競馬 - 京王杯2歳ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年11月13日(土)

11R

2004年11月13日(土) | 5回東京3日 | 15:30発走

第40回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「前走のケイバを見るとこのくらいの距離の方が合っていそうですね。それと気分良く走れたというのも大きかったと思います。中1週になりますが、疲れも見せずに元気はあるし、ここも自分のレースができるようなら」(上原調教師) この距離で2戦2勝。しかも、新潟、東京と左回りがピッタリといった感もある。スンナリと行かせてもらえるようなら、ここも。また、重もこなせるのも強い武器。
「この中間はリフレッシュ効果が出ていい方向に向かっています。馬がパワーアップしてきましたからね。北海道の時とは馬体も違ってきていますし、距離延長も好都合だと思います」(高橋裕調教師) 函館2歳S(7着)は思った程の伸びが見られず。位置取りにも問題があったか……。前々に行けるようなら変わってきても。
「“くるみ賞”は期待外れのレースだったけど、重馬場が応えたのかもしれないね。今回の追い切りも喰らいついてきているようにいい気迫が見られるし、デキは引き続きいいと思う。あとは良馬場でレースをしたいな」(国枝調教師) 前走は人気を裏切ったが、敗因は重!?か。それに輸送して+2キロ。少し余裕があったかもしれない。もし、良馬場で行われるようなら見直しが必要だが天気が微妙だ。
「追い切りの感じは良かったですよ。動きもいいしね。初戦の時はゲートも一息だったし、周りに気を遣っていたような走りでしたが、それでいて勝つんですから力はあります。2戦目になる今回は全ての面で慣れが見込めると思うし、相手は強くなるけど楽しみもあります」(増沢調教助手) 走破タイム(1分26秒9)が平凡なのが気になるが、追ってしっかりしているのは強調できる。タイム要すようなら。
「先週の時点で体の方は仕上がっていたので、今日は馬ナリのケイ古でした。でも、いい動きでしたよ。ここ2走は行く(逃げる)競馬をしていますが、抑えてもレースができる馬。相手は揃いますが、うまく流れに乗れれば」 一本調子というタイプではなく、好位のレースもできそう。馬場を問わないのもいい。
「放牧に出しましたが向こうで乗り込んできたし、先週に速い追い切りを済ませていますからね。その時点で仕上がっている事を考慮し、今週は軽めの調整ですが、これで十分でしょう。オーバーワークにならないようにと思っていましたから。成長はこれからだと思いますが、今の時点でも完成度は高いし、あとは輸送をこなしてくれればいいですね。そして、できれば良馬場で、と思っています」(堀井調教師) 左回りは新潟で2連勝と問題無し。決め手に優れているし、ペース関係無く伸びてくるのもいい。極端に馬体が減らなければ中心馬としての評価で良さそう。
「併せ馬では遅れたけれど、動きは良かったですよ。この馬に東京の1400mは向いていると思うし、その分楽しみです」(四位騎手) 「この馬は末脚を生かしてこそのタイプ。そういう意味では直線の長い東京コースは向いていると思う」(千引調教助手) 大柄な馬で広いコースは歓迎。それに叩き2走目というのも強調材料か。
「いい併せ馬ができたと思います。まだ若駒だけに本気で走っていない面はありますが、今回はレース間隔を詰めて使う分、いい面が出るのではないかと思います。前走は負けたと言っても僅差(0秒0差、クビ、ハナ差)でしたからね。それだけに期待しています」(藤沢和雄調教師) 札幌戦も中1週で2着。遊ばせる時間を失くすという意味で中2週なら効果大か。
「今日の追い切りは終いがしっかりしていたし、いい動きでしたね。レース上手な馬だし、相手は揃いましたが、後々につながる結果を出してくれる事を期待をしています」(湯窪調教師) 小柄ながら根性がある。大崩れせぬ走りも好感。輸送をこなせば穴に一考。
「追い切りを軽めにしたのは予定通りだから心配無し。初戦でもまだ少し余裕を残しての勝利だからね。叩いての上昇度が見込めるし、レースのセンスもいい。それと終いの切れもある。相手は強くなるけど、期待の方が大きいですね」(佐々木晶三調教師) 前走の勝ち方が実に安定感あるもの。先行力に加え、終いもしっかり。更に良化見込めるし、距離延長も不安無し。昨年のコスモサンビーム(レコード勝ち)に続き、厩舎も連覇を狙う。
「この中間は放牧に出しました。帰厩して日は浅いですが、向こうでも乗っていたし、こっちでも追い切っていますからね。先週に速いところを追っているので、今週は目一杯ではありませんが、これで十分でしょう。東京、1400mという条件は向いていると思うし、相手は揃いましたがどんなレースをしてくれるか、楽しみです」(萩原調教師) 新馬の勝ち方が良かった。小柄ながらも追って味があり、キャリア不足を出さなければ。
「前走は少し気分良く行かせ過ぎてしまったようだ。使いつつ体の方も絞れてきているし、動きにもキレが出てきたようだ。素質を評価している馬だし、今回は本来の抑えるレースで結果を出して欲しいね」(大久保洋吉調教師) 「前走を叩いた効果か、動きは素軽くなっています。これで体が絞れてくれれば」(吉田豊騎手) 初戦のように抑えるレースができれば結果も違うハズ。馬場問わないし、巻き返しに期待だ。
「この馬は調教でそう目立つ馬じゃないけれど、実戦にいって変わる傾向がありますからね。相手は強化されるけど、ここでいい競馬ができるようなら先々のメドも立つし……。コース、距離もいいと思うので楽しみはありますけど」(瀬戸口調教師) 前走の“ききょうS”は直線で挟まれる不利。それをハネのけての勝利は価値がある。末脚がしっかりしているし、コース替わりは不安よりもむしろ歓迎。ここも上位争いか。
「帰厩後は入念に乗り込んできました。馬がここにきて変わってきているし、相手は強化されますが結果を出せるようなら先々が楽しみにもなります。距離もピッタリだし、どんな戦い振りを見せてくれるか、楽しみな一戦です」(安藤隆行調教師) レース上手なタイプ。馬体も立派で奥がありそうな印象。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。