2005年7月3日(日)

11R

2005年7月3日(日) | 2回福島6日 | 15:35発走

第54回ラジオたんぱ賞(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

「今日の追い切りの動きは上々でしたよ。2連勝と勢いがあるし、馬そのものもここにきて力を付けてきています。確かにオープン相手では楽なレースにはならないと思いますが、今の勢いとデキの良さで善戦して欲しいですね」(佐藤調教助手) 新馬戦で現・1600万以下クラスのミスターケビンに0秒3差の2着。その後は一走を挟んで連勝と上昇ムード。まだ底を見せておらず、このメンバーならそう差はない。
「ケイ古は先週やっているので今日は終い重点。思ったよりも時計が速かったけど、それは調子がいいということだから。前走(ダービー)は明らかに距離が長かったと思うし、今回1800mになるのは好材料。小回りコースもピッタリだし、今回はベストの条件で期待したいところだね。馬場が悪くならなければいいと思う」(内山調教助手) 1800mは一番相性がいい距離。スピードがあるし、逃げずに好位でレースできる脚質もこのコース向き。あとは馬場が鍵。
「今日は終い(上がり)重点の追い切りだったけど、少し速かったかも。でもそれは調子がいい証拠だしね。ここにきて馬がガラッと変わってきたし、自分の競馬ができるようならこの相手に入っても楽しみはありますよ」(田崎調教助手) 4月半ばから3着以内が続いている。目下2連勝と勢いもある。ハナに行かなくてもレースは可能なタイプだけに小回りコースは合いそう。ハイペースに巻き込まれず行ければ。
「先週もやっているけど、今回も加減せずに併せ馬で追い切りました。でもいい動きでしたよ。前走(白百合S)は中途半端なレースになってしまって力を出し切っていないからね。能力通りのレースができるようならこの相手でもヒケは取らないと思っているんですよ」(清水利章調教師) 青葉賞(GII)でダンツキッチョウの0秒1差。スンナリ先行できれば相当な粘りを発揮する。小回りも向きそうで“穴に”。
「少しレース間隔が空きましたがケイ古の動きは良かったし、デキはいいですよ。クセがないし、レースで力を出し切る素直なタイプ。それだけに小回りの福島に替わっても大丈夫だと思います。距離ももちろん、無難にこなしてくれると思いますしね」(北村宏司騎手) 今回は牡馬のオープン相手になるが、頭抜けた存在も見当たらないだけに牝馬の同馬にも出る幕はあるハズ。
「先週やっているので今日は余力を残す追い切り。予定より少し時計は速くなったけど、それは具合がいいからでしょう。前走は展開が向かず(スローペース)案外だったけど、流れが向けば十分上位争いできる馬だと思う。あとは小回りコースに上手に対応できればだね。馬場は晴雨問わずなので心配材料にはならないから」(大久保洋吉調教師) 行けない事はないが、末脚を生かしてこそのタイプ。確かに小回りは?も前バテが予想されるようなら。
「外に持ち出せると伸びが違いますね。今日の併せ馬でもそうだったし。何とか抽選に入って出走したいと思っているんですけどね。ここで何とか結果を出し、秋のクラシックに行けるように賞金を加えたい、そう考えているんです。気性面が難しい(神経質な面がある)ので、スンナリ前々に行けるようならここに入っても差はないと思っています。今回もブリンカーは装着する予定です」(手塚調教師) ブリンカー装着の2戦を共に快勝し、効果は大。師の期待が大きい馬で、小回りも器用さがあるので大丈夫。
「今日は前半ゆっくりだった分、この馬としては全体のタイムも遅かったかもしれませんが、動きそのものは良かったと思います。でも、この中間は緩めること無くやってきているし、前走よりは上積みが見込めると思っています。1800mに距離は延びますが、小回りコースだし、むしろこのくらいの方がレースし易いんじゃないかと思っているので……。何とか抽選に通って欲しいですね」(池江泰寿調教師) ニュージーランドT(GII)で4着。マイルくらいが理想と思えるが、京都新聞杯(GII・2000m)で0秒8差の6着ならこの距離の不安は無しとみたい。前々に行ける分、小回りも合いそう。
「中2週のケイバになるし、もうそれ程やる必要もないと判断して馬なりのケイ古に。動きから疲れも無く、好調をキープしています。東京コースに良績が多いですが、右回りもスプリングS(GII)で3着と好走していますからね。回りの心配はありませんよ。後は抽選に通って出走できる事を願うのみ。出走できればいいレースになりますよ」(和田調教師) ここなら力上位と言って良い存在。小回りも関係無いし、上位争いに。
「前走後は放牧に出しましたが、帰厩後は入念に乗り込んだし、今日の動きも古馬相手に先着と上々の動きを見せてくれました。ここを目標に仕上げてきただけに上々のデキと言っていいでしょう。馬自体に成長が見られるし、この福島でも勝っていますからね。折り合いが付いてレースができればここに入っても楽しみ」(尾形調教助手) 前走は6着とはいえ、0秒5の小差。好位でうまく折り合えば粘り強さを発揮しそう。
「今日はラスト(ゴール)まで気を抜かずに走ってくれました。併せ馬をしたことが良かったのだと思います。いつもはラストの1ハロンが13秒くらいかかるのが、今日はしっかりとした伸び(12秒8)を見せてくれましたから。気性面の成長も見られるし、小回りにも対応できる先行力もありますからね。福島は問題ないと思うのでチャンスもあるのでは」(鮫島騎手) 芝に変わってから1、2着と好内容。逃げなくてもレースできるし、力の要る馬場もこなせそうなだけに有力候補の一頭と言える。
「ファルコンSの後に放牧に出しましたが、疲れが見られずに元気一杯なのでここに。ケイ古は前走が少し余裕があったことを考えて一杯にやりました。これで丁度いいと思います。気性を考えて短距離を使ってきましたが、以前は中距離を使っていた馬。気性が成長した今なら大丈夫でしょう。秋に向けてもいい結果を出して欲しいですね」(畠山吉宏調教師) 能力は間違いなく高いが気性の難しさがネック。試行錯誤の末に短距離を使ってきているが、1800mが長いということは無い。だいぶ大人になった今なら上位争いも。
「ケイ古は単走で馬なり、動きは良かったですよ。一叩きした効果が見られるし。前走は久々の上に芝の1600mだったけど、その割にはレース振り、着順は悪くなかったからね。今度は1800mになるけど小回りだし、うまく立ち回れば我慢は効くハズ。3歳同士ならここに入っても差はないと思うんだけど‥‥」(伊藤正徳調教師) 芝に良績がないとは言え、前走の先行力を見る限りダメとは言い切れない。時計がかかる馬場になれば。
「前走後は放牧に出していましたが、このレースを目標に順調な仕上がりです。今日の追い切りの動きも良かったですからね。体も成長していい雰囲気になっていますよ。心配だったゲートの出が良くなってきているのはいいけど、あまり器用なタイプじゃないからね。小回りコースは少し気になるけど、流れが向いてくれるようなら……」(国枝調教師)
「今日は最初から飛ばして行った割にはラスト(ゴール)までバテずに走ってくれました。しかも好タイムですしね。中央入りしての3戦が今一つの内容ですが、ソロソロ走ってくれるのではないか、と思っています。そんな感じが出てきていますから」(小島太一騎手) 本質的に芝よりダート向き? 道中の行きっ振りがダートほど良くない印象。馬場が荒れてきたのはいい材料だが、一変までは……。
「久々の前走を一叩きした分の上積みは見込めますよ。前走でも牡馬相手に善戦(エーデルワイスSで6着)してくれたし、暑さに強い牝馬ですからね。ここも自分のケイバに徹していければ……」(宮本調教師) モマれずに逃げかあるいは先行策をとれるようなら。ただ、今回は同型揃った!?

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。