デキも良くなっているし、行ければ渋太いという面を生かせるようなら」(高橋裕調教師) 逃げてこその馬。前走(青葉賞)は控えたのが裏目。逃げが一番だが、悪くても2??3番手に付けられるようなら……。
「今日は自分が思っていたよりもいい時計が出ました。引き続きいい状態をキープしています。直線が長い東京コースは向いているし、あとはうまく折り合いを付けて末脚を温存できるようなら、それなりの競馬ができると思っています」(小牧太騎手) 瞬発力は相当あるが、その脚を2400mで発揮できるかどうか……。マイラーの印象が強いだけに。
「今日は併せ馬の予定だったけど遅かったので(早目に交して)単走の形に。でも動きは上々でした。この距離がどうかはわからないけど、落ち着きがあるし、こなしてくれるのではないかと思っています。ディープインパクトは強いし、あの馬マークという形ではなく、他の馬もマークしなければいけませんからね。自分の競馬に徹しようという思いで臨みます。何にしても悔いのないレースをしたいですね」(後藤騎手) 「追い切りの動き、内容共に上々。いいデキですよ。仕上がりに何の不満もないし、あとは悔いの残らないレースを、と思っています」(堀井調教師) 皐月賞は自分から一歩先に動き、勝ちに行くレースでの4着。早目に動いた分、ラストは止まったが見処は十分。しかし、基本的に中距離(マイル前後)というタイプで、この距離での信頼度は一息か。
「今日の動きは素軽さがあるし、前走(青葉賞1着)同様の好状態を感じさせる内容だった。デキは満足いくものだよ。一頭強い馬がいるけど、まだ未対決だし、そういった意味でも楽しみがあるからね。馬が大きく成長しているだけに」(藤田騎手) 「この馬が勝つ時はいつも着差は僅かだけど並んだら抜かせない勝負根性があるからね。派手さはないが、その勝負強さを生かして善戦を期待したいですね」(山内調教師) 1、2着時の最大着差が2馬身2分の1。それでも連対を外していない堅実さは立派。それにレース振りに幅が出たのも好材料。コース、距離経験も大きいし、上位争いか。
「先週の時点で体の方はできていたし、日曜日にもやったからね。それだけに今日は調整程度。反応を見る程度にとどめたが、動きは良かったし、これで十分。能力だけで走っている感じで本格化するのはまだ先になると思うけど、力は間違いなくあるからね」(松田博資調教師) 皐月賞はディープインパクトを負かしに行く積極的な競馬で3着。負けて強しの内容。鞍上が横山典弘騎手→幸英明騎手に手替わりするが、癖がないしOKか。また、広い東京コースも良さそう。
「コース追いから坂路追いにしたのは東京の長い直線と坂を意識しての事。牡馬にしては小柄な馬だけど、やれる事はやっておこうという思いでハードにやりました。輸送で馬体が減るかどうかはわからないけど、それは気になりません。(四位騎手が)色々と教えてきた事が実を結んできているし、強い馬がいる事も確かだけど、ただ引き下がるわけにはいかないですからね。左回りは初めてだけどその点も大丈夫です」(長浜調教師) 完全払拭とは言えないがゲートは普通に出るように。今一歩詰めが甘い事もあって1勝という勝ち星は気になるが、皐月賞2着の内容は無視できない。
「レース間隔は詰まっているけど疲れもなく順調にきている。前走は力を出し切らずに終わってしまったけど、この馬らしいうるさい面が見られてきたし、最後まで集中力を欠く事無く走ることができるようなら」(村田調教助手) タイプとしては2400mより、短距離で決め脚を生かす口か。それだけにこの距離は?と言えるかも。
「今日は終いをサッと伸ばす追い切りだったけど、これは予定通り。体調の方は上々と言っていいと思う。抑える競馬も徐々に身に付いてきているし、距離にやや不安があるかもしれないが、こればかりはやってみたいとわからないからね」(岡田調教師) レース振りに幅が出たのは評価できる。ただ、この距離は一抹の不安があるのも事実。ベストは1800前後と言えるかも。
「先週やっているので今日は馬まかせの追い切りだったけど、動きは良かったよ。皐月賞の時は馬がピリピリしていたけど、今日の感じは落ち着きもあったし、そういう面でもいいと思う。ノドに疾患がある馬だから余計にピリピリして欲しくないし。あとは少しでも時計がかかる馬場になってくれればいいと思うけど、今の状態でどれだけやれるかという楽しみもありますね」(蛯名騎手) ノドの不安はあるが、良馬場でも大丈夫。皐月賞は伸び案外だったが、まだ見限れない面も。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。