競馬 - 毎日放送賞スワンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年10月30日(土)

11R

2004年10月30日(土) | 4回京都7日 | 15:45発走

第47回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:雨 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

「前走(スプリンターズS)は馬場(不良)が応えましたね。まるで力を発揮できませんでしたし、馬体減り(-20キロ)も応えました。今は体の方も回復してきているし、良馬場ならあんな事はないと思います。また、強い相手と戦った事がいい方に出てくれるのでは、とも思っています」(南井調教師) 条件面は悪くないが、このメンバーに入ると少々荷が重いかも。
「今まではCウッドで追い切りをしていたのをBコースに替えたんですよ。そうしたらケイ古でまともに走るようになってきました。春は後半になって疲れが出てきましたが、今は回復して好調時のデキに戻ってますからね。レースでは別にハナにはこだわりません。前半をうまく捌いてくれれば我慢してくれるでしょう」(崎山調教師) 体も回復し、500キロ台に戻っているという。恐らくハナを切ると思われるが、得意の京都、1400mで連覇は濃厚か。久々はもちろん、OKだ。
「追い切りは馬場の外目を通ったので時計はかかったけど、動きそのものは悪くなかったですからね。これなら問題ないでしょう。確かに今回はメンバーが揃った感がありますが、芝に替わるのは好材料。その点に期待を寄せたいですね」(大山一調教師) 過去に中央のGI、GIIで2、3着をしている馬だけに一概に侮れない。距離もいいし、コース不安も無し。連対候補には考えておきたい1頭だ。
「前走後はグリーンウッドに短期放牧へ出しました。でも今日の動きからすると引き続き状態はいいですね。今回はこの馬のべストといえる1400mですからね。その分は楽しみもありますが、重賞レースになるともう一つ実績がありませんから。その点が……」(日迫調教助手) 1400mでは7勝のうちの5勝をあげている距離。しかし、重賞レースでは今だに3着も無いという過去の成績からは……。
「追い切りはマズマズといったところ。使いつつ体の方も回復してきているのは好材料。この距離は走った事があるけど、スピードの争いとなると……。時計がかかるようなら出番があるかも」(古川調教師) このところの内容が今一つ。それに芝そのものは大丈夫とはいえ、持ちタイム面でやや劣勢か。
「この中間、短期放牧に出したけど、明らかに状態は今回の方が良くなってますよ。追い切りの動きも追い出してからの反応が良かったしね。体も一叩きして絞れてきているし、今回はこの馬本来の力を出し切れると思います。相手は強化されるけど、そうヒケはとらないんじゃないかな」(堀調教助手) 1400mがベスト。しかも、オープン初戦を太目、久々で0秒4差の4着と好走。潜在能力高く、ここでも一発があるかも。
「状態そのものは特に変わりないといったところかな。今回は相手が相手だし、得意としている距離を頼みにといった気持ちですね」(奥平調教師) 年齢的にも、近走の内容からも大幅な変わり身は望み薄か。
「予定ではもう少し早く復帰(毎日王冠)するつもりでしたが、ここまで待ちました。その分、十分に調整できましたからね。久々の短距離だけど、以前はこのくらいの距離を得意としていた馬ですからね。ペースに戸惑うことがなければ、ね。久々は苦にするタイプじゃないし、目標(マイルCS)に向けていい内容のケイバができれば……」(藤沢和雄調教師) 以前にもマイル路線→中距離→マイルというローテーションをとった事がある。その時にも久々のレースで着外だった事を考えると全幅の信頼は……。力を認めても今回は少々割り引きか。
「調教は併せ馬でビッシリと追い切りましたが、動きは良かったですよ。叩いた効果は十分感じられますから。前走は馬場が悪くて全然力を出し切れませんでしたが、良馬場ならあんな事は無いと思います。距離も一応はこなせる範囲ですからね」(田島調教助手) スピードに関してはヒケは取らない。しかし、今回のGIIメンバーだと上位争いまでとなると……。
「追い切りはほとんど馬まかせといった内容でしたが、これは輸送を考えてオーバーワークにならないようにとの配慮から。それでも動きは良かったし、これなら上々でしょう。あとはこの馬のリズムでレースができるかどうか、その点だけですね」(福田調教厩務員) 早めに栗東入りと意欲満々。今一歩のところで詰めを欠いているが、力差はそれ程あるとは思えず、レースの流れにスムーズに乗れるようなら喰い込みも。
「先週速いところをやっているので、今週はこれで十分でしょう。前走は明らかに道悪が応えていたし。良馬場ならあんな事は無いと思います。この距離も十分にこなせる範囲だし、今回は改めて見直したいと思っています」(鶴留調教師) 池添騎手も「今回は良くなっています」との事。距離云々は桜花賞で2着、ファルコンS(1400m)で2着なら問題無し。良馬場なら上位争いして不思議無い存在だ。何といってもスプリンターズSで3人気の評価を忘れてはならないだろう。
「今日の追い切りの動きからするとまだ重いな、といった感じでしたね。久々の今回に関してはどうか、といったところでしょう」(安藤騎手) 「調教=実戦というタイプですからね。それを考えると今回の動きからはどうでしょう。しかもいきなりのGIIですからね。正直なところ今回は……」(藤原英昭調教師) ポン駆けは効くタイプだが、追い切りの動き? 叩いた次が狙いか。
「追い切りの動きはこの馬としては上々の感じでした。距離もピッタリだし、力も付けてきていますが、今回はオープン相手ですからね。胸を借りるつもりで挑みます」(飯田明弘調教師) まだ1600万に出られる馬。正直ここは相手が揃った感。
「馬そのものの状態はいいと思いますが、このメンバー相手にスピードが通用するかどうか……。持ちタイムから判断してもどこまでやれるか、といった感じですね」(橋本忠調教師) 明らかにこの相手では苦しいか。
「今日の追い切りは前半に飛ばした分、終いがかかりましたが全体的に見れば合格と言えるでしょう。この内容なら心配ありません。前走は道悪が敗因とハッキリしてますからね。あれは度外視していいでしょう。良馬場なら巻き返してくれると思いますよ」(橋口調教師) 明らかに前走は道悪。今回は前走に較べ、メンバーも少し楽。1400mも守備範囲という事で前走以上には動けそう。
「久々になるけど、追い切りの動きは良かったし、仕上がりに関しては問題無いと言えますよ。むしろ休ませた事で馬は良くなっていると言ってもいいくらい。今回は相手が強くなりますけど、スピード面では遜色ないし、前にも行ける馬ですからね。あとは古馬との初対戦がどうかでしょう」(坂口正則調教師) 久々、3歳牝馬で初の古馬との混合戦。ポン駆けの不安は無しと言ってもハンデは大きいか。
「一息入っているけど入念に乗り込み、仕上がりは悪くないですよ。この距離は得意にしているし、相手は揃っていますが自分のケイバができるようなら……」(大久保洋吉調教師) ハナを切ってこそのタイプ。とはいえ、ここは強力な同型がいるだけに展開は厳しそう。
「今日の追い切りは少々チグハグな形になったけど、動きや時計面では何等心配するようなところは無かったからね。元々が気性からいって久々を苦にするタイプじゃないし、1400mも大丈夫だからね。いきなり力を出せる仕上がりだけに楽しみ」(白井調教師) GI戦線で活躍した実力馬。本質的にはスピードが武器だけに、この距離は好材料だ。古馬と初対戦が安田記念。この時の経験が生かされる利もあるだけに、今回は要注目。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。