IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年5月15日(日)

11R

2005年5月15日(日) | 2回東京8日 | 15:35発走

第50回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m | 天気:雨 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

「先週に速いところをやっていますからね。だから今日は終い重点の追い切りをしましたが、体調は良くなっていますよ。前走以上は間違いないでしょう。あとは自分のペースでレース運びができるかどうかだけですね。マイペースで行けるようなら……」(藤井調教助手) 逃げるのは間違い無し。今回は同型が少なく、案外とスンナリと運べそう。有力処が牽制し合って末脚が鈍るようだと残り目は大いにある。
「やっと自分が思っていた状態になってきたよ。この中間も順調だけどそれ以上に馬が力を付けてきた印象があるからね。GIIのメンバーが相手になるけど、ここでも戦えるだけの力を持っている馬だと思うよ」(河野調教師) 前走のマイラーズC(GII)でもローエングリンの0秒2差3着。上がり33秒2の末脚は見事だ。本格化の兆しが見えた今なら逆転まであり得るか。
「久々になるけど仕上がりそのものは悪くありませんよ。今回は今までと少し違った条件を使ってみることで変化が見込めないものかという意味でここへ。その効果が出るようなら、と思っています」(萩原調教師) 久々は苦にしないタイプ。比較的前々に行ける馬で展開は向きそう。うまく自分のペースを守れるようなら“大穴”に。
「このところずっと具合はいいんだけど結果が伴ってこないんです。今回は東京コースに替わるし、集中して走ってくれるようなら好走してもおかしくない雰囲気があるんですけど」(和田調教師) 年齢的にそう大きくは変わらないかもしれないだけに。
「中間に挫石した影響はないですよ。ここまで順調に調整できたしデキは悪くありません。広い東京に替わるのもこの馬にとっては好材料ですしね」(小森調教助手) 「追い切りの動きは上々。馬に落ち着きがあるし、力も付けている印象。抑えるレースもできるようになっているし、このメンバーでもヒケは取らないと思っています」(武幸四郎騎手) 休養後は控える競馬を。阪急杯3着でその成果を見せたが、高松宮杯では不発。と言うより“二走ボケ”? 距離延長は歓迎のクチで末脚生かせれば。
「道中の折り合いに気を付けて追い切りを。行きたがる面があるので。今日は終いの伸びが良かったし、デキは引き続きいいですよ。今回は距離が延びるだけに道中の折り合いが鍵。うまく前に壁を作って折り合えるようなら上位争いできると思っています」(久保調教助手) ベストは1200m。ハイペースになるようなら折り合いの不安は無し。ただ、今回は先行激化が望み薄な点がどうでるか。
「先週もそうだったけど、今日の追い切りも自分から止まろうというような仕草を見せるんだ。今までこんなことはなかったんだけど……。ケイ古の感じはいいとは言えないな。それだけに何とも言えない面があるんだ」(本田騎手) 久々を2走し、3走目の走り頃とは思えるが本来の動きとは言えないだけに……。
「中1週になるのでこの程度で十分だと思います。中間の喰いの方も落ちてないしね。距離もこのくらいの方が向いていそうだし、その点は好都合なんだけど、今回は相手が揃っていますからね。その点が……」(田子調教師) オープン特別を快勝。勢いはあるものの昨秋からずっと使い込んできているだけにそう大きな上積みは? 重賞になるとやはり相手関係も厳しいのでは。
「この中間、リフレッシュを図るために放牧に出した甲斐が出たのか今日のケイ古の動きは良かったと思う。今回はこの馬に初めて乗る横山典弘騎手が違った面を引き出してくれないものかと期待をしているんです。展開がハマればいい脚を使ってくれる馬だけに、その点にも」(橋口調教師) 伸びずバテずの何か物足りないレースが続いている感じ。距離はいいが、信頼度という面では今イチの感。
「今回は中1週になるのでこの程度で十分だと思う。昇級で初のオープン、しかもGIIの重賞と条件は一気に厳しくなるけど、この馬は相手なりに走る面があるからね。どんなレースをしてくれるかという楽しみもありますよ」(音無調教師) とに角、東京は走る。7戦3勝で3着以下は無しの巧者振り。ただ、相手が一気に強くなり過ぎたことと、持ちタイム面で……。
「今日の動きは悪くなかったけど1年以上の休み明けになりますからね。やはり1度使ってからと言えるんじゃないかな」(河野調教師) 長期休養明け、初の1400mでGIIと条件は厳しい。
「今日のケイ古の動きは人によってはこの程度で? と思うかもしれないけど、時計的には予定通りの内容でしたからね。先週にもやっているし、これで十分でしょう。ただ、高松宮記念で100%の仕上げをしたので更に、ということは言えないけど。むしろ少し余裕残しの造りであることは確か。でも力を出せる仕上がり状態なのは間違いありませんから」(小島良太調教助手) 東京の芝は初コースになるが、左回りは中京で1、3着だから心配無し。この距離もダートで勝っているし、あまり気にしなくて良さそう。
「調教はいつも動く馬だからね。引き続き好調をキープしているし、元気もありますよ。GIを勝っているだけに59キロの斤量は仕方ないし、GII相手と言っても楽じゃないのは確か。でも東京の1400mはベストに近い条件ですからね。それだけに前走同様、いい結果を出したいですね」(武豊騎手) 「この中間も順調そのもの。59キロを背負うけど1200mよりは1400mの方がレースし易いし、東京は得意なコースだから」(橋田調教師) 東京コースは3戦2勝2着1回とパーフェクト。59キロの斤量は微妙なところで、58キロで安田記念2着の内容をどうとるかが鍵。
「先週の追い切りが少し軽かったので今日はビシッとやるつもりだった。それにしても仕掛けての反応が良かったね。終いはグイッと伸びたし。小回りコースよりは断然、広い東京コースの方が向いているし、この距離もいいからね。今回はいいレースをしてくれると思いますよ」(杉浦調教師) 年を感じさせないいい動き。コース替わりは有利だし、この距離もピッタリ。良馬場でレースできれば上位争いは十分可能だ。
「香港カップの時は連戦の疲れもあったと思うし、体も減ってしまっていましたからね。それにいつになく気負って走っていました。でも、中間の放牧によって体もフックラしているし、疲れもとれましたよ。今日の動きもそれなりの時計が出たし、これでいいと思いますよ。この距離もスピードがある馬だし、流れが速くなるのも好都合。相手は揃いましたが楽しみですね」(藤沢和雄調教師) マイルで4戦3勝2着1回のパーフェクト。スピード面で見劣るとは思えない。久々も気にしないタイプだし、いきなり能力全開か。
「中1週を考えケイ古は終いを重点にやりました。終いの伸び、反応共に良かったですよ。左回りは走るしこの距離も折り合えるだけに好都合。その点に望みをかけたいですね」(田中章博調教師) 終いを一杯に追っているだけに二走ボケの不安は無さそう。距離も向きそうだが、ここに入って57キロの別定戦ではキツイか。
「今日のケイ古は最後に併せる形。息遣いもいいし、動き、反応も良かったですよ」(北村宏司騎手) 「前走は久々だったし、他馬より重い58キロの斤量を背負っていましたからね。それでも3着と内容は良かったと思う。中1週なのでケイ古はこれで十分だし、東京の1400mはこの馬にピッタリだし、上手に走ってくれる。7歳になったけど衰えは全く見られないし、まだまだやれますよ」(藤沢和雄調教師) 昨年の勝者。今回は他馬とほぼ同じ斤量だし、叩かれての上昇も見込める。得意の距離でもあり連覇への期待は大。
「状態の方は一息入った前走を叩いて上昇していることは確かです。それに前走は落鉄のアクシデントと直線で少し窮屈になるところがありましたからね。着順ほど悲観する内容じゃなかったと思っています。東京の1400mはこの馬のベストの条件。相手は強いけど楽しみもありますよ」(佐藤吉勝調教師) 走破タイムならそれほどヒケは取らない。末脚を生かせる流れになるようなら……。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。