IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年7月11日(日)

11R

2004年7月11日(日) | 2回福島8日 | 15:35発走

第40回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(特指) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

「今回はラストに重点を置く追い切りをしたが、動きは良かったですね。前走後も十分に乗り込んできたしデキに関しては申し分ないと思います。この距離はベストだし、小回りの福島コースも十分に対応できると思う」(山内調教師) 57キロは大丈夫。この距離は3勝、2着1回で連対率5割。成績にムラがあり、掴みにくい面はあるが、実績はあきらかにこのメンバーでは上位。
「タイムの出易い馬場だったにしても好時計が出た。動きも良かったと思うよ。ここ2走は共に逃げ切っての勝ちだけど、一つは平均ペース、もう一つはスローから上りのレースと内容が違うからね。別にハナにこだわる馬じゃないし、今回は相手が強くなったとはいえ、58→54キロ。今後に向けて“試金石”と言えるレースになるけど、内容あるレースをして欲しいと思っている」(大久保洋吉調教師) 芝に替わって2連勝。タイムも悪くない。典型的な“逃げ馬”が不在でここも先手を取れそうな組み合わせ。マイペースで行けるようなら残り目は十分ある。
「先週速いところをやっているし、今週はこの程度で十分。状態はいい意味での平行線といった感じです。右回りの方が走りがスムーズだし、コース相性もいいだけに、輸送で馬体減りさえしなければいいと思っています」(増沢調教助手) 福島はカブトヤマ記念を勝っている相性が良いコース。56キロも問題無く、好位でうまく脚をタメる事ができれば。距離はギリギリだが、ダートの同距離で2着がある。
「追い切りの動きはこの馬としては合格だったと思うよ。相手に先着したしね。55キロのハンデは少し見込まれたような気がするけど、叩き3走目で気持が前向きになっている事、距離が2000mに延びる点はこの馬にとっていい材料。持ち味(末脚)を生かせる流れならいいレースになると思うよ」(佐々木晶三調教師) 昨年の愛知杯を勝って以降、勝ちに見離されている。前走は少し早目に位置して末脚の伸びを欠いたが、着差は0秒9。徐々に復調の気配を感じさせる内容。一番実績ある距離で大駆けも十分あり得る。
「今年に入ってローテーションが詰まっているけど、相変わらず状態はいいですね。ハンデの56キロは少し見込まれた気はするけど、芝でも重賞(中京記念)を勝っているし、楽しみです」(福島調教助手) 「今日は長目から目一杯にやりましたが、相変わらずいいデキをキープしています」(秋山騎手) レースでは大西騎手が騎乗。どちらかというとダートの方が成績は安定しているが、先手あるいは揉まれずにレースを運べれば中京記念の再現も。56キロはギリギリか。」
「調教はやれば時計は出るタイプですが、体はもうデキ上がっているし、それ程やる必要はありませんから、これで十分。今回は軽ハンデとは言っても格上挑戦ですからね。とても強気な事はいえません」(沢調教師) 既に7歳。転厩2戦の結果(1600万下)から判断してもきつい。
「追い切りは5ハロンからという指示でしたが、楽しそうな感じだったので無理しない程度に長目から行きました。それにしてもいい時計だったし、動きも良かったですね。それに乗り易い馬ですね」(中館騎手) 「この追い切りで丁度良くなるでしょう。福島は相性がいいし、53キロのハンデというのもいいと思いますよ」(谷原調教師) 福島は5戦3勝。加えて2000mは6戦4勝。条件馬とはいえ、53キロのハンデは魅力だ。前崩れの展開になれば一発も。
「久々を使いつつ状態は上向いてきました。元来が夏場に調子をあげるタイプだし、この時期はうってつけ。大柄な馬だけに小回りコースはどうかなっていう感じはしますが、54キロのハンデは手頃だし、ソロソロいいところを見せてくれるんじゃないか、そう思っています」(日迫調教助手) 7??8月は3勝(過去3年)と季節はバッチリ。しかし、一昨年の12月以降は勝ち鞍、連対も無いのは少々気掛かりだが……
「ここ数戦、結果は出ていないけど、状態は決して悪くないんだよ。去年のこのレースで3着にきているし、力は十分に足りる馬なんだ。それにこのレースを連勝している勝春(田中騎手)が騎乗というのも心強い材料といえるんじゃないかな」(藤沢和雄調教師) 中1週続きで疲れが心配も、動きは悪くない。56キロの斤量も同馬にとって好材料だし、ソロソロ走り頃か。
「以前と違い、調教でも我慢するようになってきました。苦しくなるとすぐやめようとする面が解消しましたからね。レースでもそういった精神面の強さが見られるようになっているし、一戦毎に力を付けてきている事も確かです。それだけにこのレースは楽しみだし、チャンスもあるのでは、と思っているんですよ」(伊藤正徳調教師) 昇級初戦の前走(福島テレビオープン)で0秒1差の3着。近走内容が実に安定しているのも好感が持てる。好位で折り合いが付くようなら勝機はありそう。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。