2005年9月4日(日)

11R

2005年9月4日(日) | 3回新潟8日 | 15:45発走

第25回新潟2歳ステークス(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系2歳 | オープン (混合)(特指) 馬齢 | 本賞金:3200、1300、800、480、320万円 |

「この中間外傷(馬房で起き上がる際にケガ)を負いましたが、幸い軽かったし、影響はありません。レース間隔が詰まっているので稽古は馬なりですが、これで十分。疲れの方も見られないですしね。今回は他馬のマークも当然きつくなると思いますが、何とか無傷のままでこのレースを制覇したいと思っています」(根本調教師) 少しずつだが体が減ってきているのが気になる点。牝馬だけに当日の体重には注意したい。体を維持しているようなら心配無いとは思うが、目に見えない疲れも心配。気配にも気を付けたい。
「動き?いいですよ。余裕もありましたし、十分合格点を与えられます」(上村騎手) 「稽古は相手なり。今回が3回目の輸送になるので目に見えない疲れがどうかといった面はあるかもしれませんが、それを考慮しての調整をしてきたし、もしかしたら、この馬はかなり強い内臓の持ち主かもしれないという事だって考えられますからね。ここでも力を出し切れるようならチャンスはあると思います」(藤原英昭調教師) 実質2勝している計算(初戦1着降着)。時計も詰めているし、まさに楽勝の前走。ここでも侮れない力の持ち主だ。ただ体には注意を払いたい。新潟3走目で馬体減が気になるからだ(牝馬だけになおさら)。
「本番を考えて芝で追い切りました。動きはマズマズだったし、時計も予定通り。今回は距離が延びるのが課題だけど、こなせるのではと思っています」(手塚調教師) この血筋はどちらかと言うとダートで堅実。芝もこなせるが今回は様子見したい。
「先週やっているので今週はこれで十分。予定通りです。牝馬の割には落ち着きがあるし、パドックでも大人しいのがいいですね。今回は牡馬と混合の戦いだけに甘くはないと思いますが、距離経験と、勝負根性の良さに期待したいですね。今度はもう少し前の位置取りで競馬をしたい、そう思っています」(谷原調教師) どんじりから直線だけでゴボウ抜きの牝馬らしからぬ豪快な勝ち方。このレース、牝馬の活躍が多いだけにあまり牡牝の事は考えなくていいだろう。当然、有力候補の1頭だ。
「今日の動きは先週の動きからすると良くなっています。少しテンションが高い感じがするけど心配するほどじゃありません。前走は行きたい所で行けなかったのが応えたですね。あそこをスムーズに行けたら……。今回は馬の行く気に任せるレースをするつもりです。それで結果が出ればいいと思っています」(相沢調教師) 前走は行かずに控えたのが裏目?初戦で見せたスピードはかなりのモノだし、今回はそのスピードを生かす手に。となると、残り目は十分ありそう。
「稽古の動きは良かった。初戦が体に余裕があったのでこれで更に良くなると思う。逃げなくてもレースが出来るし、相手は強くなったけど期待しているんだ」(畠山重則調教師) スローな流れに恵まれたのに加え、人気薄と言う点にも助けられた。内容平凡で今回はキツイかも。
「稽古で遅れたがそれは相手が走り過ぎたため。この馬も動いているし、終い1ハロンも良かったので大丈夫。馬に落ち着きはあるし、体調もいいので期待は持てるんじゃないかなぁー」(岩元調教師) 初コースも難なくこなしたし、追って渋太い末脚も見せてくれた。距離もOKだし、ここでも善戦の可能性は大と言える。兄のサンヴァレーとは全く違う、追って味あるタイプ。
「併せた相手も稽古は動く馬だけど、この馬もいい動きをしてくれた。実戦に行っていい馬だし、距離の延長も大丈夫だとは思うけど、距離を経験している組とのハンデがどう出るかだね」(中野隆良調教師) 1000mの勝ちタイムが平凡だし、距離が一気にマイルに延びるのも不利。
「前走(ダリア賞)は少し余裕残しの体だったし、今日は思っていたより時計が速くなったがそれを考えれば心配無いと思う。体調は上向いているし、今日の動きも良かったので楽しみです」(鈴木康弘調教師) 前走は思ったより伸びが鈍かった?のが不満だが、輸送して+2キロとやや余裕があったかも。叩かれての上昇度を見込めば喰い込みも。
「稽古の動きはマズマズ。前走の1800mで勝った(レコード勝ち)馬ということを考えて小倉の1200mより新潟のマイルの方が合うと判断し、ここへ使う事にしました。トビが大きい馬だけに広い新潟は向くと思うし、バテずに伸びる脚もいいはず。出来れば良馬場でやりたいね」(北橋調教師) 早めに動いて押し切った内容は上々。直線長いコースは向きそうだし、距離経験も大きい。瞬発力には欠けるがジリジリ伸びる末脚はこのコースにピッタリだ。
「追い切りの動きはマズマズ。前走は馬体がギリギリ(-16キロ)でしたからね。レース間隔を開けて体が戻っているのは好材料。それだけに前走以上の期待が持てるのでは、と思っています」(小西調教師) ゲートが遅いのが心配。前走は出遅れせずに済んだがまだ全幅の信頼はおきにくい。
「状態はそう変わっていないね。それに動きも少し重い感じがあったしね。今回は相手も揃っているし、そう強気には……」(稲葉調教師) ダリア賞では粘りに欠けるレース振り。上昇度も一息で。
「この中間も十分に乗り込んでいるのでそう速い追い切りは必要ないですからね。だけに今日は終い(1ハロン)重点の追い切りをしましたが、手前を替えてからの伸びはさすがでした。追えば追うだけ伸びるし、重心の低い走りも父譲りと言った感じです。距離延長は心配無いし、期待しています」(上原調教師) 初戦は出遅れたものの、大外から豪快に差し切った決め手は一味違った印象。距離延長は不安どころか歓迎の方だし、有力候補の1頭。
「先週もやっているし、今週は予定より速すぎたがこれで十分。状態は上向いていると言っていいと思う。この馬は距離が延びていいと思うだけに今回のマイルは?と思うかもしれないけど、スピードに対応できるかどうかの試練を兼ねてとの思いから出走することに。ここでどのような競馬を、そして結果を出してくれるか楽しみ」(高橋裕調教師) 520キロ台の雄大な馬格を持った牝馬。しかも軽快な逃げで初戦勝利。叩かれて当然上積みがあるし、ここも警戒すべき1頭だ。
「初戦は余裕残りの体だったのに勝ってくれた。1度使って体に締まりが出てきたし、状態は上向きです。勝負根性があるし、距離が延びてもいいしね」(根本調教師) 実戦に行っていいタイプ。体に締まりが出たのも好材料だ。レースがもつれるようだと突っ込みもあるか。
「今日の動き、時計ともに良かった。実戦に行っていいタイプだし、相手は強くなっているけど、そう差の無いレースが出来るんじゃないかと思っています」(尾形調教師) “今回は抑えてレースをする”とのこと。ただ、勝ち時計が平凡だし、体も仕上がっていただけに変わり身は。
「中1週の競馬になるので今日は上がり(1ハロン)重点。それでも動きはマズマズでした。追い出して渋い脚を使うし、距離も大丈夫なので」(秋山調教師) マイル経験馬の数少ない1頭。走破タイムも上々だ。地味だが侮り難い存在と言える。ただ、前走が-10キロだけに馬体重に注意したい。
「今日は意識的に単走(併せると走りすぎる)。いい動きだったし、体も締まりが出てきました。前走の内容がなかなか渋太かったし、あの勝負根性を生かしきれば差の無いレースに、と思っています」(菊川調教師) タイムは目立たないが、内容(競って強い)がいい。相手強化も全くの軽視は?

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。