競馬 - 関屋記念 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年7月31日(日)

11R

2005年7月31日(日) | 2回新潟6日 | 15:45発走

第40回関屋記念(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

「トレセンにいると一生懸命に走ってしまうところがあるので放牧に出して乗り込んできました。仕上がりはいいし、元々が久々の方が走る馬。いきなりから好走してくれるのでは、と思っているんですよ」(鈴木伸尋調教師) 気性で走るタイプで久々は問題無し。むしろ使い込むと良くない。最近は抑えてもレースができるようになっているし、スピードもある。左回りを克服できるようなら。
「じん帯を悪くして一息入れていましたが、順調に回復しているし、ひと追い毎に動きも良くなってきています。あとは輸送によって焦れ込みしないかがポイント。当日、落ち着きがあるようならいいと思いますよ」(沖調教師) 詰めに甘さがあるが、マイルは堅実。久々も動くタイプだし、直線が長い外回りコースも歓迎材料。前崩れのパターンなら。
「今日の時計は最近で一番速かったんじゃないかな。飼い喰いもいいし、状態は申し分ないですよ。今回はマイル戦になるけど、折り合いが付くという点でいえば返って好都合と言えるんじゃないかと思う。鞍上(安藤騎手)もこの馬のクセは掴んでいるし、自分の競馬に徹すれば結果は付いてくるんじゃないかと思うよ」(中村均調教師) ここ2走が2000m。しかしマイルも1着こそないが2着2回(3戦)と安定した走りを見せている。ペース向きそうだし、牝馬と侮ると痛い目に合うかもしれない。
「今日は少し速すぎましたね。でもそれだけ元気がいいという事でしょう。引っ張りきれないほどの気合乗りがあるし、動きも上々。ここでいい競馬をしてくれれば秋が更に楽しみになりますよ」(高田調教助手) 「先週に速いところをやっているので、今週はそれほどやらなくても、と思っていたんだけどいい時計で動いたね。やればやるだけ動く馬なんですよ。前走時は中間の熱発の影響があったし、馬場も応えたみたい。今回は順調にきているし、良馬場でレースできればいい勝負になると思いますよ」(古川調教師) 前走時(米子S・6着)は中間高熱で1週間の安静があったという。競走馬にとって熱発はかなり応えると言われているだけにあの敗戦は仕方ない。マイルは都大路Sで上がり33秒3の末脚で勝っているし、平坦の新潟もピッタリ。左回りも大丈夫だ。
「今日は並んでから抜こうという以前のやる気みたいなものが感じられなかったけど、それはある意味、成長と受け止めたい。体も大人になっているしね。ただ、今回は長期の休み明けだけにどこまでやれるか、ですね」(山田調教助手) 「向こうで十分やってきていたし、筋肉が落ちてもいない。本当に良く立ち直ってくれました。先週、Dウッドで一番時計を出したしね。でも、今回は久々のレースになるし、まずは無事に走ってくれれば、ですね」(佐々木晶三調教師) GIホースだし、能力は断然。マイル以下はデビュー戦のダート以外は連対を外していない。ただ、何と言っても1年2か月振り。その点は多少の割り引きも必要か。勝てばアッサリかもしれないが……。
「前走(NSTオープン)は久々のせいもあってか、体に余裕があったけど、一叩きして体も締まってきたし気持ちの方もリラックスしてきた。叩いた変わり身は大きいよ。マイルもピッタリだし、一叩きの効果を生かせれば」(松山調教師) 前走の470キロはやはり太目か。450??460キロ前半くらいの体が理想だし、当日の体重がその範囲に戻っていれば。
「元々が攻馬で動く馬なのでタイムは出ましたが、何分にも今回は久々(11か月振り)のレースですからね。それに7歳という年齢から考えていきなりとは……。多少の割り引きは考えないとね」(坂口正則調教師) 新潟は6戦2勝、2着2回と得意にしているが、あまり速いタイムがないだけにマイルの忙しいレースはどうか。
「追い切りが必要ないくらいに体の方はできています。中1週になるし、ケイ古は軽かったけどこれで十分でしょう。減っていた体(久々の休み明けで-12キロ)も戻ってきているし、距離もこのくらいの方がいいと思います。外回りに替わるのもいいですからね」(坂口正大調教師) 平坦コースは得意。オープン好走の良績は前走のみだが、終いは堅実に伸びてくる馬。当日、体が戻っているようなら。
「併せた相手が格下(未勝利)だったし、時計はこんなものでしょう。中1週になるけどデキそのものはいいし、あとは展開が向けば、ですね。マイルは悪くないし、外回りというのもこの馬には好都合だから」(伊藤正徳調教師) 8歳だが年齢的な衰えは見られず。昨年のこのレース2着の実績も見逃せないが、当時とは勢いがやや違う。その点でやや割り引きか。
「今日の追い切りでキッチリと仕上がると思います。追う前は何かモサッとしていましたが、追った後の感じが違ってきましたからね。直線の長い新潟コースですが、マイペースで行けるようなら我慢は効くと思いますよ」(吉田豊騎手) 左回りは大丈夫。距離は東京のマイルでは実績ないが、中山で3勝の実績がある。平坦コース、スピード優先の馬場なら残り目を頭に入れておきたい。
「先週ビッシリやっているので今日は終い(1ハロン)を伸ばすケイ古。先週の時点では少し反応が鈍い印象だったけど、変わってきましたね、動きが。体も絞れてきているし、状態は上々と言っていいでしょう。新潟は初コースになるし、直前輸送も初めてですがその点は心配ないでしょう。むしろ平坦の新潟は向いていると思いますよ」(上原調教師) 函館から横山典弘騎手が遠征騎乗。ラジオたんぱ賞のコンラッドと似たパターンだ。GIホースだし、左回りも問題無し、と上原師。スピード競馬は望むところで1着候補。
「今日は気合を入れる意味を含めて追いましたが、タイム、動き共に上々でしたよ。ここ数戦が不本意(不利などの連続)なレース続きでしたがダメージはないし、このレースは2年前に勝ったゲンのいいレース。何とかもう一花咲かせてやりたいと思っているんです。そのためにも良馬場でやりたいですね」(谷口調教助手) 昨夏のクイーンS以降5着入着が無しとやや衰えを感じなくもない。その点が気になる。
「中1週になるのでこの程度で十分です。動きも前回同様にいい感じだったし、折り合いも付いていましたからね」(塚田騎手“レースは田中勝春騎手騎乗”) 「暑さに弱い面がある馬ですが今年は夏負けの兆候も見られずにいい状態。元気もありますからね。今回は外回りコースだけに折り合いが課題になりますが、マイルは守備範囲だし、レースの流れに乗り切れればいいレースになるでしょう」(古賀順調教師) 左回りは8勝中5勝と大の得意。マイルは1400mと較べると良績が少ないが、東京新聞杯1着、ダービー卿CT3着と好走した実績があるので不安は無いハズ。斤量の57キロも前走より1キロ減と条件は有利。
「放牧先(山元トレセン)でも乗り込んできているので仕上がりはいいですよ。馬に落ち着きが出ているのもいい兆候です。今回はオープン相手になりますが、潜在能力が高い馬だし、見劣りするとは思っていません。それだけにここに入っても楽しみはあります」(角居調教師) 9戦4勝、2着2回のマイルはベスト条件。ただ、先行脚質の同馬には展開面で?
「放牧に出したことでリフレッシュ効果が見られます。ケイ古は動く方だけど、それにしてもいい動きでしたよ。前走(谷川岳S)は眼を腫らしたために結果は今イチ(8着)でしたが、今はその心配は無いし、得意なコースの上にこの時期は走りますからね」(増沢調教師) 前走の敗因はハッキリ。それ以外の新潟戦は全て勝利。左回り走るし、マイルもこなせる距離。穴候補になりそうだ。
「久々を一叩きした効果はありますよ。本馬場で追い切った動きが素軽さ十分でしたからね。マイルもいいし、初コースも別に気になりませんが、マイペースで行けるかどうかが鍵。同型がいるし展開が気になりますね」(矢崎調教助手) テンの速さはニシノシタンと互角。ただ、最近は粘りを欠く内容で。
「今日は馬場が荒れていたのでいいところを選んで走りました。時計は予定より少し速くなったけど、動きは悪くないし、これで十分でしょう。年齢(7歳)からもそう大きく変わることもないですしね。道悪は良くないので良馬場でレースができれば直線が長い外回りコースだし、持ち味の末脚を発揮できますから。当然、楽しみは大きいですよ」(中山調教助手) 使われつつ成績は上昇。マイルもOK。右回りに較べ、左回りはあまり経験がないが、東京の富士S(GIII)2着の内容から不安視しなくても大丈夫。上位争いに。
「元来が攻馬は動く馬だからね。タイムはとも角、動きは良かったよ。前走(米子S)はこの馬としては位置取りが後ろ過ぎたし、今度はもう少し前々でレースさせるつもりだし、バテない強味を生かし切れるようなら、新潟の馬場もこの馬に合っている感じがするしね」(音無調教師) 先行しての粘りが身上。マイルも良績(2、3、3、3)があるし、タイムも持っている。先行馬ペースになれば。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。