2005年5月21日(土)

11R

2005年5月21日(土) | 3回東京1日 | 15:40発走

第119回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5800、2300、1500、870、580万円 |

「今日の動きは悪くなかったし、デキそのものも悪くないと思う。でももう少し上を目標としているだけに……ね。以前と較べてトモがだいぶしっかりしてきたのとバランスも良くなってきたのは好材料と言えるけど、ハンデ(56.5キロ)は少し見込まれたような気がするね。通用する力はあるとは思っているけど」(佐藤哲三騎手) まだ本当のオープン馬の域には一息という関係者。これからの成長一つと言えるが、今回も少しハンデは見込まれた印象。善戦は期待できるが、勝ち切るとなると微妙。
「一叩きした事もあってケイ古の動きは良くなっています。でもどちらかというとダートに良績が集中しているし、52キロのハンデとはいっても相手が相手ですからね。そう強気にも」(佐藤吉勝調教師) ダートでこその馬。距離も微妙に長いといえる。
「今日のケイ古の動きは良かったよ。終いの伸びに鋭さが出てたしね。56キロのハンデもいいし、相性の良い東京コースというのも歓迎だから」(中村調教助手) ケイ古の動き、ハンデは認めても近走の内容が一息。既に8歳で一変までは?
「今回はオープン挑戦という形になるけど53キロのハンデで出られますからね。その点を味方に善戦できないかと考えているんです。自分の型に嵌ったレースができれば意外な力を出す馬だしね」(音無調教師) 前々で渋太く粘り込むレースが同馬のパターン。今回も自分のレースができるようなら案外の善戦も……。
「天皇賞を除外されてレース間隔は空いたけれど、今日の動きは良かったし、仕上がりに関しては満足。末脚は確かな馬だし、ハンデの54キロもマズマズ。得意としている東京だけに期待は大きいですね」(高市調教師) 松岡騎手も自信ありといった様子。54キロなら力を発揮できるし、ここも上位争いは可能か。
「順調に使い込んできているし、ケイ古はこの程度で十分です。53キロのハンデならここに入ってもそう見劣るとは思えないし、東京コースは相性がいいですからね。末脚を生かせる流れになれば……」(根本調教師) 典型的なハンディキャップホースで53キロは歓迎だ。
「この中間も順調の一言。一叩きしての良化も見られるし、54キロの斤量もいいと思う。相手は揃っているかもしれないけど、この馬は重賞で善戦した実績があるので気にならないからね。あとは力を出し切ってくれれば、だね」(松田博資調教師) ステイヤーズSで4着と好走の過去あり。54キロのハンデなら侮れないかも。
「この中間も順調にきているし、追い切りの動きも良かったですよ。前走は直線で内を突いた時に一瞬、狭くなってしまいました。そこで立て直したロスがなかったら、と言える内容でしたからね。56キロのハンデは少し見込まれたかなという気はしますが、何とか善戦して欲しいですね。左回りの実績は一息だけど、その点は大丈夫だと思います」(鈴木伸尋調教師) この距離はいい。ハンデ面での恵みは無いが、それは実力を見込まれてのものか。左回りがネックだが、早目、早目の策という戦法がうまくいくようなら……。
「前走は他馬と接触して折り合いを欠いたのが敗因。元々がケイ古駆けしない馬だから、今日の時計はこの馬としては上々と言えるかも。ハンデの57.5キロは気にならないし、東京コースも得意。あとは折り合ってレースができれば、ですね」(安達調教師) 昨年の覇者。この斤量もダイヤモンドSで3着なら心配無し。藤田騎手とのコンビで新味が出るかもしれない。
「今日の追い切りの動きは良かったですよ。中間の状態も安定しているし、仕上がりに関しては言う事ありません。あとは55キロというハンデ。今度は重賞ですからね。レースの流れにうまく対応できれば、差はないと思っていますけど」(藤沢和雄調教師) 堅実な反面、勝ち味に遅い。牡馬相手でも善戦の力は持っているが、55キロは少し評価されすぎたか。大崩れはないだろうが。
「中1週なので馬なりのケイ古だったが、動きは上々。今回は昇級戦になるけど54キロのハンデだし、このコースも得意にしているからね。距離も折り合いに不安がある馬じゃないので大丈夫だと思う。GIIでも楽しみだよ」(松山調教師) 相手なりに走るという特徴があるし、54キロのハンデも魅力。格下と思わない方がいいかも。
「短期放牧に出しましたが、今日の追い切りの感じは良かったし、落ち着きもあります。相手は揃うけど53キロのハンデだし、折り合ってレースができるようなら、とは思っているんですけど」(久保調教助手) この距離は得意。ただ、コース実績は今一つといった印象だ。
「ケイ古は終い重点だけど先週やっているのでこれで十分。53キロの斤量はいいけど、このところの内容が今一つだからね。今回もそう強気な事は……」(石坂調教師) 本質的には芝よりダート向きだし、53キロのハンデもここ2走の成績が7、9着では恵まれたとは言えない。
「除外が続いてしまったが今日の動きを見る限りでは調子は悪くなさそう。暖かくなるにつれて調子を上げるタイプだし、53キロの斤量もいいね。距離は微妙だが、善戦を期待したいです」(谷原調教師) ベストは2000m。それと平坦コースに良績が集中。坂のある東京ではどうか。
「先週もやっているけど今日の動きも上々でしたね。東京コースは向いているし、前走も直線の脚に見処。あとはこの馬の末脚が生かせる流れになるかどうかでしょう」(松田国英調教師) 54キロのハンデだが同斤量でのここ5走の最高が5着。年齢的なものか、あと一押しが効かない印象。
「先週早いところをやっているので今日はこの程度で十分。一叩きしての良化が窺えるし、暖かくなるに従って調子を上げてきているのは好材料。ハンデの52キロもいいし、自分の型に持ち込む事ができれば楽しみも」(谷原調教師) 東京のこの距離はいい。52キロの軽ハンデなら善戦の余地あるかも。問題は体が絞れているかどうか。
「今日のケイ古の動きは良かったですよ。一叩きした効果で体の方も絞れてくるのではないかと思います。54キロのハンデも手頃だし、能力比較で見劣りする馬じゃないと思いますが、この距離がどうか、ですね。未知な面があるので」(橋田調教師) 青葉賞(芝2400m)でハイアーゲームの5着、ダービーは14着。なんとも言えぬ微妙な感じで……。
「先週に速いところをやっているので、今週はこの程度で十分でしょう。使いつつ体調が上向いてきているし、53キロのハンデもいいですからね。得意にしている東京、距離でソロソロという気はしています」(矢野照正調教師) 50キロの軽ハンデでアルゼンチン共和国杯2着。53キロも50キロもそう大きく変わらないし、このハンデなら一発があるかも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。